2013年01月09日

ツルハシ作業

嫁さんのお腹が大きくなった。

もう、こうなると氷でツルツルな外に嫁さんを歩かすことはできない。
万が一、滑って転んだら流産してしまう。
だから、大きなツルハシで、氷や固まった雪を砕いて
滑りにくくするのが私の日課である。
病院や、免許更新ででかける時も、
妊婦ひとりでは行かせられない。
私が、付き添うことになる。


ちなみに、今年は嫁さんの免許更新年。
そして、無違反のために、6年間も更新しなくて良い。
ところが、それに不服な嫁さん。

「何が不服なの?」
「だって、あと6年間、妊婦の姿が免許証の写真になるんだよ」
「はあ?」

免許証の写真は、顔だけだっちゅうの!
お腹は写らないぞ!
と、突っ込みたかったが、やめた。


それは、ともかく、今日、病院から出てきた嫁さんは、目を輝かして言った。

「男の子だって!」
「え? 本当? ついてるものがついてたの?」
「ついてた」

これは意外だった。
お腹の中の子は、母親が甘い物を食べたときに動き出す。
だから、てっきり女の子だと思っていたが、

「甘党の男の子だったのか!」

と感心した。

ちなみに、嫁さんは、
1月28日に里帰り出産のために
館林の実家に引っ越すことになった。

2月から4月までは、私は一人で宿をまわすことになる。
といっても御客さんがいるわけでもないので、
いよいよ淋しくなってしまうので、
すぐにでも子犬を買う決心をしてしまった。

早ければ、明日ペットショップから子犬を買ってこようと思っている。
そしたら、ここに写真をアップすることになるだろう。
さて、良い犬がいるだろうか?
この冬は、子犬とふたりきりで過ごすのかもしれない。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 00:55| Comment(11) | TrackBack(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男子ですか!!
なんとなく、マネージャーご夫妻のお子さんは、男子だろうと思ってたけど!!

こ、子犬飼うんですか?
情操教育にもいいかもしれませんが、子犬と赤ちゃんのお世話、同時開始は、キツくないですか?


赤ちゃんが来る前に、子犬の方のしつけが完了してれば、いいっスけど。


かしこい子犬に出会えますように…。
Posted by みわぼー at 2013年01月09日 08:29
犬飼っているYHはいくつかありますからね。
しかも犬は寒くても元気だから北軽でも大丈夫なはずですが、
犬が嫌いな常連さんがいたら来なくなってしまうかも?
(決して私は犬嫌いではありませんよ♪)
Posted by マサ at 2013年01月09日 21:12
いつの間にか、ゴールドの有効期間は6年になったんですね。...φ(.. )
Posted by k at 2013年01月09日 22:17
年始はお世話になりました。
魚のムニエルやお代わりの高原野菜のお心遣い。
また、シナリオライター時代の貴重なお話が心に残りました。
話は変わりますが、当方のペンネームは19年連れ添った、
雄の赤毛の柴犬の名前です。
当時、貧乏で夢しか食べるものが無かったので
そう名付けられたようです。
やはり、犬を飼われるなら日本犬に尽きます。
尚、柴犬は聡明で律儀で、「一生一主人」と言われています。
ご参考まで・・・。
Posted by 獏丸さん at 2013年01月09日 23:08
みわぼーさん

>子犬と赤ちゃんのお世話、同時開始は、キツくないですか?

 きついですね。だから正直言って怖いです。ただ、子犬を迎えられる時期は、御客さんのいない冬しかないんですよね。というのも、どんな外犬も、子犬の時の2ヶ月間だけは、室内で飼うしかないんですが、1年をとおして御客さんがいない時期は、2月から3月にかけてだけなんですよ。そうなると、この時期を逃すと1年後になってしまう。1年後だと、育児に忙しくて、おそらく子犬は飼えないと思います。



マサさん

>犬が嫌いな常連さんがいたら来なくなってしまうかも?

 その可能性は否定できませんね。だから悩んだのですが、子どものことを考えると何かしらの生き物は必要かなと。なにしろ近所に児童がゼロですからねえ。私が幼児の頃、そういう生活をしてたんですが、その副作用がでて、エア友達・幽霊・妄想と遊ぶようになり、親からは「嘘つき」と叱られ、何度も涙を流したんです。あの想いだけはさせたくないんです。だから犬を飼おうかと思ったわけですが、正直なところ宿屋でよかったのは、お子さん連れの御客さんが来てくれるかもしれないということですね。



kさん

>いつの間にか、ゴールドの有効期間は6年になったんですね。

あ、ごめんなさい。5年の間違いでした。



獏丸さん

>やはり、犬を飼われるなら日本犬に尽きます。

 実は私が一番好きな外見が柴です。それに柴は2回ほど飼ったことがあります。当時は、しつけ方を知らなかったために、独立心旺盛な柴犬をコントロールできなくて失敗してしまいました。
 ただ暑さ寒さにも強いので、北軽井沢の風土にあうので第一候補だったのですが、今回は断念しました。しつけに失敗したら御客さんを怖がらせる可能性があるからです。宿屋でなかったら柴もいいんですが、宿屋だと難しいですね。
Posted by マネージャー at 2013年01月10日 01:28
わ!やっぱり男の子だったんですね!
智子さんはともかく、マネージャーさんと女の子というイメージがもてません。マネージャーさんがすっごい色々心配していそう(笑)

周りに児童がいないってなんとかしたいですよね。
私がフランスで見ていた子も、いつもあちこちと移動していたので特定の友達というのがほとんどの場合いなくて、ちょっとかわいそうでした。
公園で遊ぶ子に声をかけるのもいつもちょっとためらっていて、私に、「後をつけようよ」と言っていたこともありましたから。
今、三歳になって学校に行っていて、とても楽しんでいるようです。

北軽井沢には、幼稚園はないんですか?
Posted by まる at 2013年01月10日 20:11
>北軽井沢には、幼稚園はないんですか?

嬬恋村には、3軒の幼稚園と1軒の保育所があります。私が生まれた佐渡では、どこもかしこも保育所だらけで、幼稚園は佐渡に1箇所しかなかってだすが、どういうわけか嬬恋村には幼稚園が3軒。保育所の方が少ないのです。しかし、この保育所は少子化のために統合されるらしいです。

ところで、北軽井沢ブルーベリーYGHのある地域は別荘地であるために、若い人たちが少ないために子供もいないんですよ。隣に子供がいる親御さんがいたんですが、双子が生まれるというので、実家の方に引っ越してしまいました。

ちなみに北軽井沢には、子供の遊べる児童館も児童公園もありませんから、当然のことながら公園デビューの習慣も無し。そうなると、うちの裏庭に、滑り台・雲梯・ブランコ・鉄棒あたりを設置して公共施設化するしか無いかな? しかし、こういったものは、子供は、すぐに飽きてしまうんだよなあ。そうなると、犬の出番だけれど、ウサギ・リス・鶏あたりを飼って、小さな動物園を作ってしまうか?
Posted by マネージャー at 2013年01月11日 17:41
幼稚園、意外と多いんですね。
保育所が少ないということは、子どもを見ながらできる仕事の方が多いんですね…会社勤めの方はいなさそうですもんね。

そうですね。ブランコとか、私は好きでよく一緒にやってましたけど、あれは誰か相手がいないとつまらないんですよね。
でも、相手が誰かいさえすれば、ブルーベリーの環境は保育には完璧なんですけどね〜。私が住込んだ先の環境とほとんど同じなんです。
松ぼっくりとか、お花とか豊富だし、ホタルとかハリネズミとか猫とかリスとかいるし、隣の人は薪を割ったり、ヨガとかしてるし、小さな野菜の菜園もあって。
保育するのに楽しいこといっぱいで、対一なのに飽きなかったです。

そういえば、ミラン(私が見てた子)が初めて日本語で私に声かけてきたのがブランコに一緒に乗っているときでした。ひざに乗せるとスピードが出せるのでよっぽど気持ちよかったのか、「すごいね〜」と。

どちらにしろ、そういう玩具が効果を発揮しだすのは2-3歳以降なので、兄弟がいるといいのかも!?
Posted by まる at 2013年01月11日 21:14
 今日、8ヶ月の赤ちゃんと、2歳児、4歳児の3人と、御両親をつれてスノーシューに行ってきました。女の子だったので、寒いのと雪を怖がってて、大変でした。最初は、小浅間山に行く予定でしたが、無理だと判断して、浅間牧場に変更。それも、難しいと分かったので、一切の自然ガイドをやめて、10メートルだけ歩いて、ソリ滑り。
 しかし、それさえも怖がるので、戦略を変えて、4歳のお姉ちゃんを雪で埋めて、雪だるまにして遊んでみたら、やっと笑ってくれました。すると妹さんたちも笑顔に。その後は、つららでチャンバラ。やっと喜んでくれました。雪を怖がるチビッコの取り扱いは、ちょっと難しかったけれど、今日はコツを覚えました。
 お父さん・お母さんは不満だったかもしれないけれど、雪嫌いになってほしくないからなあ。あと、3時間あったら、もっと仲良くなって、楽しいツアーを展開できたのに、時間が短くて残念。
Posted by マネージャー at 2013年01月16日 00:27
わぁ!楽しそうですね。いいなぁ。
2歳児にはそれでちょうどいいですよね。

東京も雪がまだありますが、団地の一階の保育園のため、落下物からの保護のためなのか、園庭に天井のようにフェンスがあってそこに雪が積もってしまいました。雪が積もってお日さまがみえなくなり、さらに本当の天井のようです。今はそこから溶ける雪が雨のようでお庭でまったく遊べてません。

せっかくの雪なのに。。。
Posted by まる at 2013年01月16日 21:41
今回は難しかったです。楽しい雪遊びのために、ボールやショベルなど、いろんな小道具が必要かなと思いましたね。あと、親御さんともっと綿密な打ち合わせが必要ですね。
Posted by マネージャー at 2013年01月17日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック