2009年11月01日

村上山紅葉ハイキング

村上山紅葉ハイキング

今回のツアーは日本晴れ。

09mura-01.JPG

そして参加者たち。ロシア家の姿も。

09mura-02.JPG

天気も上々。

09mura-04.JPG

ハイキングは片道1時間くらい。

09mura-05.JPG

09mura-06.JPG

09mura-07.JPG

ここが頂上です。

09mura-08.JPG

村上山は、最高の眺めがあるところです。

09mura-09.JPG

田代湖

09mura-10.JPG

隠浅間

09mura-11.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





ラベル:村上山 紅葉
posted by マネージャー at 18:12| Comment(0) | 鹿沢−村上山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性+子供さんの場合

女性+子供さんの場合

今年、増えたのが女性+子供さんのケース。
お父さんが居ないファミリーの御客さま。
統計をとったら、3組に1組の割合でした。
で、気がついたことがあります。

お父さんのいるファミリーの御客さまより、
お父さんの居ないファミリーの御客さまの方が、
圧倒的にフレンドリーなんですよ。

恐ろしいくらいにフレンドリー。

 お父さんの居ないファミリーの御客さまの方が何組かいると、かなり盛り上がります。そりゃもう不思議なくらい。宿側としては、こっちが、あえて盛り上げなくてよいので大助かりです。ユースホステルに向いているのですよ。で、不審に思った私は、意を決して、特に親しくなった御客さまに聞いてみました。

「どういうわけか、お父さんの居ないファミリーの御客さまは、ユースホステルと水があうみたいなんですよね。いろんな人達と、すぐに打ち解けるんですよ。どうしてですかねえ」

 すると御客さまから、こんな恐るべき回答が。

「普通の旅館や民宿だと、母一人、子供一人は、敬遠されるんです」
「まさか?」
「と、思うでしょ? そのまさかなんです」
「・・・・」
「さすがに宿泊拒否されるということは無いんですが、よそよそしかったり、隔離された部屋に入れられたり、宿側と極端に接触がなかったりするんですよ。まるで腫れ物に触るみたいな」
「はあ.....」

 これ、宿側に対して怒っていいところなのか、
 それとも宿側の内部事情を開設すべきなのか、
 迷うところです。

 おそらく、宿側の方は、どう接してよいか分からなかったのでしょうね。昔なら母一人子供一人という御客さまが極端に少なかったからです。どう接して良いか分からない。だから接することをやめてしまう。しかし、そのために御客さまの方が、寂しい思いをしてしまう。まあ、そんなところでしょう。

しかし、ユースホステルでは、そんな思いはしない。
だから子連れの母親は、
好んでユースホステルに泊まるらしい。


これを聞いたとき、つくづくユースホステルをやってて良かったと思いましたね。ユースホステルの使命を見つけた!という気がしました。

 ユースホステルの御客さまは、子供好きな人がおおいですし、お母さん一人だろうが、全く関係ない。だって、もともと一人旅の宿ですから。母一人子一人だろうが、何だろうが、全く関係ないし、そんなのは珍しくもない。ダンナさんと、別れていようが、たまたまダンナさんが仕事で来れないのであろうが、そんなことは、気にもとめない。なぜならば、

もともと一人旅の宿ですから。

 思えば、一人旅というのは、世間から白い目で見られがちです。みんな、そういう体験をしてきている。そのうえでユースホステル・ユーザーになっている。

「一人旅? どこが面白いの?」
「一人旅? よくやるねえ」
「一人旅? 寂しくない?」

 こういわれる度に、ユースホステルの世界は、面白いんだぞと反論したくなる。それをグッと堪えて、そういう迫害をグッと耐えてユースホステル・ユーザー(ホステラー)になった。だからこそ、ユースホステルの御客さまは、母一人子一人だろうが関係なく、一緒にお茶会でもりあがれるし、ツアーにも行って楽しめるんですね。もちろん、例外もあるでしょうけれどね。


iwabitu-11.JPG

 今日は、手前味噌のような話でした。


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング








posted by マネージャー at 10:52| Comment(2) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする