2014年11月07日

落ち葉焚き

今日も、いい天気だった。
というか、毎日、いい天気が続いている。
そのせいか、例年に無く温かい秋がつついて
今年の紅葉は長く続いた。
それが、一昨日あたりに終了し、
あたりは落ち葉だらけ。

今日は、一日、落ち葉を集めてたき火である。
実にめんどくさいが、これをやるとカメムシたが他に逃げていく。
そして二度と戻ってこない。
すみかを変えるのだ。

嫁さんは、さかんに「焼き芋焼いてもいい?」と聞いていたが
「うん」
とは言わなかった。
落ち葉で焼き芋を焼く難しさを知っていたからである。

うちには、保温鍋がある。
あれにお湯を入れて6時間も芋を蒸せば良いではないかと思った。
その方が簡単で美味しい。

しかし、嫁さんの思考回路は、落ち葉イコール焼き芋なのであった。
そういうイメージなんだそうだ。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 2013以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も落ち葉での焚火といえば、焼き芋ですね。小さい頃庭の落ち葉がたまると親によく焼き芋をしてもらいました。うちの親は結構焼くのがうまかったですね。
Posted by イトウ at 2014年11月07日 23:58
うちも昔は落ち葉焚きにホイルでくるんだサツマイモを放り込みました。ちょっと焦げたりしましたが、あの雰囲気が良かったな〜
Posted by あんみつ at 2014年11月08日 18:44
これは季節の遊び感覚で楽しめばいいんじゃないかと思います。
食べ物を粗末にするつもりはないけど、落ち葉焚きで焼き芋は、私もやりたいです。
Posted by 625 at 2014年11月10日 06:52
イトウさん
あんみつさん
625さん


たぶん50歳以上の人間が、落ち葉焚きの焼き芋世代なんでしょうね。私が生まれ育ったところは、落ち葉が少なかったので、子供の頃に焼き芋を焼いた記憶が無かったですね。ただ、農家の友人の家は、すごい落ち葉で、焼き芋を沢山焼いていました。それが、すごく上手で美味いのですね。私がやっても丸焦げになったり、生だったり、でも上手な大人におまかせすると、すごく美味しくなる。レンジでチンする2倍の糖度になった気がする。で、コツを聞いたら、ゆっくりゆっくり時間をかけて、何度も掘り起こしては引っ繰り返して焼くのがよいらしい。あと、焼いて美味しくなる芋と、そうでない芋もありました。

Posted by マネージャー at 2014年11月10日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック