2011年03月18日

被災者の皆さんへの助言

エバさんから

以下、引用です。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
群馬のスキー場は閉鎖して、避難民を受けいらるそうです。
ブルーベリーも一般営業を中止して、避難民の池入れをするのでしょうか?
全国のユースホステルはこういう時こそ、力を発揮すべきですよね。
応援してます。
Posted by エバ at 2011年03月18日 13:02
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−以上、引用終わり

残念ながら、うちは別の方向で動きます。
ここは寒冷地なので、3月末まで被災者には厳しい環境です。
ここまでくるなら、むしろ、停電の無い軽井沢の方がいいでしょう。
今は、水面下で村と折衝をはじめている状態です。
ただし、緊急事態があったら別です。
たよってもらっていいです。
まずは連絡を!

とにかく被災者の皆さんは、日本ユースホステル協会の発表をまってください。



被災者の皆さんへの助言です。

現在、自治体が、受け入れ準備が全く出来てないにもかかわらず
自治体の議会が支援を決めると、
マスコミが勝手に報道してしまうケースがあります。

受け入れ準備ができてからの報道なら問題ないのですが、
準備も無いまま報道されると、
被災者の皆さんは、そこに殺到しても
自治体は、何も準備ができてなくて
被災者の皆さんが路頭に迷うというケースもでてきます。

避難する前に、問い合わせてください。
関東地区は、停電があったり、ガソリン・灯油がなかったり、
除雪もできないでいる状態などで、
議会が、勝手に決めても、すぐには動けないケースがあります。
下手にマスコミを信じて動くと、とんでもないことがおきます。


まず、マスコミを鵜呑みにせずに、
自分で裏をとってください。
避難する前に連絡を!

(ごめんなさい、これ以上は私の口からは・・・・orz)
(あとは察してください)



日本ユースホステル協会では、長期受け入れのために奔走しています。
バックは、文部科学省です。
子供を救うのが第一任務の文部科学省です。

予算的措置もとられつつあります。
そのうえで日本ユースホステル協会は
充分に準備された最適な環境を整えた施設を募集しています。
施設側も、準備している状態です。

あと、その前に国営の施設が、動きます。
ユースホステルの動きは、第2弾です。

観光施設は、国土交通省の管轄になります。
こちらは、めだった動きはありませんが、
自治体が積極的に動いています。
(政府は、はやく動いてください、御願いします)


ただし、東京都ユースホステル協会は、独自に動いています。
隅田川ユースホステルは、すでに受け入れを開始しています。
東京は、暖かいので、避難には適しています。
寒冷地への避難は、受け入れ準備が整うまで待った方がよさそうです。

あと、中部電力の地域は、停電が無いので暖房が止まったり、
ボイラーが止まったりしません。

あと、計画停電にも、停電する場所と、しない場所があります。
嬬恋村の例でいうと、うちは確実に停電します。
すると、オイルサーバーが止まり、
停電解除後も、復旧に時間がかかって、
すぐには暖房が開始しません。
お湯もしかりです。
水道管も凍結して、水もでなくなります。

ところが、どういうわけか万座鹿沢口の駅近くでは、停電しません。
そちらの宿は、大丈夫なのです。


これは東京でも、おなじ現象がおきています。
停電する場所と、停電しない場所があります。



つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 14:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 特設 被災者の疑問を調べます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
政府ははやく動いてください。お願いします。
確かに、日本のリーダーたちが率先して引っ張ってくれなければ統制がとれませんね。
この際、期待して見守って待ちましょう。
マスコミに惑わされると、新燃岳のことも、長野の地震も
忘れ去られてしまいそうですね。
Posted by エバ at 2011年03月18日 13:51
おっしゃる通り、三重県(東海地方)での生活にはなんら支障はありません。
ただご時世でしょうか・・・。近所のスーパーでは、米、水、懐中電灯、単一電池等は売り切れ。トイレットペーパー、ティッシュペーパーは品薄ですが、制限付きで購入可。ガソリンは制限なし購入可です。

私ができることと言ったら義援金の募金ぐらいですが・・・。
一刻も早く政府、自治体による強い力で、統制して支援を行って欲しいです。

自分でネタを提供したので調べてみました。

愛知県
http://www.pref.aichi.jp/0000039498.html

名古屋市
http://www.jkk-nagoya.or.jp/siei/hisaisaretakata.html

でも、受付は今日という・・・。
被災地から愛知県まで出てこれる人っていうのは、こっちに親戚がいるか、比較的被害の少ない人か・・・。ここまで来るのが大変ですよね。
Posted by toshie at 2011年03月18日 16:47
エバさん
toshieさん

レスは、本文で
Posted by マネージャー at 2011年03月18日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック