2006年08月17日

台湾からの助っ人1

久しぶりにブログを書きます。
今年は、ヘルパーさんを希望する人が極端に少なかったので、
ついに台湾からの留学生さん(女性)を採用しました。

応募してきたのは陳さん。
メールで、辛いぞ、厳しいぞ、金にならないぞ、
とさんざん脅してみたら、5日間くらい返事が無くて、
5日目に『でも、やりたい』と返事が来ました。


そこで採用。
後で、なんで、北軽井沢ブルーベリーYGHに応募したのか?
と聞きました。すると、
「★が四つだから」
と言うではありませんか。

「あのね、★が四つの所だと、それだけサービスをしなければならないので、仕事がきついのよ。わかる?」
「ああ、そうか・・・・」
「ところで、日本に来て何を見たいと思ってる?」
「コギャル」
「はあ?」
「コギャルとガングロが見てみたい」
「・・・・」
「コギャル、おもしろいで〜す、台湾では有名です」
「・・・・」
「コギャル、どこに行ったら見れますか?」
「あんなもの、滅びていないよ」
「神戸にはいました。一度だけ見たことあります」

 コギャルこそは、日本の恥部だと思っていましたが、どうやら台湾では、大人気らしい。台湾人は、日本の女性の半分はコギャルだと思っているが、それは、大間違いだと言っておきました。コギャルを見るのを楽しみにしていた陳さんは、ちょっとショックを受けていたようでした。



che.jpg

イエ〜イ!

↓投票御願いいたします

人気blogランキング





posted by マネージャー at 08:42| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コギャル…。

最盛期の頃でも、北軽井沢では、あまり出没しなそうな…。

ガングロは、まだ少し、渋谷とかで生息しているみたいですよ。

実際見た訳ではないし、マスコミが捏造しているだけかも知れないですが。
Posted by みわぼー at 2006年08月18日 07:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック