2010年08月03日

コメントより

コメントより

滝壺に落ちて,発見場所まで流されたようです。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100802/dst1008021921006-n1.htm

ダンナ曰く…しょせんはトップ屋┐(´д`)┌

前後見境なく,努力と根性でなんとかしようとしたんでしょうね。
(日本人の悪いクセです)
「自然は怖いもの」ってことを忘れてるんやないかと
怖いってことわかったうえで,挑むのが山やないかと思うんですが
間違ってるでしょうか?

Posted by bobcat at 2010年08月02日 23:46


bobcatさん、情報ありがとうございました。
リンク先の情報によると2人とも水死ですね。

これで装備が問題だったことがはっきりしました。

鉄砲水でもでたのか、滑落で2人とも水死か。
ちなみに水温は何度だったのか?
18度以下ならウエットスーツがないとキツイ。

それはともかく、奥秩父の沢は、素人が行けるところじゃない。
よく、そんなところに取材に行こうと思ったなあ。
あそこを知ってる人なら、誰もが尻込みすると思うのだけれど。
ましてや、前日、豪雨がふっていたなら。


あと気になる点が一つ。

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20100802ddlk11040167000c.html

日テレの人は、ガイドの首を切ってるんですよね。
なぜ、首を切ったのか?
せっかくガイドが同行を申し出たのに、
どうして辞退されたのか謎ですね?


それにしても、あそこから現場に向かうのは、
素人なら死にに行くようなものだよなあ


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




ラベル:コメントより
posted by マネージャー at 22:01| Comment(8) | 登山関係の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水温は夏でも5〜6度らしいです,ぬれたらひとたまりもないかも?

トムラウシ山遭難事故調査報告書
シロートの私でも,ガイドの皆さん達の山を愛する気持ちが伝わってきて感動モノですよね。

トムラウシ山で行方不明になってた61歳のおっちゃん
捜索打ち切りになったそうです。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/244434.html
また ヒグマのエサですか_| ̄|○
Posted by bobcat at 2010年08月04日 01:11
>水温は夏でも5〜6度らしいです,

ああ、それじゃ死にますね。
死にに行くようなものです。

しかし、そうなるとガイドの責任もでてきますよ。
最初から、軽装備の素人を入れてはダメですよ。
途中までとは、言えどうして連れて行っちゃったんだろう?
というか、本当に本物のガイドさん?
Posted by マネージャー at 2010年08月04日 10:21
カメラマンの方は、学生時代、山岳部出身だったそうですね。

それゆえの過信があったんですかね…?

でも、本当に山の怖さを知ってる人だったとしたら、その判断の背景には、番組に間に合わせないととか、局内では山岳取材の中心人物だったそうですから、何がなんでも、映像を撮らなくては…!というプロとしての沽券とかが判断を狂わせたのでしょうか…。

ガイドの人も、なまじ、カメラマンが山を知ってる人だから、と、強く引き留めるには、弱気になったんでしょうか?

素人の推測に過ぎませんが…。
Posted by みわぼー at 2010年08月04日 11:31
ガイドさんはイケメンです↓
http://www.alpine-guide.jp/top/profile.html

マスゴミの人は自分のやってることが正義だと信じて疑わんとこがあるので
強引ですし…うまいこと相手を言いくるめてすきにやっちゃうところがあるので
(尾根に行くとウソついて,結局沢に行っちゃってますから)
ガイドさんも被害者かもしれませんよ。

Posted by bobcat at 2010年08月04日 21:57
みわぼーさん
>何がなんでも、映像を撮らなくては…!
>というプロとしての沽券とかが判断を狂わせたのでしょうか…。
そのへんが不思議なのです。
よく調べれば、簡単に行ける場所でないことはわかっていたはず。
とくに奥秩父は、丹沢あたりとまるで違うわけですから。


bobcatさん
まあ、謎が多い事件ですねえ。
>(尾根に行くとウソついて,結局沢に行っちゃってますから)
このへんも、どうして嘘をつく必要があったのか?
不思議と言えば不思議です。

Posted by マネージャー at 2010年08月04日 22:12
> どうして嘘をつく必要があったのか?

「トップ屋だから」です。
マスゴミの取材って,真実を取材してそれを編集するのが本筋やけど
最初から「こーゆー報道をしたい」って頭の中で絵コンテ描いてて
それにあわせて,絵(写真や動画)を撮るってことはよくあること(ある意味 ねつ造)。
どーしても「バンキシャ!」で地上から見たヘリの墜落現場を撮りたかったんでしょーね。

ガイドさんが,無理だろうけど口でゆーてもわからんやろから
納得させるために,午前中(無難なところの)沢までいっしょにいったでしょ?
それを2人は「無理したらなんとかなる」と考えてしもたんでしょう。
ガイドさんが沢へ行くのは危険だってゆーてたので,止められるとうるさいので
ウソついたんですよ…警察にチクられるのもいやだったでしょうし
…警察は「山へ入るな!」ゆーてたわけですから。
Posted by bobcat at 2010年08月04日 23:24
追加情報
地元民がヘリの事故現場の写真撮ってたらしいです。
しかし 地元民ってスゴいですね。
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080401001005.html
Posted by bobcat at 2010年08月05日 01:29
>地元民がヘリの事故現場の写真撮ってたらしいです。
>しかし 地元民ってスゴいですね

たしかに地元民最強なことは確かですよ。
私も地域限定で最強です。

そして沢にかんしては、山屋より釣り人の方が最強ですね。
危険は滑落や鉄砲水だけでなく、
熊もいますから、何度も熊と戦ったりしています。
私自身、今年だけで、17回も熊と会っていますしね。

ガイドをたのむなら、そういう人を頼んだ方がいいと思いますが、
よく考えてみたら絶対に引き受けないなあ。
危険を知っているだけに、断るのは目に見えている。

Posted by マネージャー at 2010年08月05日 07:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。