2011年09月01日

雷滝

雷滝

11-8-28-7-01.JPG

11-8-28-7-02.JPG


滝の内側から滝が見えます。
http://www.mapple.net/spots/G02000093501.htm
松川渓谷の本流が雷鳴のように轟音を立てて落下しているので「雷滝」といい、滝の裏側を通り見ることができることから「裏見の滝」とも言われています。


11-8-28-7-05.JPG

11-8-28-7-06.JPG

11-8-28-7-07.JPG

11-8-28-7-09.JPG


落差30m、
川幅29m、
岸壁の高さ40m

山田牧場へ向かう、松川渓谷沿いの道路の途中にあります。
名の通り、滝の裏から流れ落ちる姿を見ることができます。

11-8-28-7-12.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





タグ:雷滝
posted by マネージャー at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 須坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性は、チャレンジャー?

今日から若い女性チャリダー(学生さん)が3連泊することになったのですが、あいにくの台風のために雨。
御客さんは、一人だけ。
受け入れる側としては、申し訳ない気分でいっぱいでした。
こっちの責任ではないにしても、
天気が悪い日に、自転車の御客さんがくると
受け入れる側も、申し訳ない気持ちで気分が重くなる。

そんな時、急に雨がやんで、青空がでてきました。
「よかった」
と、思って、食事を作っていたら電話がかかってきた。

「食事を遅らせたいんですが」
「今、どこですか?」
「つつじの湯です」
「えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

彼女は、チェックインしてすぐに、つつじの湯に自転車で行ったらしい。
で、帰りに大雨になったのだった。


北軽井沢ブルーベリーYGHから、つつじの湯まで車で25分かかります。
自転車だと、どのくらいかかるだろうか?
言っておきますが、つつじの湯までは山道です。
アップダウンが凄いのです。
しかも女性。
若い女性が、チェックインして、すぐに、つつじの湯まで自転車で往復したんです。
「唖然」
もいいところです。

若いって素晴らしい!

すごい馬力がある。
しかも雨の中を自転車で!
山道を自転車で!
もう、脱帽しましたよ!
もちろん、食事作りに力が入りましたよ。


そういえば、北軽井沢ブルーベリーYGHがオープンして、はじめて長野原草津口から北軽井沢ブルーベリーYGHまで歩いてきたのが、若い女性だった。4時間かかったそうです。初めて軽井沢から歩いて北軽井沢ブルーベリーYGHに到着したのも若い女性だった。こっちは8時間。初めて万座鹿沢口駅から歩いて北軽井沢ブルーベリーYGHに到着したのも若い女性だった。唯一の例外は、初めて車坂峠のバス停から歩いてきた男性客。こちらは、6時間だったらしい。

こうしてみると、若い女性は、案外チャレンジャーなのかも?


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2012以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

3キロ圏内、愛犬生きてた=福島

3キロ圏内、愛犬生きてた=福島

http://www.jiji.com/jc/p?id=20110901211911-1311352

福島第1原発から半径3キロ圏内の一時帰宅で、愛犬のジョンと再会した岡田紀子さん。ジョンは庭の井戸水を飲み、空き巣がこじ開けた玄関から中に入って、お菓子などを食べて生き延びたらしい=1日、福島県大熊町 【時事通信社】


すごいですね!
奇跡ですね!


しかし、ペットたちは可哀想ですね。
ちなみに政府がペット保護検討したのが4.21
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110421/dst11042123490057-n1.htm

しかし実際に活動したのは7月中旬のたった2日間
犬5猫15しか保護できなかった

住人と動物の避難は同時に行われるのが望ましいのに
国の対応が遅すぎたらしい
保護活動してる人たちは怒っていたとか





【原発10キロ圏内取材】消えた飼い主を探してさまよう犬



せつないですねえ。
かわいそうですね。
そして、こんなレポートも

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110819/dms1108190939000-n1.htm

 防護服に身を固めてはいるが「人の匂いが分からないと犬が怖がるから」と、簡易マスクと素手のまま、さまよう犬たちを探し求め、彼は原発至近へと向かった。原発周辺にいる犬たちは、全て飼い主が置きざりにしたのではない。

 「バスには乗せられない。避難先の体育館にも連れて行けない、すぐに戻れるんだから」

と、置いてきた動物たちも多い。

(略)

 行政は獣医師たちに暫定通行証を発行し、取り残されたペット対策を行ってはいるが、捕獲作戦が行われたのは、警戒区域への通行が禁止されてから、3カ月もたってからだった。

 給餌給水を義務づけ、遺棄と虐待を禁じた動物愛護管理法に、明らかに違反した行為ではないか。大熊町で餌をあげたシバイヌの群れ、飼い主のいない家を守って私たちに牙を剥き、捕獲できなかった犬たちの運命。それを思うと、やり場のない怒りで胸が激しく痛む。

 牙を剥きながらも、私たちの車をいつまでも追いかけ続けた、あの番犬。私の頬がまた涙でぬれた。










つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特設 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

有名なオラホの野菜バイキングの紹介

有名なオラホの野菜バイキングの紹介
http://www.yurarikan.com/ohlaho.html
小高い丘の上、巨峰畑の真ん中にある展望レストラン「レストランOH!LA!HO」。
8月は、野菜バイキングでした。

yurari-00.JPG

yurari-01.JPG

yurari-02.JPG

yurari-03.JPG

yurari-04.JPG

yurari-05.JPG

yurari-07.JPG

yurari-09.JPG

yurari-10.JPG

yurari-11.JPG

yurari-12.JPG

yurari-15.JPG

yurari-16.JPG

yurari-17.JPG

yurari-18.JPG

yurari-19.JPG

yurari-20.JPG


次はオラホランチ・ディナーバイキング
期 間 :平成23年9月24日(土)〜9月27日(火)


料 金 :  
大人 1,500円  
小学生 1,000円  
3歳以上 500円  
3歳未満   無料
※ソフトドリンク飲み放題 別途150円

テーマ :
丼!丼料理バイキング
色々な丼ぶりメニューがいっぱい

※要予約(電話で)


お問い合わせ先
レストランOH!LA!HO(オラホ)
tel:0268-64-0003


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 07:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 東御市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗報 放射性セシウム:土壌からほぼ全量回収可能…新技術を開発

放射性セシウム:土壌からほぼ全量回収可能…新技術を開発

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110901k0000m040119000c.html

 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は31日、土壌から放射性セシウムのほぼ全量を回収できる技術を開発したと発表した。汚染土壌に低濃度の酸の水溶液を混ぜてセシウムを抽出し、微粒子状の顔料に吸着させる。東京電力福島第1原発事故では、外部に放出された大量の放射性物質による土壌汚染が問題となっているが、この処理技術を活用することで放射性廃棄物を150分の1に減量できるという。

 研究グループは、福島県飯舘村の畑の地中から採取された汚染されていない土壌から放射性ではないセシウムを除去できれば、同様の方法で放射性セシウムも回収できるとして実験に着手。汚染されていない土と低濃度の硝酸水溶液を混ぜ、圧力容器内で200度で45分間加熱したところ、セシウムの100%抽出に成功した。温度が半分の100度でも約60%を抽出できたという。水溶液は繰り返して使える。

 さらに第2段階で、水溶液からセシウムイオンだけを取り込む青色の人工顔料プルシアンブルーを吸着剤に活用。粒径10ナノメートル(1ナノは10億分の1)の微粒子状に加工して円筒形の装置に詰め、この水溶液を2回循環させたところ、100%吸着できた。

 産総研の川本徹・グリーンテクノロジー研究グループ長は「土壌を傷めなくてすみ、抽出したセシウムを顔料で吸着できる。コストも安い。企業の協力を得て実証実験を目指したい」と話している。【安味伸一】

毎日新聞 2011年8月31日 22時27分





事実なら、凄いことですね。

これまで、土壌から放射性セシウムを除去する方法として、濃硝酸や濃塩酸を使う方法がありましたが、濃硝酸や濃塩酸は使えないですよ。

しかし低濃度の硝酸水溶液を使うのであれば、話は違ってくる。
しかも水溶液は繰り返して使えるとか。

ただし、200度にしないと100%の除去はできない。
このへんをどうするか?

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特設 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯アジア3次予選「日本×北朝鮮」 1-0 吉田ロスタイム弾

W杯アジア3次予選「日本×北朝鮮」 1-0 吉田ロスタイム弾



ホームで1点差って、どうしたんだ日本?
そんなに苦戦する相手なんだろうか?
本田と長友がいないと駄目なのか?

それにしても、北朝鮮は徹底した防御戦法でしたね。
北朝鮮のキーパーも凄かった
こういう相手に点をとれるチームでなきゃ。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 10:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

富士山なめていた…軽装登山の大学生ら4人救助

富士山なめていた…軽装登山の大学生ら4人救助

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110903-OYT1T00581.htm?from=main4

 3日午前4時頃、富士山に登山中だった広島市内の男子大学生(22)ら4人から「風雨が強くて身動きがとれない」と110番があった。

 静岡県警富士宮署の山岳遭難救助隊員らが約5時間後、8合目(標高約3250メートル)付近で4人を救助した。けがはなかったが、午前4時の富士山頂付近の気温は約8度。4人は、台風12号の接近は知っていたが、いずれもフリースにひざ丈のスパッツ、スニーカーなどの軽装で、「富士山をなめていた。申し訳ない」と話しているという。

 同署の発表によると、4人は高校時代の同級生で、「富士山のご来光を見よう」と、広島市内から乗用車で5合目に到着。3日午前1時半頃から登り始めたが、風雨が強まり、携帯電話で救助を要請した。

(2011年9月3日19時39分 読売新聞)






これは私の独断ですが、日本で一番つらい山が富士山。
(難しいという意味では無いですよ)
(登るのに辛いという意味です)

だから私は、富士山が大嫌い。
なのに過去に20回くらい登っている。
大嫌いなのに20回登っている理由は、
「富士山に連れてって!」
という登山の初心者が多いからです。

「つまんないよ、やめようよ。山小屋は狭いし、登りにくいし、空気は薄いし・・・・・・・」
「でも、富士山に憧れてるんです」
「それより槍ヶ岳の方が、面白いよ」
「富士山じゃ無いと駄目なんです。一生に一度で良いから日本で一番高いところに登りたいんです」
「・・・・・」

というわけで、嫌々ながら何度も富士山に20回も登ってしまった。






富士山で遭難か。よくあるんですよね。
で、富士山遭難をバッシングする人が大勢現れる。
しかし、このバッシングには、注意が必要です。
勘違いが多いからです。



>いずれもフリースにひざ丈のスパッツ、スニーカーなどの軽装で

これね、誤解されやすいんですが、
条件さえととのえば決して軽装というわけではないんです。
あと富士山は、登ろうと思えばスニーカーでも登れるんですよ。

(もちろんスニーカーでは怪我する可能性が高いのでやめた方が良い)

このへんが勘違いされやすいんですが、
条件が良ければ、富士山登山は軽装の方が良い。

理由は、山小屋が完備していることと、
下山道が、しっかりしていることです。
で、富士山を知ってる人は、

「何で山小屋に退避しなかった?」

と問うわけですが、大半の山小屋は、8月末に閉鎖します。
富士山の山頂は、9月初めが初雪だからです。
9月なら、たいていの山小屋が無人になっている。
だから、退避できなかった可能性があります。

だいたい富士山の山小屋は「登山家」が作ったモノでは無く
宗教関係者が作ったモノです。
他の山小屋と違うんですよね。
そのへんがわかってないと大きなミスを犯します。

富士山に登るには、山開きの7月1日から8月25日のくらいの間でないといけないんです。
この期間で無いと、山小屋が開いてない。
それに8月20日以降は、雪が降る可能性もある。



さて、山小屋の有る無しは、富士山登山にとって大きな意味をもちます。
補給とトイレと緊急避難に使えるからです。
つまり、軽装で登れるんですね。
ここが重要です!
富士山登山は、空気が薄いので軽装の方が有利だからです。

軽装なら4時間から6時間で頂上にたどりつける。
下山は、2時間もあればいいですから、日帰りも可能です。
しかし、重装備なら1泊2日になります。
山小屋泊となるので、高度障害になる可能性が高い。


よーするに、今回遭難した彼らの失敗は、

1.登山時期を間違えたことと、
2.ゴアテックスの雨具を持ってなかった
3.台風の時期に登ったことです。

実は、私も台風の時に登ったことがあります。
山小屋に2泊して写真を撮っているうちに台風が来てしまった。
そうなると、もう危険なんてものじゃありません。
生死をかける状態になる。
前進どころか、岩に張り付くので精一杯。

あと、ただでさえ空気が薄い富士山で
低気圧のために、もっと空気が薄くなる。
身体が、ますます動かなくなる。
こういう場合は、下山が特効薬。


というわけで危険を察知した私は、下山したわけですが、
途中、落石の危険にあっている。

しかし、下山は、アッという間に終わっています。
8合目から5合目まで2時間くらいです。
富士山の下山は、無茶苦茶はやいのです。

では、遭難した4人は、どうして下山せずに助けを呼んだのでしょうか?

1.下山道の位置が分からなかった。
2.低体温症になっていた。

ということなのでしょう。


あと、静岡県警富士宮署が、保護したことから見て
静岡口から登ったのも失敗の元ですね。
静岡口だと、頂上で無いと御来光は見えない。
距離も長いうえに、登山道も上りにくい。
山小屋も少ない。
そのうえ、台風の影響を受けやすい。
どうして、山梨側から登らなかったのか?

無知から生じた事故ですね。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山関係の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ああ勘違い・・・・男と女の言葉の違い

台風、たいへんだったですね。
こっちは吾妻線が止まってしまいました。
こういう時にも、泊まりに来てくれた御客さんがいました。
はるばる北海道から2名。
リピーターさんが2名。
そして若い女性の学生さんが1名。
ありがたいことです。

しかし、3連迫したチャリダーの女の子には、かわいそうなことをしました。
せっかく自転車をもってきたのに、ほとんど使えなかったからです。
で、その女の子を送迎することになった。

「送迎御願いします。台風で立ち往生してるみたい。バス停じゃないんだけれど、わかるかな?」
「どんな人?」
「若い女性で20歳くらい」
「特徴は?」
「髪の毛がボブ」
「五分刈り?」
「じゃなくて、ボブ」
「だから五分刈りのことだろ?」
「いや、ヘアースタイルがボブ」
「・・・・」
「・・・・」
「それって、とんねるずのマネージャーのことか?」
「はあ?」
「スポンジボブのことか?」
「あのね、髪の毛が肩までのヘアースタイルのことをボブっていうの」
「だったら、最初から、そのように言えよ紛らわしい」
「言ってるじゃない、ボブだって」

 私は言いたい。
 ボブって言われて、すぐに「ヘアースタイル」を思い出す男がいるだろうか?
 100人いたら、30人は、ボブ・サップを思い出すのではないだろうか?
 で、20人が、ボブ・ディランを思いだし、
 15人が、スポンジボブ。
 10人か、ボブ・ホーナー(大リーガー)を思い出すと思う。
 ヘアースタイルの名前を知ってる男なんているのだろうか?





 思えば、10歳年下の嫁さんと結婚してからというもの、
 こういう言葉の壁が、何回もあった。
 
 結婚した当初、嫁さんは、変な用語を使い始めたのだ。
 あきらかに私の男言葉が移ってしまった。
 嫁さんは、人に影響されやすい。
 それだけに嫁さんは、普通の女性が使わない言葉を使うようになった。

「意外な伏兵だ」とか
「見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ」とか
「やられちまった」とか
「★★マジックだー」とか

私に影響されて普通の女性が使わない言葉を使うようになった。
これには驚いた。
女性は、こんなにも簡単に男言葉を取り入れるとは。

(ただし、使用方法を間違えていることは多い)

しかし、私は、全く嫁さんの言葉に影響されないことに気がついた。

「なんだ、そのボブサップという髪型は、スキンヘッドみたいなものなのか?」
「ボブサップじゃない!」
「あ、五分刈りだっけ?」
「違う違う、ボブ!」
「だからボブサップヘアーのことだろ?」
「違うって!」

男言葉は、女にうつる。
しかし、その逆は無さそうである。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 2012以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

今週の土曜日には、シルマンウオークがあります

明日から、天気が良くなりそうですね。

今週の土曜日には、シルマンウオークがあります。
前日宿泊の方で連泊の方は、連泊割引(素泊まり1000円)が
ありますので御検討ください。



つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

久しぶりに湯の丸山に登ってみたら

台風が通り過ぎ、すごく良い天気になりました。
で、あんまりにも良い天気だったので
久しぶりに湯の丸山に登ってみたら、
秋の花が満開なのにびっくり!

リンドウ・マツムシソウは、今がピークですね。
アキノキリンソウやハクサンフウロもいっぱい。
紅葉の気配もしてきています。
湯の丸山で、これなら万座のリンドウの満開も近いかもしれません。

旧アゼリアの蕎麦屋は、もうオープンしないのかなあ。
今日も洗濯物が干してあった。
桟敷山林道も、良い感じです。
シルマンウォークに、桟敷山林道もいいかも。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 2012以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

日本、ウズベキスタンと引き分け 岡崎が同点ゴール



日本、ウズベキスタンと引き分け。
日本は、どうしちゃったの?
本田と長友がいないとだめなのかなあ?





敵地でドローだから、結果オーライとも言えますが、
決して誉められた試合じゃ無かったはず。
香川、がんばってくれ。
それからハーフナー・マイクをもっと早く投入してくれ。
もっとハーフナー・マイクを見たい!


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「中国」という「国」はない

素晴らしい動画を発見しました。
「中国」という「国」はない〜尖閣諸島の問題を機に〜
です。

史学科の人間なら、誰もが山鹿素行の「中朝事実」を読んでると思いますが、
日本で「中国」と言ったら、日本のことなんですよね。
シナ(チャイナ)のことではありません。


さて、動画の件ですが、武田邦彦さん、宮脇淳子さんの面白い解説が、非常に面白い。
というか、歯切れが良いですね。
この動画を見ると、目から鱗が出ると思います。
歴史好きの人には、物足りないかもしれませんが、
初心者には、わかりやすい動画です。ぜひ御覧下さい。


「中国」という「国」はない











満洲という「国」はあった!






つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 17:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おつかいするペンギン

凄い動画です。
おつかいするペンギン。
かわいいですよね。





これは、ペンギンの鬼ごっこ





アザラシを踏みつけるペンギン





ペンギンもオナラをする?






空飛ぶペンギン




ペンギン大喜び



つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

なでしこジャパン 北朝鮮と引き分け?

なでしこジャパン 北朝鮮と引き分け‎



どうしたのかなあ?
ちょっと調子が悪かったと思います。

男子もそうですが、
最近の日本サッカー、苦戦が多いですね。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月の池ノ平湿原1

池ノ平湿原に行ってきました。
マツムシソウとリンドウが、ピークでしたね。
それにしても9月の池ノ平は、美しいですねえ。

論より証拠。
とにかく写真をみてください。
全て、今日、撮ってきたものです。

11-9-8-02.JPG

これはヤナギラン

11-9-8-03.JPG

フウロ

11-9-8-04.JPG

マツムシソウはピーク

11-9-8-05.JPG

イワインチもピーク。
これは凄かった。

11-9-8-06.JPG

11-9-8-07.JPG

11-9-8-08.JPG

11-9-8-09.JPG

11-9-8-10.JPG

浅間山の火口も見えました。

11-9-8-11.JPG

11-9-8-12.JPG

11-9-8-13.JPG

11-9-8-14.JPG

11-9-8-15.JPG

11-9-8-16.JPG

リンドウもピーク

11-9-8-17.JPG

槍ヶ岳も見えました。

11-9-8-18.JPG

11-9-8-19.JPG

11-9-8-20.JPG

富士山も

11-9-8-21.JPG

11-9-8-22.JPG

11-9-8-23.JPG

11-9-8-24.JPG

11-9-8-25.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高峰−池ノ平湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月の池ノ平湿原2

池ノ平湿原に行ってきました。
つづきです。

11-9-8-26.JPG

11-9-8-27.JPG

11-9-8-28.JPG

11-9-8-29.JPG

11-9-8-30.JPG

11-9-8-31.JPG

11-9-8-32.JPG

11-9-8-33.JPG

11-9-8-34.JPG

11-9-8-35.JPG

11-9-8-36.JPG

11-9-8-37.JPG

11-9-8-38.JPG

これはヤナギラン

11-9-8-39.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 高峰−池ノ平湿原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

湯の丸山と白窪湿原

湯の丸山と白窪湿原です。
すっかり秋になってきました。
湯の丸山に登ってきました。

11-9-7-01.JPG

11-9-7-02.JPG

11-9-7-03.JPG

11-9-7-04.JPG

11-9-7-05.JPG

11-9-7-06.JPG

11-9-7-07.JPG


こちらは、白窪湿原。
湯の丸山の途中にあります。

11-9-7-08.JPG

11-9-7-09.JPG

11-9-7-10.JPG

11-9-7-11.JPG

11-9-7-12.JPG

11-9-7-13.JPG

11-9-7-14.JPG

11-9-7-15.JPG

11-9-7-16.JPG

ツリガネニンジン

11-9-7-17.JPG

キャンプ場です。

11-9-7-18.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

桟敷山林道いウオーキング

今週のシルマンウォークは、桟敷山林道でした。
天候に恵まれた素晴らしいウオーキングになりました。

11-9-10-01.JPG

11-9-10-02.JPG

糠塚山

11-9-10-03.JPG

カラマツの林道

11-9-10-04.JPG

11-9-10-06.JPG

11-9-10-07.JPG

11-9-10-08.JPG

桟敷山付近

11-9-10-09.JPG

11-9-10-10.JPG

11-9-10-11.JPG

11-9-10-12.JPG

11-9-10-13.JPG

センベイ平付近

11-9-10-14.JPG

11-9-10-15.JPG

11-9-10-16.JPG

11-9-10-17.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−桟敷山・小桟敷山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

なぜか熊野神社散策ツアー

なぜか熊野神社散策ツアー

今日は、北軽井沢は晴天だったんですが、軽井沢は霧だったようです。
やはり北軽井沢と軽井沢では気候が違うようですね。
北軽井沢の方が晴れやすい。
軽井沢は、霧がかかりやすいんです。

これは名物力餅のしげのや

11-9-11-01.JPG

11-9-11-02.JPG

熊野神社の狛犬。
貴重な文化財です。
となりに風車がありますが、
これも重要文化財。

11-9-11-03.JPG

この神社では、安政遠足という江戸時代のマラソン行事がありますが、
昔は市長が玉串奉納をやってました。
それを法律違反と抜かす馬鹿なやつが現れて、今は。
日本文化を解体してどうするのかと!

11-9-11-04.JPG

11-9-11-05.JPG

11-9-11-06.JPG

11-9-11-07.JPG

11-9-11-08.JPG

シナの樹です。
大木ですね。
これも文化財。
長野県の「信濃」というネーミングは、ここからきているらしい。

11-9-11-09.JPG

11-9-11-10.JPG

11-9-11-11.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 19:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 旧軽井沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

千ヶ滝・せせらぎの道散策

千ヶ滝・せせらぎの道しました。
ここのルートは、軽井沢で一番素晴らしい森林浴ルートです。

「せせらぎの小道」入口から千ケ滝までの案内標識。
ここから千ケ滝までの距離は1.5Km。

11-9-11-12.JPG

せせらぎ橋。
橋から渓流が眺められます。

11-9-11-13.JPG

11-9-11-14.JPG

この清流にはイワナも多く、クレソンも自生しています。
(採集禁止です)
途中、水遊び場もあります。

11-9-11-15.JPG

11-9-11-16.JPG

これが千ヶ滝。
落差30メートル。

11-9-11-17.JPG

11-9-11-18.JPG

このルートは、昔は、草津までの重要なルートでした。
今は、廃道となっていますが、
千ヶ滝までは、よく整備されています。

11-9-11-19.JPG

11-9-11-20.JPG

日本人は滝好きな民族ですが、実は最近、滝は健康に効果あることが分かっています。
滝によって体内の抵抗力が増すらしいのです。
そういえば、昔から沢登りする人の多くが長生きしますね。

11-9-11-21.JPG

11-9-11-22.JPG



つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





タグ:千ヶ滝散策
posted by マネージャー at 08:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 中軽−小浅間山・千ヶ滝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする