2009年03月24日

布引観音ツアー

布引観音ツアー

「牛にひかれて善光寺」の伝説の舞台となった寺が、布引観音です。 断崖絶壁にかかる観音堂(重文)に安置されているのが、牛に化身して、強欲な婆さまを善光寺に連れていき改悛させたという布引観音様です。

090322-1.JPG

■牛に引かれて善光寺物語

 布引観音の由来は、昔、無信心なお婆さんが白い布を木にかけて洗濯をしていると、急に現れた牛が、角に布を引っかけて走り去ったので、お婆さんが慌てて追いかけて布を取り返そうと引っ張ると、そのまま牛に引きずられてしまい。気がつくと長野市の善光寺まで来てしまいました。善光寺で牛は突然消え、お婆さんはその牛が仏様の変わり身だと気づき、無信心だったお婆さんはその日から、心を入れ替えて信心深くなったという話からきています。

090322-2.JPG

090322-3.JPG

090322-4.JPG

090322-5.JPG

090322-6.JPG



つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 20:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「牛に引かれて善光寺参り」というフレーズは聞いたことありましたが、由来を知りませんでした。

牛と言えば、
菅原道真を祀る神社にも、よくいますね。

由来は違えど、日本の神社と牛の取り合わせは、人々の大切な労力で感謝されてた証でもあるのですかね〜?
Posted by みわぼー at 2009年03月25日 22:29
これは「今昔物語」あたりが縁起の元になっているらしいですね。それほど善光寺は古いのです。しかも尼寺。全国でも珍しい女性のお寺です。そして霊場でもあります。

 あと、牛でならないといけない理由として、布をひっかける角(つの)がないといけない。そして老婆が追いかけられる速度でないといけないのですよ。


Posted by マネージャー at 2009年03月26日 14:05
『今昔物語』ですか…!
尼寺であったことも、恥ずかしながら、マネージャーさんのコメントで初めて知りました。

 確かに、稲荷のキツネでは、布を引っ掛けられませんねぇ…。

 せいぜい、ドジョウを盗むくらいか…って、それは、新見南吉の『ごんぎつね』ですね。

 失礼!
Posted by みわぼー at 2009年03月28日 20:45
善光寺が尼寺である理由の一つに霊場であったことが重要ですね。昔から霊力は、男よりも女にあるといいますから。男は修行がないと霊力はないですが、女性には天性の力があったりしますからね。
Posted by マネージャー at 2009年04月02日 01:15
今、まさに
善光寺に来ていて
『牛に引かれて善光寺』
の由来を調べてたどり着きました。

勉強になりました!!
ありがとうございました♪
Posted by 通りすがり at 2009年07月28日 12:52
また、通りすがってくださいねw
Posted by マネージャー at 2009年07月29日 01:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック