2016年08月18日

9月5日(月)は、飾り寿司教室が、あります。

9月5日(月)は、夕食はありませんが、飾り寿司教室が、あります。
参加費無料。
見学だけでもオーケー。
飾り寿司食べ放題です。

5-7a_6.JPG

知らなかったんですが、海苔巻きは千葉の郷土料理なんですね。千葉県では、アンパンマンとかクレヨンしんちゃんとか、いろんな巻き寿司があるようです。ちなみ、こういう巻き寿司は、魚を使わないので、ちいさなお子さんにも食べられますね。ちなみに前回は、去年の5月に行っています。以下は、その時の写真です。

5-7a_1.JPG

5-7a_2.JPG

5-7a_5.JPG

5-7a_3.JPG

5-7a_4.JPG

5-7a_7.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 18:40| Comment(1) | TrackBack(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

渋滞情報と、北軽井沢の避暑のポイント

 お盆も、かなり混雑してきました。軽井沢は大渋滞になっているようです。特に10時から12時頃と、15時から18時にかけては、大渋滞します。これは、宿にチェックインする御客様や、宿からチェックアウトする御客様が、一斉に車を走らせるからです。逆に言うと、朝8時頃はガラガラですし、12時から15時までは、比較的にすいています。だから、15時前に北軽井沢に着くようにしていけば、大渋滞にまきこまれるおそれはありません。

 食事をとられている御客様は、早め早めの移動を心がけ、予定より早いくらいのチェックインをおすすめしています。お盆期間中は、15時前でもチェックインできるようにしていますので、混み合う前に北軽井沢にいらっしてください。実は、今日も14時にチェックインしてきた御客様がいらっしゃいました。賢い判断だと思います。

aa-08.JPG

 話は変わりますが、今回は北軽井沢の避暑の仕方を解説します。

 北軽井沢の8月の平均気温は、 20度ちょっとぐらいと言われています。これだけ聞けば、ずいぶん涼しい所のように思えるかもしれませんが、そういう訳ではありません。日中は、 28度ぐらいまで上がることもあります。13時に限っていえば東京都そんなに大差はありません。逆に言うと朝晩は寒いのです。要するに寒暖差が激しいのです。夜は冷えますし、お盆の時期であっても羽毛布団にくるまってないと風邪をひいてしまうのです。廊下には万が一のために予備の毛布も置いてあります。何年か前に、ひどい冷夏だった時がありましたが、その時はストーブを焚いたこともありました。

 前置きはこのくらいにして本題に入りたいと思います。今回は北軽井沢の正しい避暑の過ごし方を述べたいと思います。北軽井沢でも暑いところはあります。浅間牧場のように樹木のないところは暑いです。直射日光がもろに当たるところは猛烈に暑い。気温は大した事は無いのですが、標高がたかいために直射日光が強いのです。その逆に林の中が涼しい。日中の暑さが1番ピークの時でも恐ろしいほど涼しい。実際の気温よりも涼しく感じるのです。これは森の緑が、光合成を行うことによって水分を蒸発して打ち水効果の役割を果たしているからだと思われます。

15-6-29-06.JPG

 ただし朝晩は、浅間牧場のような樹木のない所でも涼しいのでオススメです。風が通るからです。朝晩は風も涼しいです。寒いくらいです。だから散歩がおすすめです。散歩は健康に非常に良い事は医学界でも常識となりつつあります。毎日30分の散歩を魔法の薬と言っているくらいです。しかも、たった3日間森の中を歩くだけで、免疫細胞が増加して、健康な体になる事は厚生労働省の認めていますし、実際に厚生労働省のホームページにそれが書いてあります。

11230914_1592128237701648_2515067807341518529_n.jpg

 なので朝6時ぐらいに起きて、ぜひ散歩をしていただきたいです。そしてみなさん健康になっていただきたい。散歩してお腹を空かせて、美味しく朝御飯を食べていただきたい。食卓には嬬恋高原の野菜が並んでいるでしょう。また、もし動物好きなら、うちの愛犬コロを連れて行ってもいいかもしれません。前の晩に言ってくれれば、リードとエチケット袋を玄関前に用意しておきますので、それもいいかもしれません。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 15:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

日本で1番安い遊園地・小諸遊園地

 はじめて小諸遊園地に行ってきました。この遊園地は小さな小さな遊園地です。乗り物も全部で7つしかありません。入場無料で、乗り物全て200円で乗ることができます。全て乗ったとしても1,400円です。ものすごく安い遊園地なんです。

16-728d08.JPG

 何よりこの遊園地の良いところは、人が全くいないことです。
 夏休みにもかかわらず人が全くいないので、
 運が良ければ遊園地を独占できます。

 職員さんはすべてシルバー人材センターからの派遣で、おじいちゃんおばあちゃんが、数人働いていますけれど、人がいないので草刈ばかりしています。そこに私たち家族がやってきたので、おばあちゃんの職員さんの1人がマンツーマンで、私達親子の世話をしてくれました。とてもすばらしいホスピタリティーでした。

16-728d01.JPG

 場所は懐古園の中にありますが、入場料は必要ありません。懐古園の入り口の脇から無料で入れます。そして最初に乗る乗り物が、ロードトレイン です。タイヤのついた列車です。ヨーロッパなどでは、観光地によく見られます。軽井沢おもちゃ王国にもありました。ちなみにこの乗り物は、無料で乗れます。懐古園三の門と児童遊園地の間を無料でピストン運行しています。

16-728d02.JPG

 乗るときに注意したい事は、できるだけ後ろ側で乗ることです。ロードトレインの前のほうに乗ってしまうと、先頭車の排気ガスをもろにかぶってしまいます。なので、できるだけ後ろに乗った方がいいですね。遊園地に到着したら、1回1枚ののりもの券(1枚200円)が必要になります。どの乗り物も200円なんですが、 6枚つづりの回数券を1,000円で売っていますから、 1,000円で6回乗れるわけです。

 有料の乗り物は全部で7つありますが、そのうち1つは、絶叫系で幼児向けでないために、幼児の乗れる乗り物は6つです。つまり、 6枚つづりの回数券1,000円を人数分買ってしまえば、すべての乗り物に乗れるというわけです。要するに1人あたり1,000円で遊べる遊園地なんですね。こんな安い遊園地は日本中探しても小諸遊園地しかないかもしれません。しかも夏休みなのに人がガラガラで、貸切で遊べるのです。軽井沢おもちゃ王国が、物凄い混雑してることを考えると、これは非常にお得な遊園地だともいえます。

 ここで7つの乗り物を紹介します。

1.ツインドラゴン
  いわゆる絶叫系の乗り物です。
  身長110cm以下の方は乗れませんので幼児は乗ることができません。

16-728d03.JPG

2.メリーゴーランド

16-728d04.JPG

3.コーヒーカップ

16-728d05.JPG

4.豆汽車

16-728d06.JPG

5.スペースジャイロ

16-728d07.JPG

6.ジェットスター

16-728d08.JPG

7.スワンサイクル

16-728d09.JPG

  以上の6つは、保護者と一緒に幼児でも乗ることができます。

  開園時間 9:00〜17:00
  毎年3月中旬〜11月末までは無休開園
  (12月初旬〜3月中旬は休園となります)

http://www.city.komoro.lg.jp/category/institution/kouen/jidou-yuuenchi/

 ちなみに、 3歳になるうちの息子が1番気に入ったのは、これらの乗り物ではなくて、アスレチック風の滑り台の方でした。金をかけて色々遊ばせたあげく、息子が1番気に入ってたのが、お金のかからないアスレチックだったとは・・・。三歳くらいだと、受け身の乗り物よりも、自分で体を動かす方が楽しくて仕方が無いのかもしれません。

16-728d10.JPG

16-728d11.JPG

 あと、父親の私が興奮したものがありました。長野県警ヘリの『やまびこ号』です。数々の山岳遭難で活躍し、あの御巣鷹山の日本航空事故でも活躍し、母娘ら4人の奇跡の生存者を救出したあのヘリです。感激しました。座席に座れて感激してしまいました。ヘリコプター好きの人は、これを見るだけで行ってきた価値があると思います。

16-728d12.JPG

16-728d14.JPG

16-728d13.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 16:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

小諸動物園

 一昨日は家族3人で、鹿沢ゆり園・湯の丸山ハイキング・小諸懐古園・小諸動物園・小諸遊園地に行って遊び倒すという、すごい贅沢な1日を過ごしました。まず鹿沢ゆり園で散歩して、湯の丸山を軽くハイキングをし、小諸遊園地で遊んで、そして小諸動物園に行って遊んできました。この動物園は、長野県で最も古い動物園で、私が大好きな動物園の1つです。

16-7-28c06.JPG

 宿屋と自然ガイドを職業にしている関係上、動物園には何度もお世話になっています。昔は暇さえあれば動物園に通っていました。上野動物園はもちろんのこと、旭山動物園をはじめとして全国各地の動物園を見学しているのですが、その中でも小諸動物園は、非常に味わいの深い動物園の1つです。なので、ここには息子と一緒に何度か訪れています。小さな小さな動物園なのですが、その小ささがいいんですね。もちろん旭山動物園も悪くは無いんですが、あそこは大きすぎるんです。けれど小諸動物園は小さくてお客さんも少なくて混雑が全くありませんので、それだけに、ここにしかない味わいを得られるんです。

 ここで小諸動物園を見学するポイントを説明しておきます。
 どうせ行くなら午後のもぐもぐタイムの時間がいい。

 下の写真を見てください。飼育員さんがペンギンさんを散歩させながら餌をあげています。そして見学してる子供たちにペンギンのことを詳しく解説し、餌のあげかたを教えて、子供たちに餌をあげさせるんです。 3歳になったばかりのうちの息子も、小鯵をもらって何度もペンギンたちに餌をあげました。息子も大喜びです。

16-7-28c04.JPG

16-7-28c06.JPG

16-7-28c07.JPG

16-7-28c09.JPG

16-7-28c05.JPG

16-7-28c08.JPG

16-7-28c10.JPG

16-7-28c12.JPG


 ただし、お盆などの夏のピークシーズンの時は、さすがに小さな小諸動物園も混雑してくるので、この行事はなくなってしまい、代わりに流しそうめんならぬ、流し小鯵を見せてくれます。

16-7-28c11.JPG

 しかし圧巻なのは、ライオンのもぐもぐタイム。ライオンといえば、いつも眠っているイメージのある動物ですが、小諸動物園のライオンは14時以降になると、ドアにタックルをしたり、檻の中を駆けまわったりして、盛んにその獰猛さをアピールします。餌をくれと、イライラが頂点に達してくるんです。

16-7-28c15.JPG

 そして15時ごろに飼育員さんがやってきて、ライオンの説明をします。例えばライオンの檻は、一見立派そうな鉄格子に見えますが、チンパンジーならば、その握力で、あっという間に破壊してしまうのだそうです。ところが、この巨大なライオンには、それが出来ないんですね。握力がないからです。もちろんタックルすれば、すごいパワーを発揮しますが、檻の接触面積が広いために、ライオンを跳ね返してしまうそうです。

16-7-28c16.JPG

 面白いのは、ライオンの餌の説明です。何の肉かと思えば、鹿の肉でした。地元猟友会が、害獣駆除でしとめたた鹿が、ライオンの餌になっているんですね。そういえばここのところ、浅間高原には鹿が増えてきて、深刻な社会問題になっていました。それを駆除して、ライオンの餌になっているわけです。ライオンは、アフリカではインパラなどしかの仲間を食べて生きていますから、彼らにとっては非常に美味しい肉なんだと思います。ちなみにライオンの食べる音が凄い。バリバリバリ・・・っと骨を砕く音が園内にこだまします。息子は、恐れてライオンの檻から離れてしまいました。

16-7-28c13.JPG

 あと、この動物園の動物には必ず、動物の名前を書いてある看板があります。その名前を呼ぶと、動物たちは明らかに反応を示します。特に猿たちが反応します。なので私は必ず名前を呼びながら、彼らに語りかけるんですが、結構、聞き耳を立てているんですよね。これも、小さな動物園だからこそ反応があるんだと思います。大きな動物園だと、人間が多すぎて無反応になってくるんですよね。

16-7-28c14.JPG

16-7-28c19.JPG

16-7-28c20.JPG

16-7-28c21.JPG

16-7-28c18.JPG

16-7-28c22.JPG


 また、この動物園の特徴として小さな子供が喜びそうな動物がたくさんいます。例えば、鹿1つをとっても、日本鹿ではなく屋久鹿がいるんです。小さな小さな鹿で、 3歳の息子よりも小さいですから、息子も近寄りにやすいんですよね。馬もいますけれど、やはり小さな小さな馬がいます。 3歳の息子と背丈が変わらないぐらい小さな馬です。だから子供たちが、親しみやすいのですよね。

16-7-28c02.JPG

16-7-28c03.JPG

 そのせいか、この日も地元の子供たちが、少ないお小遣いを使ってひとりで入園して、動物のもぐもぐタイムに参加していました。観光客ではなく、ご両親と一緒でもなく、友達と一緒でもなく、たったひとりで動物園にやってきている地元のお子さんがいるのです。こういう小さな動物園が、私は好きなんですよね。
16-7-28c24.JPG

16-7-28c23.JPG

16-7-28c25.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

宿屋なのに、昨日は休館して家族3人で遊び倒すという、すごい贅沢な1日を過ごしました。1.鹿沢ゆり園

 昨日は思い切って休館しました。 1週間ぐらい前に、たまたま予約が全く入ってなかったためです。ちょうどこの日だけ、偶然にも全く予約が入っていたんですね。これ幸いとお休みにしちゃったんです。夏休みに休館を作ったのは、オープン以来16年経ちますがこれが初めてです。 16年間1度も休んだことがなかったんですが、昨日初めて休んじゃいました。息子と夏休みを過ごすためです。収入よりも、息子と一緒に夏を過ごす時間を大切にしたいと思ったからです。で、 3歳の息子と嫁さんと3人で遊びに行くことにしたんです。で、朝になってFacebookを見ていたら、昨日が私の誕生日であることに気がつきました。すっかり忘れていましたね。偶然私の誕生日と、お客さんが入ってなかった日が重なっていたんですね。

16-7-28-a16.JPG

 それはともかく、昨日は家族3人で、鹿沢ゆり園・湯の丸山ハイキング・小諸懐古園・小諸動物園・小諸遊園地に行って遊び倒すという、すごい贅沢な1日を過ごしました。これらすべてを夏休みに1日で回れるのも北軽井沢に住んでいるからこそです。息子は、1日中興奮していました。まず鹿沢ゆり園に行ってきました。残念ながら花はだいぶ終わっていました。例年ならば、ちょうど今ぐらいが満開なんですが、今年は花が咲くのが早かったようです。

 こういう自然相手の施設というものは、天候に左右されるために、経営が難しいでしょうね。何しろ夏休み前に、花が終わりかかっているわけですから、さぁこれからお客さんを呼ぼうかと言う時期なだけに、ゆり園の経営者が苦悩する姿を思ってしまいました。宿屋をやっていると、ついつい経営者側の心情に感情移入してしまいます。応援のエールを送りたいんですが、写真は嘘をつけないのです。これに懲りず、鹿沢ゆり園さんには、来年も頑張ってもらいたいですね。

16-7-28-a11.JPG

16-7-28-a14.JPG

16-7-28-a12.JPG

16-7-28-a13.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする