2010年06月02日

尻焼温泉−関晴館

尻焼温泉−関晴館

90sekizen-2.JPG

 尻焼温泉は平家の落人が見つけたとされる温泉で、嘉永年間の地図には既に温泉の記載があります。長笹沢川の川底から源泉が湧き出している温泉で、温められた石に腰を下ろして痔を治したこと(尻を焼く)が名前の由来とされています。日帰りのお客様の入浴時間は午後12時30分〜午後4時となっております。

子供 300円
大人 500円

 尻焼温泉の源泉は湧出量が豊富なため、どのお風呂も源泉かけ流し。ただし、泉温が高いので入浴に適温にするため、常時加水をしてます。尻焼温泉の湯元です。ちなみに昔はユースホステルだったことも。

90sekizen-1.JPG

〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町大字入山1539 尻焼温泉関晴館
電話: 0279-95-5121
FAX: 0279-95-5070


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:33| Comment(0) | 六合村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。