2020年01月13日

小正月(女正月)に思うこと

おくればせながら・・・明けましておめでとうございます。

 今年は、年末年始のカレンダーがよかったせいか、九日連続の満室を含めクリスマスから今日までの半月間、休みなしでした。やっと今日から休めます。宿屋は、今日からが正月です。嫁さんも息子を連れて、今日のお昼頃から里帰りしています。というわけで、がらーんとした広い館内で一人っきりではねを伸ばしています。

19-1-25-12.JPG

 本当ならおせちの残りで、日本酒の一杯でも飲みたいところなんですが、冷蔵庫は空っぽ。仕方が無いのでコンビニに行ったんですが、やはり正月の品揃えはなかったですね。世間は、正月なんかとっくに終わっているのでしょうね。しかし、宿屋の正月は、今頃なんです。

 で、思い出したのが、小正月っていまじぶんだったよなあ・・・ということです。昔は小正月のことを女正月ともいって、忙しく働いた主婦をねぎらう休日だったんですよね。いわば、宿屋の正月なわけです。それに気がついたとたん、宿を三日間休館することにしました。

 というわけで、今日から三日間、当宿は休館します。そろそろ体を休めないとぶっ倒れてしまう。

 話は変わりますが、息子が通っている嬬恋村の小学校には、冬休みの他に小正月休みがあります。1月11日から15日まで五連休なのです。観光地で、農家の多い土地のせいか、冬休みが明けてすぐに小正月休みがある。これって珍しいのではないでしょうか? 逆に言うと、宿屋としては、この時期に働いて儲けることを考えなくもないんですが、やっぱり宿は休館します。ごめんなさい。そろそろ休まないと体が持たない。そのための小正月なんだろうな・・・・。

19-1-30-05.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:54| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする