2011年09月04日

ああ勘違い・・・・男と女の言葉の違い

台風、たいへんだったですね。
こっちは吾妻線が止まってしまいました。
こういう時にも、泊まりに来てくれた御客さんがいました。
はるばる北海道から2名。
リピーターさんが2名。
そして若い女性の学生さんが1名。
ありがたいことです。

しかし、3連迫したチャリダーの女の子には、かわいそうなことをしました。
せっかく自転車をもってきたのに、ほとんど使えなかったからです。
で、その女の子を送迎することになった。

「送迎御願いします。台風で立ち往生してるみたい。バス停じゃないんだけれど、わかるかな?」
「どんな人?」
「若い女性で20歳くらい」
「特徴は?」
「髪の毛がボブ」
「五分刈り?」
「じゃなくて、ボブ」
「だから五分刈りのことだろ?」
「いや、ヘアースタイルがボブ」
「・・・・」
「・・・・」
「それって、とんねるずのマネージャーのことか?」
「はあ?」
「スポンジボブのことか?」
「あのね、髪の毛が肩までのヘアースタイルのことをボブっていうの」
「だったら、最初から、そのように言えよ紛らわしい」
「言ってるじゃない、ボブだって」

 私は言いたい。
 ボブって言われて、すぐに「ヘアースタイル」を思い出す男がいるだろうか?
 100人いたら、30人は、ボブ・サップを思い出すのではないだろうか?
 で、20人が、ボブ・ディランを思いだし、
 15人が、スポンジボブ。
 10人か、ボブ・ホーナー(大リーガー)を思い出すと思う。
 ヘアースタイルの名前を知ってる男なんているのだろうか?





 思えば、10歳年下の嫁さんと結婚してからというもの、
 こういう言葉の壁が、何回もあった。
 
 結婚した当初、嫁さんは、変な用語を使い始めたのだ。
 あきらかに私の男言葉が移ってしまった。
 嫁さんは、人に影響されやすい。
 それだけに嫁さんは、普通の女性が使わない言葉を使うようになった。

「意外な伏兵だ」とか
「見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ」とか
「やられちまった」とか
「★★マジックだー」とか

私に影響されて普通の女性が使わない言葉を使うようになった。
これには驚いた。
女性は、こんなにも簡単に男言葉を取り入れるとは。

(ただし、使用方法を間違えていることは多い)

しかし、私は、全く嫁さんの言葉に影響されないことに気がついた。

「なんだ、そのボブサップという髪型は、スキンヘッドみたいなものなのか?」
「ボブサップじゃない!」
「あ、五分刈りだっけ?」
「違う違う、ボブ!」
「だからボブサップヘアーのことだろ?」
「違うって!」

男言葉は、女にうつる。
しかし、その逆は無さそうである。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 2012以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>髪の毛がボブ
私もこれでは分からないと思います。
ひょっとすると初めて聞いたかも?

>髪の毛が肩までのヘアースタイルのことをボブっていうの
『そうなんですか?全然知りませんでした。』
というのが正直な意見です、ハイ。

Posted by マサ at 2011年09月05日 22:56
米倉涼子の髪型っすよ。
Posted by fan at 2011年09月06日 00:44
米倉涼子?
ああ、交渉人の人ですね。
それならわかる。

まあ、普通の男には難しい専門用語ですね。
Posted by マネージャー at 2011年09月06日 22:59
ちょっと違いますね。前髪もまっすぐなんです。
後ろは真っすぐでも毛先は内側にカールしてて
ワタスキの姉さん見たいな!? ああ「おかっぱあたま」 似てる!
Posted by エバ at 2011年09月07日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック