2011年09月20日

光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も

光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110919/scn11091916400001-n1.htm

 この太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性がある。
 池田教授は
 「赤外線は熱を持つものから出ている。
 太陽光以外に、火を扱う台所の天井など家中、
 街中の排熱でも発電できるかも」
 としており、2013年の実用化を目指す。

 GFは粉末状で、土台となる金属に薄く塗る。
 1キロワット発電する電池を作るコストは約千円が目標で、
 約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安い。
 パネル状になっている従来型では難しい曲げ伸ばしができ、
 煙突や電柱に巻き付けるなど設置場所は幅広い。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うーん、これ本当なんですか?
本当なら青色ダイオードなみの衝撃なんですけれど!

金属の基板に酸化物のそれも強誘電体を塗布して太陽電池を作れるの?
赤外線で電気を作れるの?

もし、本当なら、目茶苦茶、安く作ることが出来ますよね?
世界が、一変するくらいの事件じゃ無いですか!
はやく特許をとらないと!

赤外線で発電できるんなら断熱材にも使えるし、屋根に使えば、発電と断熱で凄いことに。
問題は、電池ですかね。
電池の技術革新開発がサッパリ進まないのはなぜか?


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000558-san-soci
これに、上記報道の「人工光合成」技術が確立されれば
日本が世界を救えるのでは?

原発事故で世界にかけた迷惑を、これで挽回せねば!
Posted by 現・総務部 at 2011年09月21日 06:27
最近の日本は、立て続けに、すごい発明をしますね。
それも、世界を一変するくらいに凄い発明を!
だけど、マスコミは......。

事の重要性が分かってないのかなあ?
Posted by マネージャー at 2011年09月21日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック