2010年01月01日

初日の出ツアー

あけまして、おめでとう御座います。
昨年中は御世話になりました。
今年も宜しく御願い致します。



と言うわけで初日の出ツアー
まだ夜明け前。
2010-1-1.JPG

おや?
2010-1-2.JPG

2010-1-3.JPG

出てきました。
2010-1-4.JPG

2010-1-5.JPG

2010-1-6.JPG

やはり北軽井沢です。
典型的な西高東低、冬型の気圧配置で
全国大雪なのに、ここだけ晴れていた!

さすが北軽井沢!
2010-1-7.JPG

2010-1-8.JPG

2010-1-9.JPG



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




ラベル:初日の出
posted by マネージャー at 22:56| Comment(2) | 高崎・倉渕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

初詣ツアー

今年も行ってきました。
3大宗教初詣。
まずは、神社

10-hatu-01.JPG

なにをかくそう、1月1日は、日本の国が生まれた日。
だから1年のはじめなのです。

10-hatu-02.JPG

ここでは地酒をふるまっていました。
御参りした人は、みんな破魔矢をもらっていましたよ!

10-hatu-03.JPG


つぎにお

10-hatu-04.JPG

鎌原観音堂です。嬬恋村や北軽井沢には、寺が少ないです。
火山でリセットされるし、
天領ということもありますし、
修験道の下屋氏一族が治めていたということもあります。

10-hatu-05.JPG

ここでは甘酒や漬け物を振る舞っていました。

10-hatu-06.JPG


最期に教会

10-hatu-07.JPG

北軽井沢には、外人が多いのですが、そのうちの何割かは神父さんだったり牧師さんだったりします。そういう人たちが住んでいて、ホテルなどの結婚式の時に活躍します。軽井沢で結婚式を挙げる人が多いので、そういう系統の人も住んでいるんですね。そして、スーパーに買い物にきたりしますし、よく見かけます。

10-hatu-08.JPG

10-hatu-09.JPG

今年も、良い年になりますように!


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:50| Comment(2) | 嬬恋村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

村上山スノーシューツアー

村上山スノーシューツアー

10mu-1.JPG

 村上山とは、鹿沢温泉にある小さな山であり、スノーシューハイクのコースとして、スノーシューネイチャーウオッチングコースとしては、とても完全で手軽な良いコースなんです。雪崩の危険が無いことと、風(吹雪)の影響を受けにくいところが素晴らしい。


10mu-2.JPG

つづきは、こちら。

http://snowshoeing.seesaa.net/article/137290761.html





posted by マネージャー at 16:37| Comment(0) | 鹿沢−村上山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

小桟敷山スノーシュー

小桟敷山スノーシュー

小桟敷山は、桟敷山と並んでいます。2つを合わせると、ひょうたんの形をしていて、スノーシューのコースとしては、プロ向きです。道標もテープもありません。雪が積もったら道が分からないのです。で、3日前に、ラッセルしておき、道を造っておきました。

今回のメンバーです。

09ko-7.JPG

つづきは、こちら。

http://snowshoeing.seesaa.net/article/137406373.html



↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:10| Comment(2) | 鹿沢−桟敷山・小桟敷山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

角間峠スノーシューツアー

角間峠スノーシューツアー

kakuma-5.JPG

つづきは、こちらです!

http://snowshoeing.seesaa.net/article/137504563.html


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング










posted by マネージャー at 23:41| Comment(2) | 鹿沢−角間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと、正月が来た

今日は、御客様無しの日。
今までが忙しかったので、やっと、正月が来たという感じです。

忙しさにかまけて、スノーシューも、散歩も1週間お休みしていたので、さぞかしデブになったのだろうと体重を量った見たら、逆に減っていた。
おかしい?
というのも、ベルトがきつくなっているので、確実に腹は出ている。
痩せているはずがない。
しかし、体重は落ちている。

考えられる原因は一つ。
筋肉が衰えて、体重が落ち、
かわりに脂肪が溜まって、腹が出たとしか考えられない。
血圧も、130まで下がっていたのが、160にあがっていました。
こりゃ、いかんと思いましたね。

と言うわけで、スノーパークから鼻曲山の途中まで、スノーシューでルートを造ってきました。今日は、粉雪だったので、ラッセルは楽でした。もっと、体を鍛えなければ!

P3090417.JPG



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:59| Comment(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

日本ユースホステル史の源流8

日本ユースホステル史の源流8

つづきです。

 明治十八年七月二十日。
 鹿島城の裏にある武家屋敷に男の子が生まれました。
 田澤義鋪(たざわよしはる)と名付けられました。

001tazawa.jpg

 父である義陳(のぶよし)は厳格でした。家の裏に四坪ばかりの池がありましたが、義鋪は毎朝そこで泳がないと朝飯をたべさせてもらえませんでした。また寒中でも毎朝、その池のはたで、水をかぶることになっていました。それも十三杯。時には十杯ぐらいですまそうとすることもありましたが、父が数えていて十三杯を強制しました。

 厳寒の頃は、氷が張りました。義鋪にとっては、その氷を割るのが一苦労。で、彼は寝床を出る前に、女中にたのんで、その氷を割っておいてもらうことにしました。
「ねえや、もう起きるから氷を割っておいて」
という彼のいじらしい頼みは、近所の語り草になっていました。

 ところで明治二年の版籍奉還により、特権階級であった武士はみな失業しました。父・田澤義陳も、その一人でした。父は小学校の近くで文房具店をひらいて生計を立てていました。そのころ田澤義鋪家には、親戚の幸尾隆太郎があずけられ、兄弟のようにして育てられていました。幸尾は田澤義鋪より四つ年上でしたが、姉ふみよりは四つ下でした。

 ふみと隆太郎と義鋪は、毎朝父の前に坐らされて、四書五経や日本外史を教えこまれました。義鋪は、三歳ぐらいでしたが、その勉強風景をそばで見ていて、知らず知らずのうちに、四書五経や日本外史を覚えてしまうようになりました。中身を理解していたかどうかは分かりません。しかし、年上の隆太郎が舌をまくほど、四書五経や日本外史の完璧に暗記してしまった。姉や、親戚の幸尾隆太郎よりも覚えが良かった。

 その姉や、幸尾隆太郎は、小学校に向かう。
 三歳の田澤義鋪は、小学校に行けない。

 田澤義鋪は、父親に「小学校に行きたい」とせがみました。父は、それに根負けし、特別の取扱いを校長にたのみこみ、四歳の義鋪を一年に入学させたのです。頭がよいですので、学習において、彼は決して級友にひけを取りませんでしたが、何しろ満四年にも足らぬ幼児です。入学したての頃は、休み時間になりますと、母親の乳をのみによく帰ったものだそうです。

 ところで昔の小学校では、厳重な進級試験があり、合格者の名を成績順に書いて貼り出すことになっていました。ここで田澤義鋪は落第しました。成績が悪くて落第したのではなく、校長と父親との相談の結果の落第でした。早熟の弊害を避けるために下した父親の判断でした。

 田澤義鋪の父、義陳は、
 藩主鍋島直彬に仕えて維新の労苦を共にした人でした。

 鍋島直彬は勤王家でしたが、当時の佐賀本藩は、公武合体主義で佐幕に近かった。しかし勤王の鍋島直彬は、佐賀城内での最後の大評定において「もし自説が容れられなければ、切腹しますす」とまで言い切って反対論者を屈服させました。維新の志士であり、後に明治政府の元勲となった副島種臣や大隈重信が、脱藩してその罪を問われていた頃、彼らを庇護して生命を救ったのも鍋島直彬でした。

 この旧藩主が、維新後に行ったのは、人材養成でした。彼は私財を投じ、経済的に恵まれない子弟の育成に力を注ぎました。この鍋島直彬が、田澤義鋪に目をつけ、息子であり世子でもある直繩の学友に撰びました。

 その結果、田澤義鋪は、鍋島直彬に接する機会も多くなり、その感化も大きくなりました。また、父・義陳は「直彬公こそは、志士にして君子、君子にして志士と云うべき方である」と田澤義鋪に教えていましたからなおさらでした。

 この鍋島直彬は、ただの藩主ではありませんでした。良いと思ったら猪のように突っ走り、すぐに対処を行いました。鍬も持てば、剣も持ちました。剣をとったら日本有数の腕であり、若き日の田澤義鋪を相手に剣の稽古をつけました。鍋島直彬は
「小手先だけでやるのは剣道ではない」
と剣の道を説き、若者たちと城の草むしりをしながら人の道を説きました。

 この藩主の行為が、田澤義鋪の人間を変え、
 そして田澤義鋪が、日本を変えていくのです。

 田澤義鋪によって治安維持法を有名無実化させることに成功し、あと一歩で日本を大きく変えるところまでいったことは、知る人ぞ知るところです。田澤義鋪によって日本企業に日本的経営スタイルが定着したのも知る人ぞしります。この田澤義鋪が、日本のリヒャルト・シルマンとして、日本のユースホステル運動の基礎を造っていくのですが、それは、どういう方法によって造られたのでしょうか?

of002.jpg

 実は、これが奇想天外な方法によって日本ユースホステル運動の基礎が造られたのです。それを知ると、日本のユースホステル運動は、根っこの部分で、ドイツのものと、まるで違っていることに驚愕させられます。なぜ世界のユースホステルに、ミーティングが無くて、日本のユースホステルだけにミーティングが自然発生したかがわかるのです。それは......。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 01:13| Comment(2) | 日本ユースホステル運動の源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ユースホステル協会・家山理事長御逝去

日本ユースホステル協会・家山理事長御逝去


今日、1月6日早朝、
日本ユースホステル協会理事長の家山さんが
お亡くなりになりました。
謹んで、お悔やみを申し上げます。



ieyama-jyh.jpg.jpg

 癌だったそうです。
 あまりに急な、あまりに早い死でした。
 まだまだ働き盛りだったのに。

 現職理事長が、任期中に、お亡くなりになるのは、本当に悔しいことです。志なかばで、天に召されるのは、不本意であったかもしれませんが、今は、ただ、安らかに成仏されることを祈ります。

 葬儀は、1月9日。
 金沢で行われるそうです。

 私も葬式に駆けつけたいところですが、あいにくの連休。
 動けません。

 リヒャルト・シルマン伝の推薦文を書いてくれた家山理事長、
 ほんとうにありがとうございました。
 家山理事長のおかげで、
 日本ユースホステル協会の資料を自由に見ることができました。
 おかげで、日本ユースホステル史の本が書けそうです。
 本ができあがったらお墓にもって参ります。

合掌。


yh.jpg


平成22年1月6日
関係各位
      訃報

日本ユースホステル協会理事長 家山勉儀には、病気療養中のところ肺がんのため、1月6日(水)午前8時20分に逝去いたしましたのでご通知申し上げます。(享年75)ここに生前のご交誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。なお、葬儀等は家山家及び本協会の合同葬として下記のとおり執り行いますのでお知らせいたします。

1.通夜:1月 8日(金) 19:00から
2.葬儀:1月 9日(土) 10:00から11:00
3.会場:オークス・セレモニーホール金沢
  TEL:076−253−1194
  FAX:076−251−9944

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 19:44| Comment(0) | ユースホステルの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成22年1/29(金)〜1/31(日)浅間高原ウィンターフェスティバル2010開催決定!

平成22年1/29(金)〜1/31(日)
浅間高原ウィンターフェスティバル2010開催決定!


今年も宗次郎がやってきます!
生宗次郎が拝めます!
無料です!


img56032643.jpg


G線上のアリア 宗次郎



全ては森の神にまかせて―宗次郎



こころ―宗次郎



水の旅人―宗次郎



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:31| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

期待してなかった宇宙戦艦ヤマトの実写映画が、凄そうな件

映画 SPACE BATTLESHIP ヤマト TV-CM

なんか、面白そうですね。

監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。
CGを上手く使いこなせるか?
しかし、起用の理由は、特撮中心でなく、
人間ドラマ中心にするためだとか。
製作費は20億円
8割にCGを使用
撮影は年内で終え、編集、CGに異例の9カ月をかける予定。



キャストですが、

古代進は、なんと木村拓哉(SMAP)!
にあわねー。
妻夫木聡あたりにできなかったのかね。


森雪は、黒木メイサ。
これもorz
index1.jpg
もっと大人の感じの人を使った方が....。
たとえば、柴崎コウとか。(まんまか)
いっそ、人気声優役の人をもってくるとか。


真田志郎は、柳葉敏郎
うーむ。


島大介は、緒形直人。
なるほどなあ。


徳川機関長は、西田敏行。
ちょっと違うような。
このへんで遊びとして佐々木功を入れるとか。
役所広司なんかもいいかも。


佐渡先生は、高島礼子
ここ、突っこんでいいですか?
なんで女なんですか?
本当なら西田敏行は、ここに持ってくるべきでしょう?
酒飲みながら「釣りしたい」と言わせてくださいよ。


相原が、マイコ
なんで女?
maiko.jpg
ここは、ユースケサンタマリアでしょう?
気弱な男の通信兵でないとダメでしょう?


沖田十三は、山崎努
これ、ベストです。
一番似合ってます。


もちろんデスラーには、西崎さんを御願いします。



CR宇宙戦艦ヤマト2 PV


クロネコヤマト2


宇宙戦艦トマト




公式サイト
http://yamato-movie.net/


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 08:52| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

日本ユースホステル史の源流9

日本ユースホステル史の源流9

つづきです。

09ta-06.JPG

 田澤義鋪は、旧藩主の鍋島直彬から奨学金をもらって、鹿島中学に入りました。鹿島中学は新設であったので、図書館も本もありませんでした。そこで田澤義鋪は、自らの力で図書館をつくりはじめました。倒産寸前の鹿島藩を救った鍋島直彬を手本に動き始めたのです。

「図書館がないなら、自分たちで造ろう!」

 仲間を集め、手分けして郡内を廻り、各村からいくらかずつの寄附金を集め、それで本を買い集め、小さな家を借りて小図書館を作り、その管理を学生たちが当番制で受持ちました。また、夏休みになると仲間たちを集めて組織を作り、集団的な勉強会を開き、それがすむと野球その他のいろいろの運動をやりました。運動にあきると、海岸まで走って行って、波に向って吠えたてる競争などをしました。

09ta-07.JPG

 中学四年の夏休みには、四人の友達と学生会のボートに乗り、島原半島一周の大遠征を試み、ボートを大破させたりもしました。しかし、夏休みがあけて九月になると、このボートのことが大問題になりました。外海へ乗り出すさえ無謀であるのに、その上破壊までするとは何事かと大騒ぎになったのです。

09ta-08.JPG

 そこで田澤義鋪は、一行を代表して、謝罪大会を開きました。しかし、謝罪のはずが、いつの間にか血肉わきおどる大冒険の体験談になってしまっていました。そして、批難をあびせていた連中までが、その体験談に感心し、大拍手をおくっていました。しかし、この時の田澤義鋪は、2年の飛び級をしているのです。みんなより2歳若い。なのに大勢の同級生を感心させる弁舌をふるっていました。これは、厳格な父の漢学教育のたまものであったのかもしれません。漢学によって純粋培養されていたために、その人徳と語彙の豊富さによって、いつのまにか、みんなを魅了していたのです。

09ta-09.JPG

 明治三十四年七月。熊本の第五高等学校の入学試験に合格。九月に田澤義鋪は入学しました。もちろん鍋島直彬の援助によってです。しかし、この第五高等学校で、禁酒の誓いを破ったということで退学になります。ボート部の先輩に無理矢理飲まされて、それがバレて退学になったのですが、同級生たちは、一人残らず田沢に同情し、その処分に憤慨しました。そして学校当局に向って、処分取消の陳情をすることに決し、クラスを牛耳っていた後藤文夫をその先頭に立て、退学を取り消してもらいました。これいらい後藤文夫と田澤義鋪は、終生の親友になります。


of001.jpg


 この後藤文夫は、後に政治家となって、日本の改革をすすめた人で、2.26事件の時に二日にわたって内閣総理大臣臨時代理を務めています。息子さんは、後に法務大臣を務めた後藤正夫ですね。田澤義鋪は、この後藤文夫とペアとなって、後藤は政府側から、田澤義鋪は民間側から日本を大改造するわけですが、それは後の話です。

 ともかく、田澤義鋪は、熊本の第五高等学校で
 後藤文夫という終生の親友を得ました。
 これは田澤義鋪の人生において大きかった事件でした。

 それから田澤義鋪は、もう一人の親友を得ます。
 次郎物語の著者である下村湖人です。

09-shi-01.JPG

 下村湖人。

09-shi-02.JPG

 彼も佐賀県人であり、旧佐賀藩の人間ですが、この下村湖人が、田澤義鋪と意気投合し、終生の友となるのです。そして田澤義鋪と下村湖人は、ほぼ同一な思想と信念をもつ同志になるのです。

 これは余談になりますが、日本ユースホステル協会を立ち上げた横山祐吉氏は、この田澤義鋪と下村湖人の二人に大きく影響を受けました。しかし、この二人の影響を受けたことが、横山祐吉という人間を分かりにくくしているのです。

 特に下村湖人の影響を受けたことが、本当に分かりにくくしてしまった。というのも、下村湖人という男は、文章にしにくい人で、分かりにくいところがあります。彼を分かるためには、次郎物語を5部まで全部読まないとわかりにくい。というのも、下村湖人には、漢学の素養の他に、「葉隠」の思想が混じっているからです。

 田澤義鋪は、四書五経の世界で純粋培養されて育ったのに対して、下村湖人は、ちょっと違っていました。下村湖人の思想の中には、葉隠の精神が混じっていました。

s1130ac.jpg

 ここで誤解されると不味いので、はっきり書いておきますが、「葉隠」と書くと「武士道とは死ぬことと見つけたり」の名文句だけが一人歩きして、下村湖人をそういう色眼鏡で見てしまいがちなのですが、それは違います。

 「葉隠」は、そういう殺伐としたものではなく、もっと通俗的なものであり「恋」を一番重視しています。それも「忍ぶ恋」です。よーするに永遠の片思いですね。たとえ夫婦であっても片思い。それが胸に秘められることが、武士の道であると言っているのです。分かりやすく意訳すると「それとは気づかせない思いやり」になるでしょうか。

 この葉隠精神を基に下村湖人は、「煙仲間」という運動をはじめるのですが、この「忍ぶ恋」の精神を静かな国民運動までに昇華しようとしましたが、残念なことに軍部に乗っ取られます。このあたりの雰囲気は、次郎物語の5部に、よく描かれています。

 世の中に、この「忍ぶ恋」の精神を浸透させることによって、世界を変えようとしたのが、下村湖人であり、彼の代表作である次郎物語は、そのテーマで一貫しています。葉隠の原文と次郎物語の5部まで読めば、私の言いたいことは、分かっていただけると思います。

 横山祐吉氏は、この下村湖人の弟子であったのです。
 しかし、横山祐吉氏は、それを生前に口にしていません。
 口にせずにお亡くなりになってしまった。

 田澤義鋪の事は、たびたび口にしているのに、下村湖人のことは口にしてない。その理由は、下村湖人という人間を解明していくと、徐々に分かってくるのですが、横山祐吉の中には、思想的には田澤義鋪の影響が、人格的には下村湖人の影響が、かなり濃厚に残されていて、それが横山祐吉氏を余計に分かりにくいものにしてしまったのですね。だから横山祐吉氏と話をしたことがある人間は、彼の禅問答のような回答に困惑してしまう。分かりにくいのです。そして、そのわかりにくさが今日の日本ユースホステル協会の性格を造ってしまった。しかし、私たちユースホステル関係者たちは、それらの背後関係を知らされてないのです。そこに悲劇と誤解があった気がしてなりません。

 話が、脱線しすぎました。
 本題に入りましょう。
 田澤義鋪の話です。
 田澤義鋪が、日本のユースホステル運動の基礎を造ったはなしです。
 どうやって基礎を造ったか....。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 01:29| Comment(0) | 日本ユースホステル運動の源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 1

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 1


 浅間高原ウィンターフェスティバルの開催が正式に決まりました。
 昨日、その会議にでてきました。
 だからスノーシューのラッセルはお休みです。

asa-25.jpg

 実は、今回で3回目となる浅間高原ウィンターフェスティバル。今年は中止か?と言われていたものです。なんとか今年は開催できましたが、来年は、やれるかどうか....。中止を検討した理由は、お金がないのと、人手の無いためです。お金がない理由は、リーマンショックによる不況の影響が深刻であるためですが、人手の無いのは、別の理由があります。

 高齢化のためです。

 浅間高原ウィンターフェスティバルの主力は、
 実質上、浅間高原のペンション経営の親父たちがやっています。

 親父たちと言えば聞こえはいいですが、一番年下のおっさんが、今年49歳の私あたりになりますから、60歳は普通で、70歳くらいの人たちがゴロゴロしています。親父と言うより爺さんと言った方がいいくらいで、みんな孫の一人や二人いる。私も含め、みんな、くたびれはてている。

 よーするに年寄。

 正直言いまして、みんな何かしらの病気をかかえている。で、この不況の中で必死に生きている。タケノコ生活しながら生きている。中には、倒産する宿さえある。倒産はしなくても、ぎりぎりで生きている宿ばかり。まあ、これは全国、どの観光地でも一緒でしょうが。

 しかし、そういう状態の中で、某ホテルのイベント担当者をやっている青年が、観光協会に企画書をもってきたんですね。このままじゃ、じり貧だから、冬の浅間高原を活性化させるために、浅間高原ウィンターフェスティバルを開きましょうと。そして、会議の結果
「せっかく若い者が、企画書つくったんだ」
「いっちょう、やってみるか」
と言うことになった。

 そして、準備がスタートしたのです。
 が、準備をやってみて、愕然としました。

 ゆ、雪が固まらない....。

 パウダースノーのために雪が固まらないのです。
 ですから雪を箱(ビールケース)に入れて、
 足で踏みつけたあとに水を入れます。

asa-32.JPG

 そうやって固めてブロックを造るのですが、
 そうやって、やっとのことで、
 氷のようなブロックを完成させるわけですが、

 これが重いのなんの。

 重すぎて持ち上がらない。
 年寄りには持ち上がらない。
 でも必死になって持ち上げる。

 そして積み重ねて、イグルーを造っていくわけですが、
 普通じゃ持ち上がらないので、
 足場を組んで、やっとこさっと持ち上げます。

asa-33.JPG

 この作業を、年寄りが必死になってやるのです。
 満身創痍の年寄りにとっては、
 地獄だったことでしょう。

asa-34.JPG

 で、完成したのがこれ。
 これがイグルー。

asa-35.jpg

 これをみた御客様は、大喜び。
 みんなで記念写真をとりました。

asa-36.jpg

 この喜んでる姿を、年寄りたちに見せてあげたかった。
 だから、ホームページに、ブログにアップして知らせてあげました。
 2008年のことです。

 そして、2009年の浅間高原ウィンターフェスティバル。
 また、イグルーを造ったんですが、
 2008年は、雨が降って、
 御客様に見せる前に崩壊してしまった
 もう、泣き面に蜂。
 浅間高原の進退、ここに窮まれり。

 しかし、そこに救世主が現れた.....。


紹介サイト
http://wf.yoyoyoi.net/
http://asama-winter.jp/
http://kaze3.seesaa.net/category/6025350-1.html

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 13:58| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯の丸山スノーシューツアー

湯の丸山スノーシューツアー
2010年1月2日、湯の丸山スノーシューツアーの報告。

100102-05.JPG

続きは、こちら。
http://snowshoeing.seesaa.net/article/137853043.html


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:37| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高峰山スノーシューツアー

高峰山スノーシューツアー
2010年1月3日、高峰山スノーシューツアーの報告。

10-1-3-06.JPG

続きは、こちら。
http://snowshoeing.seesaa.net/article/137853678.html


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:48| Comment(0) | 高峰山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

星空温泉ツアー&冬の星座です

星空温泉ツアー&冬の星座です

ここは、北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステルから、徒歩5分のところにある牧場です。3脚を使って夜景モードで星を撮ってみました。最近のデジカメは、感度がよいので、こんな感じで撮影できます。

IMG_27--52.JPG

つづきは、こちらで
http://b-hoshi.seesaa.net/article/137881601.html


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 08:30| Comment(0) | 自然−星空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反捕鯨団体船の漂流物から80センチの矢 水産庁回収

反捕鯨団体船の漂流物から80センチの矢 水産庁回収

http://www.asahi.com/international/update/0108/TKY201001080346.html

 水産庁は8日、南極海で調査捕鯨船団の監視船と衝突した米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の小型高速船「アディ・ギル号」の漂流物から長さ約80センチの矢4本を回収したと発表した。銃のように引き金を引いて発射する、殺傷能力の高い弓「ボーガン」の矢とみられるが、これまでに使用が確認されたことはないという。

 同庁によると、破損したアディ号は航行不能のため、仲間の船に引航されていたが、日本時間8日午前0時ごろ、2本のロープが切れ、同3時ごろ海上に放棄された。沈まず、漂流しているという。矢は長靴や瓶などと一緒に多数流れ出ている。付近には筋状に約3キロにわたって油も流出しているという。

 アディ号は3隻確認されているSSの船の一つで、昨年12月から妨害行為に加わっていた。

thumbnail2.jpg


実は、シー・シェパードは、
調査船にボーガンで攻撃しています。
下の画像をみてください。


1分18秒のところです!




1:18に撮影者に向けてボーガン撃ってる。
撮影者が無事で良かったが・・・

あきらかに攻撃してますね。
矢が船体に刺さっています。
危険この上ないです。


これだけやっておいて、
日本を海賊行為でオランダの司法に訴えるですか?
オーストラリアはその精神の異常さにいつ気付くのだろうか? 



ちなみに、こういう画像もあります。



みなさんこんにちは。トニー准将を演じてますが、このような茶番劇が実際に南の海で起きたことをおみせします。日本船がシーシェパードの船に突っ込んだとメディアで報道されてますが、私はシーシェパードの船が日本船に突っ込んだと考えてます。

みなさんと一緒に検証してみましょう。
まず、シーシェパードの乗組員達が
楽しそうに航行している様子です。

(画像)AG号の乗船員たちのにこやかな様子

すてきな笑顔ですね。
気分爽快といった様子です。

日本船側が撮影した映像を見てみると、
日本船がシーシェパードの船に突っ込んだかのように見えます。
それでは見てみましょう。

(動画)日本船側の映像

確かにそのように見えますね。
でももう少し詳しく検討してみましょう。
後で映像の一部分を再度お見せします。
シーシェパードの船の後方をよく見てください。

後方には波が見えてないようです。
つまりプロペラが完全に停止してると言うことです。
しかし、船が日本船に近づくと、後方の波が見えてきます。

これはスクリューを加速して日本船の方に向かったことを意味します。 自らに与えてもらったおもちゃの船を日本船に衝突させようとしたことを示すわけです。

その結果日本船にやられてしまったわけです。
それでは見てみましょう!

(動画)黄色の矢印の部分に注目
(動画)スローモーションでもう一度

thumbnail2.jpg

ひどいもんだなあ。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:54| Comment(4) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

日本ユースホステル史の源流10

日本ユースホステル史の源流10

つづきです。

09ta-08.JPG

 話が、脱線しすぎました。
 田澤義鋪の話です。
 田澤義鋪が、日本のユースホステル運動の基礎を造った話です。

 田澤義鋪は、熊本の第五高等学校を卒業し、東大法学部に入学します。専攻は政治学でした。明治三十八年(一九一五)九月、二十歳の時です。この頃の法学部は四年制(現在でいう五年制と同じ)だったので、明治四十二年七月に卒業しています。超エリートコースを進んでます。
 そして、旧藩主鍋島直彬庇護の下に佐賀県全体の在京学生会幹事となり、維新の元勲大隈重信をはじめ、郷土出身の諸先輩の家に出入し、将来が約束された出世コースの王道をすすみました。そして卒業旅行に、日露戦後の満州・朝鮮地方を視察。横暴な日本人をみかけて衝撃を受けます。

「海外発展? それが何だ。もし日本民族の情感と道義とが永久にこのままであるとするならば、それは発展どころか、恥辱の拡大であり、民族的怨恨の種をまきちらすに過ぎないのではないか。それでは、地図の上ではどんなに発展しようとも、遠からず国の基礎がゆらぐであろう。道義なくして何の国家だ。日本は東洋のならず者になってはならない・・・・・・」

09ta-09.JPG

 明治四十二年七月、東大法学部の政治学科を卒業した田沢は、その年の十一月に、高等文官行政科を受験して合格。辞令をもらって、明治四十三年四月の末から静岡県庁に勤めます。そして四ヵ月ばかり、地方官の見習いをし、八月、二十五歳で静岡県安倍郡長に任命されます。

 当時は「県」のしたに「郡」という行政単位があったのです。
 そして「郡」の下に市町村がありました。
 その郡長に任命されたわけです。

 安倍郡は、静岡市の周辺にある二町二十二ヵ村から成っています。そこのトップに任命されたわけですが、田澤義鋪は、自らを鍋島直彬のイメージで律しました。町村視察のたびに、士地の青年たちと胸襟をひらいて語りあいました。鍋島直彬のようにです。日曜は草鞋がけで遠い山村をたずねました。そして懇談会をひらきました。しかし土地の青年たちは、必ずしも大人しくはありませんでした。

「議長!」
「なんでしょう」
「今度の懇談会の通知状をみると、洋服または袴着用と書いてあります。郡当局は、我々青年がみな袴をもっていると思っていられるのですか。いや、それよりもおかしなことは、洋服ならばつめ襟でも背広でもよく、日本服ならなぜ袴をつけなければならないのですか。西洋崇拝もはなはだしいではありませんか」

 幹事役の視学が、青ざめました。
 役所の面目丸つぶれだと。

「いや、べつに西洋崇拝しているわけではありませんが、町村幹部の方々だから、たいていお持ちのことと思いまして」
「私の申しているのは、根本の精神です。農装のまま野良からとんで来てくれ、と呼びかけてもらいたいのです」

 青年たちの席から、共鳴の拍手。
 役人たちは、冷や汗をかきました。
 しかし田澤義鋪は笑顔で答えました。

「いや、これは一言もない。この次から、真面目な服装でさえあれば、なんでもいいということにしよう。こういう有益な意見をどしどし聞かしてもらうのがこの会合の一つの目的だが、今日は、それが大いに成功した証拠を見せてもらって有りがたい」

 田沢の言葉に、拍手がわきました。

 また田澤義鋪は、補習教育に力をいれました。青年の教育と出席を奨助することに着意し、自彊旗という優勝旗をつくりました。月桂冠の中に「自彊」という文字を染めぬいたもので、明治天皇が当時の国民の精神のよりどころとして示された「戊申詔書」中の「自彊やまざるべし」というお言葉にちなんだものであった。この優勝旗は、出席歩合の優秀な町村に与えるもので、三年つづけて獲得すれば、永久に貰い切りになるというきまりでした。このために補習教育熱が高まり、青年の気風が改まるいとぐちとなりました。

 田澤義鋪も、夜間の補習学校の講義を受け持ちました。郡長みずから教師をするために、安部郡を走り回りました。そして移動時間を節約するために、当時、まだ高価であった自転車を購入し、役所が終わった後に、彼は近所の空地で、自転車乗りの稽古をはじめました。何度も田畑の突っこんで泥だらけになったといいます。

 そして乗り廻せるようになると村々をめぐりました。
 電灯のない夜道。
 提灯を片手に自転車を走らせました。

 補習教育の改革も行いました。普通教育の他に、実学(農業)・公民教育もすすめました。県立農学校から優秀な卒業生をおくってもらい、郡費の補助により町村に配置しました。田澤義鋪は月一回、これらの人と懇談会をひらき、時には彼らを自宅に招いて、野菜持ちよりの夕食会をひらき、農村の実情を調査しました。

 また田澤義鋪は、農村生活の問題点をあげ、それに対する解決の研究を、補修学校の生徒たちに研究させました。この方法は、日本青年団に受け継がれましたが、日本ユースホステル協会にも受け継がれています。ただ、日本ユースホステル協会の関係者は、どうして、こんなことをするのか?不思議がっている人もいますし、私も、その一人でした。研修会・分科会があるたびに、どうして、こんなことを話し合うのだろう?と不思議に思っていました。こんなことより、偉い人の話でも聞きたいと思っていました。

 しかし、そうではないのですね。

 田澤義鋪は、自分のことは自分で解決しなければならないと考えていたのです。学ぶだけではなく実践しなければならない。そのためには、自ら問題点をさがし、自らその解決方法をみつけだし、自ら実践しなければならない。そういう思想が、日本ユースホステル協会をたちあげた横山祐吉まで繋がっていっているのです。だから横山祐吉氏は、イデオロギーや運動論を極端に嫌っていたわけです。

 さらに田澤義鋪は「農業に農事試験場があり、工業に工業試験場があるならば、地方自治の振興に自治試験場なかるべからず」と考え、村治研究会を通して、よいと思う案をどしどし実行してみるという実験まで行いました。このような田澤義鋪の政策によって、安部郡は、日に日に活気づいていきました。

ren-11.JPG

 そして、静岡市外千代田村の蓮永寺において、日本のユースホステルの元祖ともいえる講習会が開かれるのです。大正三年(一九一四)三月十五日のことです。ドイツのアルテナに世界最初のユースホステルが誕生してから2年後のことです。日本にも革命的な事件がおきるのです。

ren-12.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 00:51| Comment(0) | 日本ユースホステル運動の源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベテルギウスに爆発の兆候

ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ

http://www.asahi.com/special/space/TKY201001090278.html

オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されている。米航空宇宙局(NASA)が6日に公開した画像には、星の表面の盛り上がりとみられる二つの大きな白い模様が写っていた。この15年で大きさが15%減ったという報告もあり、専門家は「爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない」と話す。もし爆発すれば、満月ほどの明るさになり、昼でも見えるようになる。



つづきは
http://b-hoshi.seesaa.net/article/137947128.html、
をごらんください。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 01:30| Comment(0) | 自然−星空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯ノ丸山スノーシューツアー

湯ノ丸山スノーシューツアー

10-1-4-05.JPG

つづきは、こちらで
http://snowshoeing.seesaa.net/article/137974954.html


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 11:45| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

高峰山スノーシューツアー

高峰山スノーシューツアー

10-1-10-7.JPG

つづきは、こちら
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138011401.html


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 00:00| Comment(0) | 高峰山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 2

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 2

 2009年の浅間高原ウィンターフェスティバル。
 また、イグルーを造ったんですが、
 2008年は、雨が降って、
 御客様に見せる前に崩壊してしまった。
 もう、泣き面に蜂。
 浅間高原の進退、ここに窮まれり。

 熱気球も飛ばなかった。

 雪の祭典なのに、雨。
 しかもドシャブリ
 雪像は、溶け、真っ黒になり。
 路面は水浸し。

 1ヶ月にわたる重労働が、血と汗の結晶が
 無情の雨で、次々と流されていきました。

 そして夕方。
 やっと雨がやみ、見るも無惨な雪の残骸のなかで、
 ボーゼンとする私たちだったのです。

 でも、2000個のアイスキャンドルが残っていた。
 この2000個のアイスキャンドルさえ、点灯すれば、
 素晴らしいながめになる。
 幻想的な夢の世界を御客様に提供できる.....と思った。


asa-86.JPG


 しかし、ここでも天は、私たちを見放しました。
 風がふいたのです。
 それも強風が!

 ロウソクの火は、つけたそばから消えてしまい、
 2000個のアイスキャンドルの大半が火が消えてしまった。
 ああ、無情。
 本当は、こうなるはずが....


asa-88.JPG


 こんな惨めな姿になってしまった。


asa-87.JPG


 私は、うちの御客様に御願いして、
 みんなで着火してまわりましたが、
 てんでダメ。
 火は、強風ですぐにきえてしまう。


 さらに予定していた星空案内も中止。
 星は一つも見えなかった....。
 ちなみに私が解説する予定だった。orz。


 こまった・・・。
 本当に困った。
 もう、何をどうして良いか分からなくなった時、
 救世主が現れた。


asa-52.JPG


 それは宗次郎さんだった。


asa-49.JPG


 宗次郎さんに、無理を言ってきていただいた。
 嬬恋村の村おこしのために来ていただいた。
 その宗次郎さんが、強風の中を登場してくれたのです。


asa-54.JPG


 みんな、静まりかえりました。
 宗次郎さんの登場に静まりかえりました。

 しんしんと冷える大気。
 そして強風。
 寒さのあまり指が凍り、
 オカリナをふくどころでなくなります。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 01:00| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) スノーシューを検証する

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) スノーシューを検証する

最近、かなり安いスノーシューがでてきました。
その一つがDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) スノーシューです。
5000円ちょっとで買えるのは魅力です。
しかし、ちょっと待ってください。



つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138075448.html


posted by マネージャー at 11:50| Comment(0) | スノーシュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見なかったことにしていい?

連休初日、受付をしていた嫁さんが青ざめて言った

「見なかったことにしていい?」
「何が」
「見なかったことにしていい?」
「だから何が」
「見なかったことにしていいよね?」
「それだけじゃ何が何だかわからんだろう」
「受付表をみたら○○さんが誕生日」
「・・・・・」
「どうしよう、何の準備も出来てないし」

そうなんです。
ケーキ作りには時間と材料がいるのです。
スーパーの小麦粉では作れないからです。
ある特別な粉を手に入れてこなければならない。

「あわてるな! さいわい、今回は連休で全員2連泊してくれている」
「明日なら誕生会ができる」
「そうか」

というわけで連休2日目に誕生会をやることになりました。
で、どうせやるならサプライズにしようということになり、
こんなケーキを焼いて

1ta-001.JPG

2日目のお茶会に準備して待っていたら
待てど暮らせど本人がでてこない。

どうやら、寝てしまったらしい。

「どうしよう?」
「いっそ、本人無しで祝うか? クリスマスだってキリストの誕生日を祝う日であって、キリストの誕生日でも何でもないんだから」
「それ、理屈になってない」
「本人無しで祝うと、ブログネタとしては、すごく面白い」
「いや、面白くないって」
「仕方ない、直接に本人を呼んできなさい」
「迷惑するんでは?」
「もとより承知の上だ。本人には可哀想だが、このさい、ケーキを食べる理屈付けとして、犠牲になってもらおう。大切なことは、ケーキを食うことにあり、本人の都合は二の次だから」
「それも理屈になってない」

というわけで、呼びに行ったら快くでてきました。
助かった。

1ta-002.JPG

めでたし、めでたし。
今度からサプライズはやめます。

1ta-003.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:06| Comment(5) | 日記 2012以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

日本ユースホステル史の源流11

日本ユースホステル史の源流11

つづきです。

 大正三年(一九一四)三月十五日。静岡市外千代田村にある日蓮宗の名利、蓮永寺で、壮大な実験が行われました。田澤義鋪が、安部郡の郡長になって3年後のことです。


ren-16.JPG


 田澤義鋪は、この三年間、懸命に青年指導をやってきました。しかし、何か物足りなかった。自分が恩師、鍋島直彬ほどの力を発揮できてないことに不満がありました。そこで考えたことは、自ら青年と寝食を共にしながら、おたがいの人格を磨き合うしかないと考えました。そして、当時としては全く破天荒な、郡長と青年との一過間の共同宿泊講習を蓮永寺で行うことにしたのです。

 今でこそ指導者と受講者とが寝食を共にする宿泊講習は、目新しいことではありませんが、当時においては、革新的なことであり、郡のトップが、青年と寝食を共にする宿泊講習は、日本で初めてであり、世界的にも珍しいケースであったかもしれません。ドイツのユースホステル運動を除けばですが。

 講習生は、二十五名。いずれも各町村から撰ばれた青年たちで、米や夜具を車につんで、集ってきた若者たちでした。年令は最年長は二十六歳、最年少は十九歳。学歴もまちまち。旧制中学卒業の者あり、小学校四年修了の者あり、妻ある者十三名、子女ある者六名。しかも、彼らのうち、誰一人として、これから何が始まるか、知っているものがない。ただ割当てられた部屋に、見知らぬ者どうしが、ボーゼンと、かしこまって坐っているという状態でした。

 やがて昼食になりました。
 袴田視学が、青年たちの席を案内しました。
 正面には田澤義鋪、隣には寺の丹沢住職が坐っていました。
 食事は、いたって粗末なもので、一汁一菜。真黒な麦飯でした。
「こんな麦飯が食えるものか」
と思った青年たちでしたが、郡長も住職も、うまそうに食べている。

「郡長さまさえ食べていなさる。自分に食べられぬではバチがあたる」

と、目をつぶって押しこみました。給仕は、高級官師が行いました。これにも青年たちは、まごつきました。恐れおおくて、お代りを出しにくかった。こうして、1週間の合宿が始まったのですが、郡のトップである田澤義鋪みずから、身分をこえて青年たちと気さくな雑談をはじめました。

 第一回の講義は、夕食後に始めました。田澤義鋪が、憲法について分かりやすく解説しました。講義のあとは、ミーティング(懇談会)を行いました。青年たちは、きかれるままに、村の現状などについて語りました。田澤義鋪は、彼らの話をききおわると、宿題をだしました。

「諸君のめいめいの村についての問題は、今後十分に時間をかけ、実際についておたがいに研究もし、対策も立てたいと思うが、取りあえず、この講習期間中に、ぜひとも諸君に研究してもらいたい問題がある。それは金の使い方だ」
「・・・」
「七十円。この七十円を、わが安倍郡のために、これ以上有効な使い方はないというほどまでに生かして使いたいと思っているが、それを一つ諸君に考えてもらいたい。共同の研究も面白いが、今度は一人一人で考えた結果をめいめい答案にして、出してもらうことにしよう。私は、この金の提供者と相談して、その中から最優秀のものを一つだけ選んで、その案の通りに、この金を使って見たいと思っているんだ」
「郡長さん、いったいその金の提供者はどなたですか。また何のために提供されたんです?」
「不二見村の江川昌平翁だ。翁は御承知のように、長い間村長や県会議員をつとめられたが、先般老齢の故をもって辞任されるにあたり、県の支会から記念品代として、この金がおくられたわけだ。ところが、翁は、その金を持って私を訪ねて来られ、郡の基本財産にでもしてもらいたい、といって寄付を申し出られた」
「・・・」
「七十円の金額は郡の財政から見ると大したものではないが、その意義は実に大きい。だから、もっと光る使い方があるのではあるまいか思った。そこで私は江川さんにお願して、宿題として諸君の前に提供して、講習会の一過間のあいだ真剣に考えてもらうことにしたわけだ」
「・・・」

 第二日目から本格的な講習会がはじまりました。
 昼間の講義は午前と午後で六時間です。
 あとは広い寺内の掃除、入浴後の自由時間。
 夕食後はみんな一緒に附近を散歩しました。
 夜は課外講話が一時間ほど、それが終ると質疑応答。
 つづいてミーティング。
 お茶に駄菓子をたべながらの談話です。
 寝る前は、静坐して黙想です。

 講師は田澤義鋪が中心ですが、彼は郡長です。役所を休むわけにはいきませんから、朝の講義を九時までにすまし、急いで自転車にとび乗って役所に駆けつけ、牛後は、早目に帰ってきて寝食を共にしました。その留守中は、袴田視学と稲垣技手が、講師の送迎や青年の指導に当りました。
 講習は講義のほかに、実地見学。県庁に出かけて、内務部長の案内と説明で、県政の実際や議事堂なども見学しました。

 青年たちは、しだいに田澤義鋪に親しみをおぼえました。平素そばにもよれないように思っていた郡長と寝食を共にするばかりでなく、一緒に草をむしったり、落葉をはいたりしながら、村の話、わが家の暮し、心の悩みをきいてもらうことは、まるで夢みる心地でした。

 しかし、田澤義鋪にしてみれば、かって鍋島直彬が自分にしていただいたことを、安部郡の青年たちにお返ししているだけであって、別に特別なことをしたとは思っていないのです。それがまた青年たちの心を揺り動かしました。


of002.jpg


 また、田澤義鋪は、誰よりも早く起き、すすんで掃除・洗濯・食事の準備を行いました。誰もが嫌がるトイレ掃除などは、真っ先に行いました。それは、恐れおおいと青年たちは、後に続きました。そして、一緒に掃除などをするわけですが、田澤義鋪と一緒にする掃除は、本当に楽しそうでした。

 なぜならば、田澤義鋪は、実に人の話を良く聞いてくれるし、そのうえ素晴らしいアイデアをだしてくれる。しかし、決して田澤義鋪から回答は出さない。回答は、本人が自分で見つけられるようにする。こういう具合でした。もし、名教師というものが、この世にいるとすれば、田澤義鋪こそ名教師かもしれません。この田澤義鋪の名教師ぶりを、弟子である安積得也氏が、こんな詩にしています。


名教師

あなたについていると
自然に勉強したくなる
研究が面白くて止められない

あなたの手にかかると
ふしぎと自信が湧いて
突き当った壁から光明がさしでくる

あなたのものさしを見ると
恥かしくていい気になれない
世界水準が私の眼を油断から救う

あなたの周囲にいる人は
めいめいの景色を許されながら
正直な持ち味で胸いっぱいの呼吸をする

あなたの下では
苦しみをも楽しみながら
誰も誰も優等生だ

<安積得也詩集「一人のために」より>


001tazawa.jpg


 講習の終りに近く江川翁提供の七十円の有効使用法の答案が、二十五人の講習生から集まりました。いずれも捨てるには惜しいものばかりでしたが、特に二つは、すぐ実行に移して見たい名案でした。

 その一つは養鶏改良案で、まず白色レグホンとかミノルカとか、品種のよいニワトリのヒナを買って、雄一羽・雌三羽を一組とし、各町村毎に経験ある青年をえらび、これに委托飼育させる。その期間は二年を一期として、大きくなった親どりは飼育者にやり、初めの数だけのヒナを返させ、今度はつぎの青年を選抜委託する。これを順次くりかえして行けば、安倍郡の養鶏改良は、期せずしてできるというのである。

 もう一つの案は、巡廻文庫の増設であった。七十円で文庫をふやし、江川翁の寄付の由来を書き、その中の本は他の文庫のように雑多な本ではなく、江川翁が一生魂をうちこんだ、町村自治と産業組合関係の本のみを集めるというのである。こうすれば、郡下の青年は永く江川翁の功をしのびながら、しぜん研究も進むであろう。

「江川さん、どうですか、この案は?」
「名案です。青年諸君を見直しました。わしはあのとき、この七十円を自分の財布に入れないでよかった。入れればそれきりで、こんなすばらしい使い方はできなかったはずじゃ。わしは諸君にお礼を申すとともに、攻めて田澤郡長に心から感謝したい」

 こうして一週間にわたった講習会は終りました。
 だれもが、別れがたい思いを残して。

 閉会式。

 田沢は、別れをつげに来る一人一人の手を、
 かたく握って、短かいはげましの言葉をのべました。
 みんな涙をためていました。

 この一週間の宿泊講習の体験に味をしめた田澤義鋪は、これを拡大したいと思った。選ばれた青年たちのためだけでなく、広く一般の青年たちのために作ってやる必要を感じたのです。

 しかし、それには一週間という期間は長すぎる。
 家庭の事情や費用などのことを考えると、無理がある。
 もっと手軽にやる方法はないものだろうか?
 たとえ1日でもよい。
 一般の貧しい大勢の青年たちと寝食を共にする機会が欲しい。

 そう考えた田澤義鋪は、静岡の歩兵連隊を訪ねた時に、たまたま行われていたテント作業を見て、ひらめきました。

「これだ! これを使えば大勢の青年たちを宿泊講習によべる」

 こうして、日本初の天幕(テント)講習が、三保の松原で行われることになるのです。そして、そこに参加したのが田澤義鋪の友人であり、成蹊大学の開祖でもある中村春二でした。

ren-18.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 03:07| Comment(0) | 日本ユースホステル運動の源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ATLAS】スノーラン を検証する

【ATLAS】スノーラン を検証する

最近のモンベルは、製品劣化がはげしい。海外で生産しているためか、買ったばかりの登山服のファスナーがすぐに壊れたり、ボタンがすぐにとれたりする。生死をかける場面に使いたくない製品が多い。その中で別格なのがモンベルのスノーシュー。というかアトラスのスノーシュー。どういうわけか、優れた製品が多いです。その中でも注目して良いのがこれです。


SS-02.jpg

アトラスのRace&Run専用スノーシュー
ATLAS(アトラス) スノーラン 1831802 です。


つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138163766.html
を御覧ください。



↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 10:01| Comment(0) | スノーシュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

村上山スノーシューツアー

村上山スノーシューツアー

10-1-11-1.JPG

村上山は、楽に登れる山で、夏なら1時間で頂上に行けます。
山は、三十万年前の噴火によって誕生したと言われる溶岩ドーム状。
登山道の至るところで火山岩岩頭を見ることができます。

10-1-11-5.JPG



つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138215539.html
にどうぞ。



↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:30| Comment(0) | 鹿沢−村上山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 3

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 3

 2009年の浅間高原ウィンターフェスティバル。
 イグルーを造ったんですが、雨が降って、
 御客様に見せる前に崩壊してしまった。

 熱気球も飛ばなかった。

 雪の祭典なのに、雨。
 雪像は、溶け、真っ黒になり。
 1ヶ月にわたる血と汗の結晶が次々と流されていきました。

 でも、2000個のアイスキャンドルが残っていた。
 しかしロウソクの火は、強風で消えてしまい、
 2000個のアイスキャンドルの大半が消えてしまった。

 さらに予定していた星空案内も中止。
 星は一つも見えなかった....。
 ちなみに私が解説する予定だった。orz。


asa-87.JPG


 もう、何をどうして良いか分からなくなった時、
 救世主が現れた。
 宗次郎さんだった。


asa-52.JPG


 宗次郎さんが、来てくれると聴いた私は、驚きました。
 実行委員会が、拝み倒して頼んだところで、
 そうそう来てくれる人ではありません。

「あの宗次郎さんが、よくきてくれたなあ」
「宗次郎さんって誰なの?」
「はあ?」

 恐ろしいことに嬬恋村の人たちは、宗次郎さんを知らなかった。
 嬬恋村は、テレビが映らない。
 難視聴地域でなのです。
 宗次郎さんどころか、テレビに出てくる有名歌手や
 世界的な俳優だってしらない人が多い。

 昔、うちの近所に、西田敏行さんが住んでましたが、
 誰も西田さんを知らないから、西田さんは、のびのびと、
 あたりを散歩していました。

 さらに新聞が無い。
 配達されない。
 インターネットも調子が悪い。
 ソフトバンクの携帯も使えない。
 こういう地域ですから、
 世界の宗次郎さんを知らない人も多いのも無理はない。

 あるとき、
「宗さんて、どこの国の人」
 と聞かれました。
 しばらく何を言ってるのかわからなかった。

「宗っていうくらいだから、韓国?」
「?」
「それとも中国?」
「??」
「あ、台湾か!」
「??? あのう・・・、言ってる意味が、よく分からないんですが」
「何言ってるんだよ、今度来る宗・次郎さんのことだよ」
「えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」
「?」
「宗・次郎さんじゃなくて、宗次郎さん。そして群馬県出身! 群馬県館林市出身なんだよ!」

 嬬恋村の浅間高原は、こういう地域だった。
 私は、イベントの責任者たちとこんな会話をかわしました。

「宗次郎さんを知らないなんて信じられない」
「あのオカリナの音色を聞いたことがないなんて、考えられない」
「どういうわけだろうね」
「嬬恋村の村民には、癒しがいらないのかもしれない」
「なるほど、この村の人は、癒しを必要としてないのか」

 こういう調子ですから、会場に集まった嬬恋村民たちは、必ずしも宗次郎さんを目当てに集まったわけではなかった。
「なんか知らないけれど、オカリナ吹きが演奏するらしい」
くらいの軽い気持ちで集まっていた。
 誰もが、気軽に集まっていた。
 そこに宗次郎さんが登場した。

 しんしんと冷える大気。
 そして強風。
 寒さのあまり指が凍り、
 オカリナをふくどころでなくなります。

 楽器をやったことのあるひとなら分かるでしょうが、
 マイナス10度の寒さで、
 それも強風の中で、
 オカリナを吹くことがどういうことなのか?
 分かるかと思います。

 最悪なコンデションの中のコンサートなのです。
 しかし、そういうことは、客である私たちには、わかりません。
 この写真をみてください。

asa-51.JPG

 必死に指を保護していますね。

asa-50.JPG


 こういう状態の中でコンサートは行われました。
 村民たちは、生宗次郎さんの生演奏に聴き惚れていました。


asa-54.JPG

asa-46.JPG


 で、一曲が終わると、割れんばかりの拍手。

 音楽に国境はありません。
 宗次郎さんの音楽は村民の心に染みいりました。
 宗次郎さんが、何者か分からない人たちも、
 その音色の素晴らしさだけは伝わりました。


 asa-55.JPG


「宗次郎さんだっけ? あれは良かったなあ」
「オカリナっていうのか? ええ音色だのう」
「山に響いて、実に、ええもんだった」
「そうそう、浅間高原にぴったりだったなあ」
「素晴らしかった」
「来年も来てくれるかなあ」
「聞けるなら、また聞きたいなあ」


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 20:13| Comment(6) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日もセッセとラッセル

今年は、雪が多いですね。

 おかげで毎日、スノーシューツアーのラッセルにでかけるはめになります。特に今週末は、スノーシューツアー希望者が、女性ばかりなので、男手が足りなさそうなので、少しでもスノーシューしやすいように毎日、道をつくっています。

 湯の丸山・烏帽子山・桟敷山・村上山・鼻曲山などなど。どの山も最低3回くらいはラッセルしています。1回目は、道を造ることに専念し、2回目は道を拡げ、3回目は、道の凸凹を平らにして、さらに登りやすいように工夫しました。

 しかし、それでも容赦なく降り積もる雪で道は隠れてしまいます。
 しかし、隠れてもいいんです。
 1回でもラッセルしたら、ものすごく登りやすくなる。
 そういうものなのですよ。

 ちなみに、これがラッセル前の状態。

09ebo-01.JPG

 で、ラッセルするとこうなります。

09ebo-03.JPG

 画像ではわかりにくいですが、
 雪の高さは、膝から腰くらいです。


つづきは、
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138318804.html
をごらんください



↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:05| Comment(0) | スノーシュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

日本ユースホステル史の源流12

日本ユースホステル史の源流12

つづきです。


ren-11.JPG


 蓮永寺の講習から五ヵ月後、三保の松原に天幕(テント)が張られました。日本初の天幕講習会でした。共に語り、共に楽しみつつ、懇談会(ミーティング)を行いました。中でも懇談会(ミーティング)を重視しました。人格をたかめあい、心のふれあいを行うためには、講習よりも、懇談会(ミーティング)が適していたからです。


09ta-53.JPG

 ドイツでユースホステル運動をはじめたリヒャルト・シルマンは、野外教室で子供たちに勉強を教えました。時に得意のバイオリンをひき、歌を歌いました。賛美歌も歌い、聖歌も歌いました。それはさながらサウンドオブミュージカルのようでもありました。これが、ドイツのユースホステル運動の根源となりました。

schirrmann-004.jpg

 ほぼ同じ頃、日本でも、同じようなことを発想した人がいた。
 田澤義鋪でした。

 しかし、田澤義鋪とリヒャルト・シルマンでは、少しばかり違っていました。リヒャルト・シルマンは、小学生を相手にしていたのにたいし、田澤義鋪は青年を相手にしていたところです。

 なぜ青年であったか?

 明治維新は、大量の失業者を出しました。
 版籍奉還、廃藩置県、失禄処分。
 まず武士たちが失業しました。
 ものすごい数の士族が職を失い、路頭に迷いました。
 突然のことでした。

 一方で、武士たちよりも遙かに巨大な数の失業者たちもいました。
 青年たちです。

 明治維新前の青年たちには、仕事がありました。警備、消防、災害救助、神事、祭、公共事業、社会教育などの仕事です。彼らは、子供を卒業すると、自宅には寝泊まりせず、若者宿(若衆宿・郷中宿)で寝泊まりしました。そして、そこから仕事に出て行きました。結婚すると、自動的に若者宿(若衆宿・郷中宿)を出て行き、今度は大人(オトナ)と呼ばれる世界に仲間入りしました。

 明治維新がおきるまでの日本では、大人(オトナ)の世界と、若者組の世界の二重構造になっており、警察や祭礼や公共事業は、若者組の役割であり、家を守るのは大人組の役割でした。

 若者組は、治安維持や道路、橋梁の修繕、堤防の築造などのいろいろな仕事に対し、一人前として責務を果たさなければなりませんでした。しかし、子どもと大人の間の人生の多感な頃を同世代の者達と寝食を共に楽しく過ごしました。そして大人への仲間入りをするためのしきたりなどを学びました。これらの日本の風習が分からないと、明治維新を行った維新の志士たちが、みんな二十歳代であったことが分かりにくいのです。


51QY073PMSL__SS500_.jpg


 しかし、明治維新によってヨーロッパの風習が導入され、警察や公共事業が公務員によってなされるようになると、若者組は用無しとなり、失業してしまいました。その失業者の数は、路頭に迷った武士たちの数倍にもなったことでしょう。

 失業した若者組の人々は、やることを失って、イタズラや夜這いといった悪弊がはびこり、いつのまにか、社会から糾弾される立場にまで転落しました。また、西南戦争により、若者組の延長から構成された西郷隆盛軍が、近代的な政府軍に全滅させられることによって、若者組という江戸時代の遺物は消滅したかに見えました。

 田澤義鋪は、そんな青年たちに希望を託したのです。
 かって鍋島直彬が、青年田澤義鋪に希望を託したように。

 しかも田澤義鋪は、青年たちに勉強を教えることよりも「自分で考え自分で解決する」ことを重視しました。多くの青年たちが、田澤義鋪のところに悩み事を相談しに行きましたが、田澤義鋪は決して自分から答えをださず、かならず相談してきた者自身に考えさせました。あくまでも自分で考え自分で解決させたのです。そして自主独立の気風を青年たちに植え付けたのです。

 これは、上の命令でロボットのように動く青年を育てる世界と正反対の世界でしたから、日本が軍国主義化していくと、徐々に国家社会主義者たちの弾圧を受けるようになります。そして田澤義鋪は、大政翼賛会と反発するようになり、第二次大戦中に「日本は負ける」と公言するようになりますが、それは後の話です。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 19:07| Comment(2) | 日本ユースホステル運動の源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪と友達になる 01

スノーシューを楽しむコツは、雪と友達になることです。
例えば、粉雪とぼた雪の違いを知ってると、
スノーシューで遊ぶための幅が広がります。

もっと具体的に説明してみましょう。
朝6時に湯ノ丸山に登ったとします。
晴れた1月ならば、雪原は粉雪です。
風が強ければ、雪の踏み跡は消えている可能性が高いでしょう。

さらに粉雪の場合は、雪が深いケースがあります。
つまり深いラッセルに苦労する。

10-1-4-03.JPG

つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138398117.html
で御覧ください。



↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 20:39| Comment(0) | スノーシュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 4

浅間高原ウィンターフェスティバル2010 4

asa-48.JPG

 やはり宗次郎さんは偉大でした。
 宗次郎さんを知らない嬬恋村の村人を感動させたからです。
 ネームバリューではなく、
 純粋にオカリナの音色だけで感動させたからです。

「宗次郎さんだっけ? あれは良かったなあ」
「オカリナっていうのか? ええ音色だのう」
「山に響いて、実に、ええもんだった」
「そうそう、浅間高原にぴったりだったなあ」
「素晴らしかった」
「来年も来てくれるかなあ」
「聞けるなら、また聞きたいなあ」

asa-46.JPG


 そして、その余韻が褪めないうちら、
 花火があがりました。


asa-40.JPG

 実は花火は、おもちゃ王国の支配人があげています。
 支配人なのに宗次郎さんのコンサートは聴けず、
 駐車場の誘導係りをやっていましたが、
 花火の着火には、大急ぎでかけつけ、
 打ち上げを開始しました。

asa-45.JPG

asa-42.JPG

asa-39.JPG

たてつづけに打ち上げられた花火に
人々の眼は奪われました。

asa-55.JPG

やはり花火は、冬がいい。
夜空に輝く閃光が、
白い大地を照らし
雪景色を、虹色に変化させるからです。
七色の花火は、白い大地を、次々と変えていきました。


asa-42.JPG

asa-38.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 15:25| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンクは田舎じゃ使えないのですか?

>ソフトバンクは田舎じゃ使えないのですか

>旅人の間では「ソフトバンクは持つな」
>というのが定説だったかと思います。

そうですねえ。その通りですね。
旅人だけではなく、山屋さんも
ソフトバンクだけは持つなという人が多いですね。

北軽井沢や嬬恋村に関して言えば、ソフトバンクは使えませんね。
じゃあ、北軽井沢や嬬恋村は、圏外なのかというと、そうではないみたいなんです。
下記のサイトで、通話圏内を確認してみてください。

http://mb.softbank.jp/mb/service_area/iphone/kanto/gunma.html

北軽井沢も、嬬恋村も、
通話可能ということになっている。

しかし、現実には通話できない。

「どういう事なんだろう?」

と思ったので、調べてみたら、ソフトバンクの使っている周波数に問題があるらしい。

docomoやauが使用している周波数は2GHz帯と800MHz帯
Softbankは2GHz帯のみ

docomoは地方や山間部など2GHz帯の電波が届きにくい場所では、800MHz帯でサービスを展開しています(800MHz帯は2GHz帯よりも障害物に強いため、山間部では有利)。でも、ソフトバンクは、2GHz帯のみだから、山間部では不利なんですね。おまけにアンテナ数が極端に少ないために、繋がらないそうです。


 まあ、ここまでは理屈。
 ここから先は、うちの体験談。


 御客様が忘れ物をしたりします。それを部屋掃除で見つけて、大急ぎで御客様の携帯に電話をかけても通じない。こういう場合は、間違いなくソフトバンクです。念のために、後日、携帯の会社名を聞くようにしていますが、100パーセントソフトバンクでした。これは、本当に困りました。

 困ると言えぱ、一番困るケースは、こういうケース。
 車で来る御客様が、道が分からないと電話がかかってきます。
 案内しているうちに、プチッと切れてしまい、連絡不能になる。
 ハラハラしてしまいます。
 御客様も焦るだろうけれど、こっちも焦る。
 特にペンション・ティンカーベルを営業しているときに多かった。

 見晴らしの良い有料道路で繋がってて、
 見晴らしが悪くなるとすぐ切れてしまう。
 あとは、運を天にまかせて、
 無事、御客様が辿り着くのを待つしかない。


 また、こういう電話にも困りました。

「ソフトバンク、繋がりますよね」
「繋がらないですねえ」
「だって、ソフトバンクのホームページの通話圏内に、嬬恋村や北軽井沢が入ってますよ」
「ダメなんです」
「え、だって入ってるのに。おたくの宿だけ電波が届かないじゃないですか?」
「いや、そういうわけでは....」

 うちの宿だけ電波が届かないのなら、どんなに幸せか。うちの宿だけ電波が届かないのなら、御客様はともかく、うちの宿としては何の問題もない。そうでないから困っているんです。迷子の御客様を誘導できないから困ってるんです。正直言って、うちに到着してもらえさえすれば、あとは何とかなる。そうでなくて、浅間高原に入ったとたんに、プチッと切れてしまうから困ってるんです。

 だからソフトバンクを使っている皆さん、田舎に行くときは、そういう事があるんだという覚悟をしてきてください。携帯にたよらず、地図を持参してください。携帯で何とかなると思ったら大間違いです。特に、ゴールデンウィークや、お盆などの夏のシーズンは、要注意です。ふだん繋がる場所でさえ、繋がらなくなる。

 では、auは、どうなのか?
 ドコモは、どうなのか?

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 17:17| Comment(3) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

ソフトバンクは田舎じゃ使えないのですか?2

ソフトバンクは田舎じゃ使えないのですか?2

auとdocomoは、どうなのか?

auとdocomo。ちょっと昔なら圧倒的にauの方が繋がりました。
docomoのムーバは、場所によっては繋がらなかった。
docomoのフォーマは、auなみに繋がりました。
しかし、最近は、両者のつながり方は、ほぼ同じであるというのが私の見解です。

理由は、FOMAプラスエリア(800MHz帯)です。2005年に、FOMAサービスエリア(2GHz帯)では電波が届きにくかった山間部などでの電波状況の改善を目的に開始されたサービスですが、このFOMAプラスエリアを使うとauに繋がります。いや、場所によってはau以上に繋がります。そのために両者の差は無くなったようです。このFOMAプラスエリアは、料金もかからないし非常に便利です。ただし、対応機種に限りがありますが。

それと地域によっては、auとdocomoに、それぞれ得意不得意があるようです。具体的にいうと、浅間牧場付近では、docomoが圧倒的に繋がって、auはつながりが悪くなる。と言うと、お茶会なんかで

「なぜ、auを持ってない、お前が、そんな事分かるのか?」

と、熱烈なauファンが激怒されるわけですが、申し訳ないんですが分かるのです。というのも、御客様に携帯電話で道案内している時に、ある地点で、auに限って、必ずプチッと切れる場所があるのです。一つ具体例をあげると浅間牧場から火山博物館に行く道に入ってすぐのところです。そこに行くと、auだけは切れる。しかし、docomoは切れない。もちん季節によって差がありますが。

 逆にauなら繋がってdocomoが切れる場所もある。それは、浅間牧場茶屋から天丸山に向かうルート上で何ヶ所か切れる場所があります。しかし、auは切れにくい。auは、山とか谷とか森の中に強いんですね。docomoより強いです。逆にdocomoは、街中や観光地でauより強い傾向があります。

 あとauがdocomoより繋がりやすい場所として、防火壁で囲まれたような場所があります。ペンションなどの建物は、消防法によって何ヶ所か防火壁を設置しているのですが、これが電波を遮断するらしく、繋がりにくくしています。

 うちのケースだと、「すずらん」と「りんどう」の部屋と厨房が、防火壁で囲まれていて繋がりにくい。こういうところで発揮するのがauです。だからauの御客様は、ゆとりがある場合は、できるだけ、この2つの部屋に入れるようにしています。

 docomoの御客様でも、FOMAプラスエリアの人なら問題ありませんから、この部屋に誘導しています。まあ、そういう事をする場合は、かなり仲良くなった御客様にかぎられますけれど。

 しかし、まあ、docomoもauも、繋がり方に個性はあるにしろ、嬬恋村や北軽井沢に住んでいて、全く不便を感じません。希に繋がりにくい場所があっても、数メートル移動すると、たちまちアンテナ3本状態になります。しかし、ソフトバンクだけはダメ。箸にも棒にも引っかかりません。

 特にauやFOMAプラスエリアが得意とする山とか谷とか森の中になると全くダメ。それと、混雑期に繋がらない。冬に繋がっても、ゴールデンウイークになると繋がらないというケースが、よくあります。だから前回繋がったと安心していると痛い目にあいますね。ソフトバンクは、この状態をはやく改善すべきですね。

 あと、関係ないですけれど、docomoには、ドコモ公衆無線LANサービスというものがあって、840円で全国の空港・駅などでインターネットが使えるようです。御客様には、それに加入している人も多く、3万円くらいのミニパソコンで、駅前で宿を予約するみたいですね。格安ホテルで3泊もすれば、もとが取れると言ってました。auやソフトバンクは、どうなんでしょう?

 それからFOMAハイスピードというのもあるらしいです。これは、加入するとパソコンを無料でプレゼントしてくれるものらしく、お金のない高校生などが、使っていましたが、どういうものかは、私には、よく分かりません。イー・モバイルみたいなものなのかなあ?

http://www.hspc-docomo.net/point/index.html

 ただ、このFOMAハイスピード、嬬恋村や北軽井沢でも使えるらしく、御客様に聞いてみると、けっこう重宝しているみたいです。プロバイダ契約がいらず、携帯さえいらないわけですから、便利と言えば便利ですね。これさえあれば、通信環境のないホテルに泊まっても何ら不便はないのですから。通信速度も速いらしい。

 問題は値段ですね。パソコンは無料でも、通信費は、最低月額1000円で最高5985円します。ガンガン使う人だと、5985円は高いかなあ。滅多に使わない人か、旅先でしか使わない人なら、ふだんは月額1000円だから、これは逆に安いかも。

 あ、そうそう、イー・モバイルは、全くダメですね。嬬恋村や北軽井沢どころか、軽井沢でも場所によってはダメらしいです。軽井沢は、イー・モバイルのサービスエリアだと繋がることになってるのに、繋がりにくい御客様がこぼしていました。イー・モバイルは、ソフトバンクより繋がりにくいようです。

 最期になりましたが、うちはdocomoです。

 なぜdocomoかというと、嫁さんがdocomoショップの副店長だったために、嫁さんがdocomoで食わせてもらった御礼に、加入しています。これは損得抜きです。義理人情の問題です。別に性能が良いからdocomoを撰んでるわけではありません。docomoがダメな時代も、料金が高かった時代も、じっと耐えて性能向上を待っていました。

 自営業やってると、自営業仲間の友人が多くなるのですが、こういっちゃ何ですが、自営業仲間は損得で動く人が多すぎて嫌になります。これは、ユースホステルのマネージャーにも言えることです。だから、どうしても、そういう姿勢に反発したくなるのが私の悪い癖で、義理人情を優先したくなる。

 もちろん私がdocomoに加入したところで、docomoは、何一つ感謝しないだろうが、そういうことは関係ないんですよ。こっちの気分の問題。心意気の問題。まあ、これが私の欠点で、それがために、今ひとつ起業家として成長できない未熟者のままですが、この欠点だけは直しようがない。

 もちろん自営業仲間の中でも私のような考えの人間が少数ながらいます。その少数の大半が脱サラ組か、早期退職者たち。元サラリーマンの方が気前がいいし、人づきあいも常識的ですね。しかし、根っからの自営業者は、損得勘定が多すぎて、ちょっとついていけないところがあります。そういう人とは、自然と距離をおくようになってしまいますね。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 11:53| Comment(8) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯ノ丸山スノーシューツアー

湯ノ丸山スノーシューツアー

今回の参加者は、オール女性。
お茶会も女性オンリー。
この時期のユースホステルは、男性客が多いのですが、
どういうわけか、女性ばかりでした。

10-1-17-05.JPG

つづきは、
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138570555.html
でどうぞ。


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 20:46| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

湯ノ丸山スノーシューツアー後編

湯ノ丸山スノーシューツアー後編

目標は、湯ノ丸山。
誰かラッセルしてないかなあと思ったら、
ラッセル跡がありました!

しかし、
道を間違えている!

orz

10-1-17-06.JPG


誰じゃ、ここをラッセルした奴は!


北軽井沢ブルーベリーYGHのツアーで
湯ノ丸山に何度か行ったことのある人は、わかりますね。
どういう致命的なミスであるか!

皆さんなら、この写真をみたら、誰もが凍り付くはずです。
ここをラッセルすると、どんな地獄が待っているか....orz。

そうです!
笹地獄にレンゲ躑躅地獄!
この道は、地獄の三丁目に繋がっている。

ああ、スノーシュー隊の運命はいかに。
はたしてガイドの土井君は、この道を進んだのでしょうか?



てなわけで、正しいルートをつけに、今日ラッセルしてきました。
湯ノ丸山を目指す場合は、
テープにそって、ついている道を使ってください。
防風林の南面をすすんでください。
南斜面は、雪も少なく、
ラッセルに苦労しません。
なにより道を間違えにくく、
カラマツの防風林で北風を防いでくれます。

それに、ながめがいいんです。
富士山も見えるんですから。
今日、私が、道をつけてきましたから、
それを利用してください。


つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138690931.html
をごらんください。


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 19:37| Comment(2) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ソフトバンクは田舎じゃ使えないのですか?3

ソフトバンクは田舎じゃ使えないのですか?3

なぜ、ソフトバンクの評判が悪いのか?

うちの御客様にかぎって言えば、ソフトバンクの評判は悪いです。
繋がらないから評判が悪いのではありません。
ホームページのエリア圏内の表記のせいです。

 どういうことかと言いますと、auも、docomoも、ホームページにある通話エリアのマップよりも繋がるのです。
docomoを例に説明すると、鬼押出し園有料道路や、火山博物館周辺は、公式には通話圏外になっている。
しかし、実際には通話できます。
これはauにしても一緒で、公式には通話圏外であっても、だいたい通話できてしまう。
ところが、ソフトバンクは逆で、公式には通話圏内であっても、だいたい通話できない。

 これがイーモバイルだと、最初から公式には通話圏外となっているから御客様もあきらめていて、あまり悪口は聞かれません。しかし、通話できるはずのところで、それを信じて使って通話できないと、激怒されます。要は信用の問題です。なので、このブログを読んだソフトバンク関係者は、ホームページの通話圏を、もう一度調査して、書き直した方が良いと思います。でないと信用を失いますよ。

 まあ、これは、ペンションやユースホステルにしても一緒で、あまり調子の良いことをホームページに書いちゃうと、御客様の信用を失って、御客様を逃がしちゃいますよね。あれと一緒です。ソフトバンク関係者は、それを肝に銘じて欲しいと思います。逆に言うと、auもdocomoも、うまくやってるなあと思います。通話できないはずの場所にも、しっかり電波が届いていますからね。でも、もっともっとアンテナを増やして、電波状況を改善してもらいたいものです。docomoにかぎっていえば、FOMAプラスエリアを拡大してもらいたい。


あと、コメントにあったものでb-mobile 3G というものがあります。
Akiの紹介なのですが、なかなかよさげなので本文でも紹介します。

http://www.bmobile.ne.jp/personal/3g/index.html

キャリアはdocomo。
FOMAが届くエリアならどこにも届くようです。
つまり、全国どこでも通信可能!
端末込みのプリペイドで150時間かつ480日まで。
16ヶ月ですね。
旅先でしか使わないという用途では携帯の定額通信よりも安上がり。
プリペイドというところがいい。
値段も安いので、これは、もっと広まってもいいですね。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:05| Comment(4) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ある薬屋の話。

ある薬屋の話。

 小さな薬屋の話ではありません。大きなドラックストアでの話です。歳の頃なら70歳くらいのオバちゃんが白衣を着て立っていました。その人に、薬について尋ねたのです。

「あの、高血圧に効く薬か、サプリメントは無いですか?」
「高血圧ねえ・・・・」

 オバちゃんは、私の体型をジロジロ見ながら、言いました。

「ちょっと来なさい」
「はい」

 オバちゃんは、私を血圧計のあるところに連れて行き、血圧を測ってくれて言いました。

「あなた、心臓肥大って言われたことない?」
「はい。でも、なぜ分かるんですか?」
「脈拍が57だもん」
「はあ」
「摂生しないとダメよ」
「はい....で、どんな薬がいいんでしょうか?」
「薬なんかにたよっちゃダメ」

 えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええっ!

 だって、ここ、薬屋でしょ?

「薬ないんですか?」
「あるけど、それじゃ根本的な解決にならないということ」
「はあ?」
「野菜を食べなさい。そして、御飯をへらしなさい」
「肉は?」
「肉と魚は、適正な量ならいいでしょう。たまにはスシローで、お寿司でもたべたいわよね」
「はあ....」
「それにお魚には、血圧を下げるアミノ酸なんかが入っているから」
「はあ、で、薬は....」
「それから運動ね」
「はあ、で、薬は....」
「甘い物は控えること」
「はあ、で、薬は....」
「薬、薬なんて言わないの。どうしても甘い物が欲しくなったら、このサプリメントを飲みなさい」

と、カルピスが造っているアミールをわたしてくれました。そして、青汁とか、ペプチド食品を見繕ってくれ、

「私なんか、血圧が210もあったのよ。でも、今は、130。すごいでしょう」
「はあ」

と、全く、こっちの話を聞かないで、勝手に私が買う物を決めてくれていました。おまけに、私の買い物篭の中から、
「これはいらない」
「これもいらない」
「こんな高カロリーなもの買って、棚に返しておくね」
と一方的に棚に返されてしまった。

あまりのことに驚いた私であったが、
その迫力に負けて
全て同意してしまった。
なにしろ、
「薬なんかにたよっちゃダメよ」
という薬屋さんは、はじめてだったので、衝撃のあまり、ぜんぶ同意してしまったのです。
で、その薬屋のオバちゃんの指導で、血圧を下げつつあります。
オバちゃんは、言います。

「これで直らなかったら、医者に行こうね」
「はい....」

こういうオバちゃんには、弱い自分であった。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:30| Comment(2) | 日記 2012以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

各スノーシューを検証する

ATLAS(アトラス) ユースガールズを検証する



wwSS002_.jpg

つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138913784.html
をどうぞ



ロードストーン・スノーシューを検証する

rodos-2.jpg


つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138912411.html
をどうぞ


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 08:23| Comment(0) | スノーシュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカテレビ番組「ヒーローズ」

アメリカテレビ番組「ヒーローズ」を見ました。

『HEROES』(ヒーローズ)は、アメリカ合衆国のNBCで2006年より放送されているテレビシリーズ。それぞれに特殊な能力を持った人々を描いたSF番組で、アメリカでは2009年9月21日より第4シーズンの放映が始まっています。で、私は、2シーズンまで見終えました。

206_01.jpg

なかなか面白かったのですが、この番組に日本人が出てきます。
まあ、それは良いのですが、やはりお約束で、かなりの
お馬鹿キャラ
でした。

206_02.jpg

どうでもいいんですが、日本人が出てくると、
どうして、お馬鹿キャラなんですかね?
ただ、このお馬鹿キャラのヒロが、
アメリカで大人気らしい。

206_03.jpg

たしかに、役所は美味しい。
みんなが、真剣に悩んで苦悩しているなかで、
このヒロだけが、脳天気で明るく、
しかも、なんの苦労もなく悪役をやっつけてしまう。

しかも、日本の江戸時代が舞台になったりするんですが、
時代考証は無茶苦茶で、
宮本武蔵らしい人間が、イギリス人(白人)だったりします。
アメリカって、本当に無茶苦茶なものを造るなあ。

あと、この作品、日本アニメの影響をかなり受けていますね。
あちこちからパクっていますね。
ま、おもしろかったけれど

でもやっぱ、『Fate/stay night』(フェイト/ステイナイト)
あたりの方が、数段レベルは高いと思います。






つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:47| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

日本ユースホステル史の源流13

日本ユースホステル史の源流13

つづきです。

 天幕講習が終わった頃、大豪雨となりました。
 安倍川の堤防が至るところで決壊し、市内の大半が水没しました。
 田澤義鋪は、安倍川水害予防組合の青年たちをひきいて奮闘しました。
 郡長みずから、胸まで水につかって陣頭指揮をしました。
 水が引いたあとは、堤防の復旧、罹災者の援護等に走り回りました。
 それは若き日の鍋島直彬の姿、そのままでした。

ren-12.JPG

 その時、静岡県理事官に任ずという転任の辞令が田澤義鋪のもとに届きました。
 栄転でした。
 しかし田澤義鋪は激怒し辞表を持って、県庁にのりこみました。
 知事は後年内大臣として活躍した湯浅倉平でした。

「閣下、田沢ではこの水害の善後策はできない、とお考えでしようか。私は、県の課長として使っていただくよりも、安倍郡長として、治水事業を完成させていただきたいのです。どうしてもそれがお許しいただけなければ、辞表を提出いたします」

 この態度に湯浅知事は、怒るでもなく、むしろ感動の気持ちをもって聞き届け、そのうえで組織の人事計画について語り、田澤義鋪を説得しました。田澤義鋪は、辞表を引っ込め、知事の説得を受け入れました。後年、この知事の引き立てによって、田澤義鋪は国会議員になることになります。

 明治四十五年七月三十日。
 明治天皇がお亡くなりになりました。

 それを偲ぶために神宮造営局の官制が公布され、大正四年四月から、総面積約二十二万坪、六ヶ年にわたる工事がスタートしました。この国民的な大事業の中枢、造営局総務課長に田澤義鋪が就任したのが、大正四年四月のことです。

 しかし、この工事は、物価高と人手不足のために難航しました。第一次大戦の勃発による史上空前の好景気におされて、労動力不足のために工事が全く進まなかったのです。担当者たちは、青ざめました。そこに田澤義鋪が解決案をだしたのです。

「この難局を地方青年団の労力奉仕でのりきりたい」

 しかし、この案を技術陣たちは鼻先で笑いました。

「素人に何が出来るんだ?」
「足手まといになるだけだろう」

 田澤義鋪は笑いものにされました。
 確かに素人は、足手まといになるかもしれない。
「しかし、青年団の実情を知っていれば、そうとも言えまい」
 というのが田澤義鋪の目算でした。

 明治維新前の青年たちには、仕事がありました。警備、消防、災害救助、神事、祭、公共事業、社会教育などの仕事です。彼らは、子供を卒業すると、自宅には寝泊まりせず、若者宿(若衆宿・郷中宿)で寝泊まりしました。そして、そこから仕事に出て行きました。結婚すると、自動的に若者宿(若衆宿・郷中宿)を出て行き、今度は大人(オトナ)と呼ばれる世界に仲間入りしました。明治維新がおきるまでの日本では、大人(オトナ)の世界と、若者組の世界の二重構造になっており、警察や祭礼や公共事業は、若者組の役割であり、家を守るのは大人組の役割でした。

 若者組は、治安維持や道路、橋梁の修繕、堤防の築造などのいろいろな仕事に対し、一人前として責務を果たさなければなりませんでした。しかし、子どもと大人の間の人生の多感な頃を同世代の者達と寝食を共に楽しく過ごしました。そして大人への仲間入りをするためのしきたりなどを学びました。

 彼らは、決して素人ではなかったのです。

「では、実験をしてみませんか?」
「実験?」
「ごく少数の青年団を上京させ、試験的に使ってみるのです。そして運用成績が良ければ、徐々に人数を拡大していくのです」
「実験?ですか?」
「ダメもとです。うまくいったら儲けものですよ。やってみましょう」
「そんな実験、やらなくても結果は見えてると思いますがねえ」

 こうして田澤義鋪は、なんとか会議をのりきり、かって安倍郡役所で苦労をともにした青年たちに連絡をとり、安倍郡の青年五十名をかき集めました。やがて青年たちは、田澤義鋪のもとにやってきました。みんな田澤義鋪を懐かしそうに「郡長」と呼びました。

「郡長、やって来ました!」
「郡長、お久しぶりです!」
「郡長、また一緒に働けますね!」

 青年たちは、その日から十日間、千駄ヶ谷の寺院に分宿して、作業に従事しました。
 ただし、作業だけではありませんでした。
 作業が終わると、寺院の宿舎で懇談会(ミーティング)を行いました。
 これが青年たちの一番の楽しみでした。
 この楽しみのために、上京したようなものです。

ge5.jpgge4.jpg

 懇談会(ミーティング)には、田澤義鋪の他に高木兼寛、吉田茂など、当代一流の名士が代る代るやって来て、青年と膝を交えて語ってくれました。これには青年たちも感激しました。この伝統は、後に日本ユースホステル協会が設立されたときにも受け継がれ、下中弥三郎や賀川豊彦や大宅壮一などの各界の名士たちが、日本ユースホステル協会の懇談会(ミーティング)に参加しています。

 そして、試験期間の十日が終わって、青年たちが静岡県安部郡に帰っていったあと、「素人に何が出来るんだ?」と言っていた造営局の技術陣たちは、その成績に驚愕しました。専門土工より、四倍から五倍のノルマを達成していたからです。

 有度村の奉仕団が引きあげると、
 つづいて安倍郡全体から別の二隊がやって来ました。
 もちろん成績は変りはありません。
 専門家の四倍から五倍のノルマを達成して帰って行きました。
 技術陣たちの見方が一変しました。
「土工は青年団に限る」
という声さえでてきました。

 こうして本格的に青年奉仕団の募集が発表。
 たちまち全国各地から申込みが殺到し、
 その受入の設備に悲鳴をあげました。
 二百八十余団体一万五千人、
 延日数十五万日の奉仕団が集まったのです。

of002.jpg

 そして各地から送られた青年たちが、仮設住宅に寝泊まりし、
 昼は勤労奉仕。夜は、懇談会(ミーティング)。
 そして修養的諸行事を行いました。

 この後、日本初のユースホステルが誕生することになります。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:46| Comment(0) | 日本ユースホステル運動の源流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする