2009年08月14日

あさまやまの鳴く頃に06

あさまやまの鳴く頃に06

 ヘルパー麻生さん。
aso.jpg
 昔、フランスに行っていたらしい。
 フランスのワインと料理にあこがれて。
 しかも、三つ星レストランで食事もしたらしい。
 すごいですね。

「いくらかかりました?」
「4万円くらいかなあ、ワインを別にして」
「・・・・」

 すげー!

 こう言ってはなんだが、軽井沢の4千円のコース料理に
 びびっている自分が情けなくなった。
 もし仮に宝くじが当たって3億円が手に入ったとしても
 私は、牛丼を食べている可能性がある。
 せいぜいスシローの回転寿司が関の山。
 貧乏性は、死ぬまで直らないでしょうね。

 もちろん御仕事で軽井沢の4千円のコース料理を食べることはありますが、それは御仕事ですからね。味とレシピを盗むために出かけるんであって、決して趣味で食べるわけではありません。あと、嫁さんの料理の腕を上げさせる目的もあります。美味いものを喰わせないと、料理の腕があがりませんから、わざわざ評判の料理を食べさせに行きます。宿屋をやってなければ、外食しても牛丼並がいいところだったでしょう。

 話は変わりますが、実は、ヘルパー麻生さんと私の
 年齢差は、そんなにありません。
 歳が近いんですよね。

 で、両方ともユースホステル大好き人間。
 昔からユースホステルを使って旅をしてました。

 けれど進化の枝分かれによって、
 ヘルパー麻生さんはフランスへ!(上品)
 私は、アウトドアへ!(下品)

 どうりでヘルパー麻生さん、上品だと思った。
 ヘルパー小林さんも、上品だし。
 今年のヘルパーさんたちは、なにか上品です!

00595531F6738.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック