2014年12月16日

自然の脅威

 実は昨日から嫁さんが息子を連れて里帰りをしている。それなのに今日は、本格的な大雪となった。午後3時頃には15センチぐらい積もっていた。こんなに早く大雪になるのは、開業以来初めてかもしれない。北軽井沢は、本来雪の少ないところである。降ったとしても、 12月末か1月初めの頃が多い。それが12月中旬にもう大雪となってしまった。

 もちろん、愛犬コロの犬小屋も雪まみれになっている。まだまだ冬支度の作業が残っているのに、困ったものだ。今年こそ、ユニットバスにサーモスタット付きのシャワーを取り付けたかったのだが、この大雪で水道の元栓が開閉しにくくなって、作業を中断せざるを得なくなった。大急ぎで、ホームセンターに向かって犬小屋用の屋根を作るために、構造用合板を買いにいかねばならなくなったからである。

 ホームセンターに到着してみると、除雪用のスコップなどがみんな売り切れていた。やはりあの天気図を見てびびっているのだろうなぁと思ってしまった。買い物が終わって、台車で資材を車に運ぼうとしたら、台車が雪で動かなかった。仕方がないので、一つ一つ手で運ばざるを得なかった。こういうことが起こりうるので私は、物置やバックヤードを必要以上大きくとっている。すべての備品の在庫を多めに抱えている。北軽井沢は、いつ陸の孤島にならんとも限らないので、いろんなものを大量に抱えて準備しておかなければならないのだ。

 それにしても、地球温暖化というのは本当なのだろうか? むしろ地球は寒冷下に向かっているのではないだろうか? 寒冷化に向かう初期の頃は、気象の変動が激しく、急激な温暖化が起こりうると言われている。それなのではないだろうか? 一体温暖化なのか寒冷化なのか、どっちなのだろう?

 そんな事を考えながら、やはり今日も愛犬コロと朝晩の散歩行った。雪は愛犬コロの胸ぐらいまで積もっているので、さすがに歩きにくいかと思いきや、こんな大雪でも大喜びで飛び回っていた。散歩コースの途中には、最近できたばかりの巨大な太陽光発電所がある。もちろん大量の雪に埋もれていた。おそらく数日後には、ガチガチに凍りついて3月ごろまで行に埋もれてしまうような感じだ。

 結局、太陽光発電は北軽井沢や嬬恋村には向かないのではないだろうか? こんなに雪で埋もれてしまっては、発電どころではないだろう。ましてや、桟敷山の周辺なんて、最盛期には2メートルぐらい積もることもあるのだ。そんなところの木を伐採して太陽光発電をするなんて、常識で考えればうまくいかない事はわかりきったことである。

sss0956.JPG

 そもそも、地図の等高線を見てもわかる通り、かなり傾斜のある地域だ。鉄砲水も出るし、雪解け水で泥濘になる場所だってある。うちの宿の目の前にある村道だって、春先は泥濘になるのである。太陽光発電が無事に済むとはとても思えない。木を切れば、山は崩れやすくなるのだ。自然を甘く見ると、後で酷いしっぺ返しを受けるかもしれない。

 そんな事を考えているうちに、嫁さんのことが心配になってきたので、ケータイに電話をかけてみた。里帰りした実家から北軽井沢に帰る途中で、車の運転中だった。そして、電話で買い物の事を言っていた。やっぱりそうか、この雪を甘く見ている。

「買い物なんかしなくていいから、安全運転で早めに帰ってきなさい。どっちにしろ、道路は雪で超ノロノロ運転になるはず。そうなれば、時間がどんどん過ぎて、雪はどんどん増えるに違いない。下手したら帰れなくなる恐れもあるので、とにかく寄り道しないで早く来なさい」

 そう言って電話を切った。
 予想は的中した。
 やはり雪道は大渋滞していたようだ。
 明日はきっと、去年の大雪の時に買った除雪機が大活躍するだろう。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック