2009年08月16日

トムラウシ山遭難事故と百名山7+α

クリフハンガーさん
貴重な情報ありがとうございました。

さて、みなさん、驚愕のニュースです。
恐るべき事が判明したようです・
まず下記の読売新聞ニュースを読んでください。

>大雪山系遭難1か月、ガイドらテント持たず野営
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090816-567-OYT1T00077.html


山頂付近でビバークしたガイドは、
テントを持ってなかったらしい。

このニュースソースは、本当なのか?
ちょっと信じがたい。
あまりにも常識はずれなので、悪いですけれど、
ニュースソースを疑ってしまっている自分がいます。

> 一行のうち低体温症で動けなくなったツアー客らの一部が山頂付近でビバーク。
>しかし、簡易テントを持参していたガイドが下山したため、0度近い風雨の中で
>救助を待っていたという。


これが本当なら、テントなしで、どうしてビバークを決断したのか?
自殺行為でしょう。
いや、その前に、なぜテント無しで出発したのか?

??????

下山したガイドが持ってた?
そんな馬鹿な?
それを信じろというのですか?
持っててもツェルトでしょ?

だいたいテント無いのにどうして山頂に2時間停滞したのか?
何をやってたんだ?
無駄時間使う間に、どうして背負って小屋に引き返さない?

もし簡易テントを持ってたなら
なぜ簡易テントを出さない?
簡易テントで休息場所をつくらない?
いったい何があったのだろう?


>その後、登山道整備業者が非常時用に残していた大型テントと毛布、
>ガスコンロなどの装備品を、付き添っていたガイドが偶然発見。
>テントに入った5人中3人は湯を沸かして体を温め、無事救助されたが、2人が死亡。
>テントから数百メートル離れた場所にいたガイドとツアー客の2人も凍死しているのが見つかった。


テレビに映っていた、あのキャンプ用テントは、
登山道整備業者が
置いていったもの
だったのか.....orz。

それを偶然見つけたのか.....orz。

もし、偶然見つけてなかったら全員死んでいた!
なんという間抜けな、
なんという馬鹿な、
いや、ちょっと、このニュースソース、
本当に事実なんでしょうか

事実なら、とんでもないことだが、
そんなことあるのかなあ。
そんなレベルの人間が山屋やってるとは、にわかには信じがたい。



> また、ガイドは16日に天候が回復すると判断していたが、
>2日前の14日に携帯電話の天気予報サイトの情報を確認しただけ。
>捜査幹部によると、出発後に強風がやむと判断していたことも
>正確な情報に基づいていない可能性が高いという。


おいおい、ちょっと待ってくれ。
それ、本当ですか?
マジですか?

一度も気象通報聞いてないんですか?
ひょっとして天気図書けないんですか?
書けないなら、どうして札幌支社に電話して天気を聞いてない?
どうして支社に指示を仰がない?


>2日前の14日に携帯電話の天気予報サイトの情報を確認しただけ。

これ、本当に本当?
マジですか?

三人もガイドがいて、どうして、こんなことになっているのか?
いや、ガイドなんて、最初から一人もいなかったのか?
みんな会社から言われたとうり動くロボットだったのか?

いや、ガイドを責めまい。
なんで、会社は、この人選をしたのか?


一つだけ分かったことがあります。
なんで彼らが、あの重いキャンプ用テントを使ってビバークしていたかが。
登山道整備業者が、非常用に置いていったものなら理解できる。
逆に、このガイド会社は、登山道整備業者以下のレベルだったんだなあ。


追伸
http://www.asahi.com/national/update/0814/TKY200908140145.html
偶然見つけたテント、命つないだ トムラウシ山遭難

> その後の調べで、北沼から下山方向に約30分歩いた南沼
>キャンプ指定地に業者が保管していたものと判明した。
>業者によると、テントはブルーシートに包まれ、毛布、
>携帯ガスコンロなどと一緒にあった。全部で3張りあったという。

> テントの保管場所の前後では、男性客1人と女性客3人が死亡
>した。業者は「偶然にもテントが人の命を救うことに役立って
>良かった。全部使って、全員助かってほしかった」と話している。

救助連絡が、もっと早くに伝われば、ひよっとしたら
整備業者の通報で、このテント3つを使って全員が
助かった可能性もありましたね。惜しい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 登山関係の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の新聞に出てましたね。
引き際を誤った以前に山に入る以前の問題だったとは・・・

こりゃガイドの国家資格化とかツアー会社の登山ツアー有資格化とかの動きが有るかもしれませんなぁ。
Posted by fog at 2009年08月16日 23:21
コメントを書きたくとも、まさに
コメントにならない気持ちです。
.....orz 本当にこうなります。
Posted by 俊にゃん at 2009年08月17日 09:44
fogさん
まだ、警察発表(リーク)の段階なのでニュースソースの正確さに疑問が尽きますが、もしですよ、もし、これが事実なら、とんでもないことになりますね。重い刑事罰を追求されるだろうなあ。


Posted by マネージャー at 2009年08月17日 22:12
俊にゃんさん
最初は、赤信号に気がつかないで、横断歩道を渡ってしまって不幸になった人かと思いましたが、ちょっと違ってきましたね。警察のリークが事実なら、信号を無視して突っ込んでいったダンプカーみたいなものになってしまう。はたして真実は?
Posted by マネージャー at 2009年08月17日 22:16
2日目まではネパール人シェルパ(エベレストにも登った元シェルパ頭)が荷物持ちしてたって情報もチラホラ出てますね。
この人を呼べなかったんですかねぇ。
ネパール人シェルパの役割は旭岳〜ヒサゴ沼の往復と非難小屋で場所取りとかなんとか。

未確認情報ですが、これが確定するとそれこそとんでもない話になるでしょうね・・・
Posted by fog at 2009年08月18日 12:43
をいをい
なんなんですか これは!
事実だとしたら,重過失致死になるのかな?

テントの中で亡くなってたおばちゃん
初日からゲーゲーやってたらしいけど
そのハナシをしたら,勤め先の同僚が
「高山病や!」と言い切ってましたよ。
そんな人を悪天候の中連れ回したあげく…

ちゃんとした準備と装備で山歩きを楽しんでいる人たちへの
妨害行為以外のなにものでもありませんね。

ところで,文藝春秋9月号に岩崎元郎さんがこの事件について
文章書いておられます。
マネージャーはお読みになりましたか?
Posted by bobcat at 2009年08月19日 00:39
管理人様

検証御苦労様です。
以下の記事が出ていましたので。

≪記事≫大雪山系遭難1か月、ガイドらテント持たず野営

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20090816-567-OYT1T00077.html

一行のうち低体温症で動けなくなったツアー客らの一部が山頂付近でビバーク。しかし、簡易テントを持参していたガイドが下山したため、0度近い風雨の中で救助を待っていたという。その後、登山道整備業者が非常時用に残していた大型テントと毛布、ガスコンロなどの装備品を、付き添っていたガイドが偶然発見。テントに入った5人中3人は湯を沸かして体を温め、無事救助されたが、2人が死亡。

テントから数百メートル離れた場所にいたガイドとツアー客の2人も凍死しているのが見つかった。


bobcat様
「テントの中で亡くなってたおばちゃん」と吉川ガイドは、テントの中ではなく、数百m離れたところで凍死で亡くなっておられたようです。
テントの中には多田ガイドを含む計5人だけです。二人は亡くなっておられます。

「テントの中で」は違うようなので書き込みました。

失礼しました。

Posted by tukakke at 2009年08月21日 16:51
tukakke さん
最後までテントには入れなかったんですね。ほんとうに可哀想ですね。
Posted by マネージャー at 2009年08月22日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック