2009年11月10日

森繁久彌さんが死去!

http://www.sanspo.com/geino/news/091110/gnj0911101934019-n1.htm

映画「夫婦善哉」やテレビドラマ「七人の孫」などで知られる俳優で演劇界初の文化勲章受章者、森繁久彌さんが10日午前、東京都内の病院で老衰のため死去した。96歳。

 森繁さんは7月22日、夏風邪をひき熱が出たため、検査をかねて都内の病院に入院。いったんは平熱まで熱が下がったが、痰(たん)が絡む症状がみられたため、入院を続けていた。

 森繁さんは2002年12月に、滞在先の沖縄県で心筋梗塞(こうそく)で倒れ、一時危険な状態に陥ったが、回復。その後は月に1回程度、かかりつけ医の訪問診察を受け、健康に気を使っていた。

 夏までは「96歳なりの生活、元気さ」(所属事務所)を保ち、NHKの大相撲中継を楽しんだり、日本を代表する指揮者、故朝比奈隆さんが指揮するクラシック音楽のDVDを見るなどして過ごしていたという。


以上、引用おわり!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

正直言いまして、ショックでした。
何も手がつかないほどにショックでした。
というのも、私は
森繁久彌さんの大ファン
だったからです!

ああ、また一つ昭和が消えていく.....orz


この衝撃は、鶴田浩二さんが死んだとき以来だなあ。
御冥福をお祈り致します。





ゴンドラの唄 森繁久彌
生きるの主題歌です





森繁さんの歌の代表曲といえばやはり
知床旅情ですね
北海道ファンなら誰もが歌えます。
もちろん私も




オホーツクの船唄・知床旅情


で、森繁さんで思い出すのが、満州映画。
そして、彼が最も尊敬した男が、
甘粕正彦
でしたが、これはテレビや新聞報道ではスルーされるだろうな。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:32| Comment(3) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知床旅情が好きです。
長生きでしたね。
甘粕正彦さんのことを余りよく知らないのですが、親交があったんですね。
時代が移り変わっていくのは当然と言えば当然なのですが。。。ね。。
Posted by ささらー at 2009年11月11日 11:43
満鉄の甘粕大尉、満鉄映画の立役者にして、関東軍の参謀、八紘一宇で国柱会(宮沢賢治)その辺の歴史を調べていくと日本の裏の歴史が見えてきます!
Posted by 進之助 at 2009年11月11日 19:46
>甘粕正彦さんのことを余りよく知らないのですが、

この人には、2つの評価があります。まずアナキストの大杉栄を殺害した犯人としての評価。そして犯人は甘粕大尉ではないとする説。現在となっては真相の検証は困難でしょうが、軍隊嫌いで有名な森繁久弥氏などの満州映画関係者たちは、フェミニストでもあり、平等主義者でもある甘粕氏を信奉してていました。きっと何かを知っていたんでしょうね。その歴史の証言者が、亡くなりましたから真実は闇の中に。

Posted by マネージャー at 2009年11月12日 06:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。