2007年08月25日

カタツムリ列伝1

カタツムリ列伝1

カタツムリと言えば、
いつもコージ君
0011.jpg
ネタばかりなので、
公平を期するために、
今日は歴代カタツムリについて、
ふれてみましょう。

そうです!
カタツムリは、コージ君だけではなかったのです。
お、おそろしい!

まずは初代カタツムリ。
初代カタツムリは、何をかくそう土井君でした!
(今は違うけれどね)

ジャガイモの皮をむいてもらった時、
何時間かかっても1個もむけないから
「なんで、そんなに時間がかかるんじゃ!」
と突っ込んでみたら
「むけてるよ」
「え?」

た、たしかにむけていました。
俺が悪かった。
しかし、
あんまりむくのが遅いので、
指の熱でジャガイモが変色し、
皮付きジャガイモに
見えてしまっていたのでした。



二代目カタツムリは、○○さん!
yyy-002.jpg
彼女は、枕に枕カバーをはめるのに、
10分以上もかかっていました。
18ベット分だと、なんと三時間。
(普通は、10分もあれば全部終わる)
おそろしい!



三代目カタツムリは、○○くん!
yyy-003.jpg
彼はクラッシャー○○とよばれ、
ものにふれだけで破壊してしまう
超能力者であった。
(これで商売できるんじゃないか?)



四代目は、○○くん!
yyy-004.jpg
いいひとだった。
それだけに始末に負えなかった。


五代目は、○○さん!
yyy-005.jpg
ラズベリーYHから派遣されてきた○○さんは、
一ヶ月間、食堂でサラダを作っていても
キャベツとレタスの違いが分からないのであった。


六代目は、○○さん!
yyy-001.jpg
かなり手強かった。
しかも見た目は、小学生に見える19歳であった。


七代目は、○○くん!
yyy-007.jpg
デザートを盛りつけさせたら、
ピンセットでフルーツを盛りつけ
一つを置くたびに、大きなため息をついていた。


以上、七人のカタツムリでした。


「勝ったのは、俺たちじゃない、
 あのカタツムリたちだ」


↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする