2009年12月04日

「科学」「学習」が休刊へ

「科学」「学習」が休刊へ

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20091203-OHT1T00189.htm

 学研ホールディングスは3日、学習雑誌の草分け的存在で学年別小学生向けの「科学」と「学習」を2009年度末までに休刊することを発表した。

 「科学」(月刊)は来年2月発売の3月号で、「学習」(季刊)は今月発売の冬号で休刊。同社は休刊の理由について、出版不況に加え「少子化という社会構造の変化や子供たちの価値観が多様化したことで、学年別雑誌が時代のニーズに合わなくなってしまった」としている。

62211c4b99.jpg

DSC04961.jpg

残念だなあ。科学と学習が廃刊ですか。科学と学習、子供の頃は御世話になりました。小学校の時に学校で買いました。本屋さんが毎月売りにきていて、廊下で買った覚えがあります。

 私は、科学と学習の両方を買ってもらっていましたが、科学だけ、学習だけの子供たちも多く、科学派・学習派で2大派閥に別れて抗争していましたね。だいたい男の子は、科学派で、ゲルマニュウムラジオを造ったり、いろんな実験をして遊んでいました。

 学習派の人たちは、もっぱら勉強の付録が多くて、それを真面目にやっていました。買っているのは女の子が多かったですね。

gakusyu.jpg

 私自身は、どっちも好きで、密かに学習のファンでした。というのも読みごたえのある厚さだったのと、付録にオカリナがついていて、それが、いたく気に入っていたからです。あと、機械式計算機も気に入りましたし、粘土工芸セットや、勉強すごろく。回答の正解が出ると、もう一回サイコロをふることができるんです。





あれが、廃刊になるのは寂しいなあ。
ちなみに、小学生シリーズも廃刊になっているらしい。

20091026_1138953.jpg


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 17:44| Comment(3) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませていただいています。科学と学習が無くなるなんてショックですね。私も学習派でした。銅鐸を粘土と型で作るセットや、分数ゼリーなんかを作ったり、日光カメラも楽しかったです。

でも、密かに科学を買っている人が羨ましかったりしました。
Posted by さかい at 2009年12月04日 18:25
科学が楽しみでした。なんと言ってもふろくですよね。学研のHPにも「科学のふろく」ミュージアムというページがありますが、他にも検索すると懐かしいふろくをまとめたページが見つかります。例えば、http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page194.html
科学のふろくのデザイナーになりたいと思ったこともありました。
Posted by Aki at 2009年12月04日 22:40
さかいさん
Akiさん

私は、両方を買っていたのですが、科学も学習も楽しかったなあ。毎月待ち遠しかったです。ちなみに、はじめ人間ギャートルズの連載は、科学だっろうか? 学習だったろうか? あの冊子も付録もとっておけば良かった。

http://homepage2.nifty.com/mtomisan/page194.html

このサイト、いいですねえ。60年代が匂ってきます。私は70年代なのですが、懐かしい。





Posted by マネージャー at 2009年12月05日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。