2005年06月13日

草津温泉・無料共同浴場

草津温泉・無料共同浴場

草津温泉には無料の共同浴場が20ヶ所近くあり、地元の住民に愛用されています。これらの共同浴場は、地元用ということで観光パンフレットなどには載っていません。これらの共同浴場は地元の人がお金を出し合って清掃していますので、遠慮しながら利用する方がいいでしょう。なかでも「千代の湯」「地蔵の湯」では、湯長の指導により、熱い湯に時間を区切って入浴する伝統の『時間湯』が行われています。

seki.jpg

 共同浴場というのは、昔からある湧出量が多い温泉地に、必ずといってもいいほどある誰でも入れる湯小屋のことです。外湯とも呼ばれ土地の人たちが日常に利用するものなのです。最近は設備の整った温泉センターに建て替わる温泉地も多いですが、温泉好きには、共同湯は別物なのです。土地の人と一緒に入れる素朴な温泉に、郷愁とふれあいの温かさを求める人は意外と多いのです。

 草津と同じく温泉街に共同湯が点在するのは信州の野沢温泉、下諏訪・上諏訪温泉、宮城の飯坂温泉・蔵王温泉、大分の別府温泉など古い温泉地。湯番がいて、わずかな湯銭を払いますか、箱に清掃費を入れて温泉に入るかのどちらかですが、草津のように無料で湯巡りができる温泉地は珍しいです。

kobushi1.jpg

1 地蔵の湯 地蔵 S47.10.20
2 長寿の湯 湯畑 S51
3 恵の湯 万代鉱 S53.11.15
4 つつじの湯 万代鉱 S53.11.24
5 町営の湯 万代鉱 S56.1.31
6 白嶺の湯 湯畑 S59.12.22
7 千歳の湯 湯畑 S60.11.15
8 瑠璃の湯 湯畑 S60.12.9
9 凪の湯 西の河原 S61.7.25
10 関の湯 湯畑 S62.12.18
11 煮川の湯 煮川 S63.12.30
12 睦の湯 湯畑 H元.11.30
13 喜美の湯 湯畑 H3.3.30
14 こぶしの湯 万代鉱 H3.3.30
15 巽の湯 湯畑 H4.11.30
16 白旗の湯 白旗 H4.12.25
17 翁の湯 湯畑 H9.3.15
18 千代の湯 湯畑 H10.12.11

kobushi2.jpg

 さて、草津で観光地図をもらうと共同湯の数の多さに驚かされます。温泉好きは、全共同湯制覇など頭の隅に浮かんできたりするのでしょう。しかし、何度か来たことがある人は、寒さで震える身体を温めた思い出や、思いがけない路地裏で共同湯を見つけた喜びなどが、心に残っているはずです。

 こうした他の温泉地とは違う、おおらかに迎えてくれている草津の共同湯。しかし、この共同湯は、元来は地元の人々が利用するために、設置されているのがほとんどだということを、利用する前に頭に置いておきたいです。だからもらい湯感覚。これがビジターの心得です。世間話しの輪に入る共同湯の神髄を知る共同湯の楽しみは、土地の日常に接することができること。そこで出会った地元の人とのふれあいは、旅を、より幅の広いものにしてくれるはずです。

詳しくは、軽井沢インフォメーション

よろしければブログの人気投票願をどうぞ


posted by マネージャー at 21:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 草津温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

蔵王温泉
Excerpt: 蔵王温泉蔵王温泉(ざおうおんせん)は、山形県山形市(蔵王)の山麓にあり、古くは高湯(たかゆ)と呼ばれた。...
Weblog:
Tracked: 2005-05-05 18:22