2015年03月31日

アカゲラ

 北軽井沢も、さすがに今日は暖かった。庭仕事をしていると、汗びっしょりとなる。仕方がないのでTシャツ1枚で庭の整備をしていた。気温は18度以上あったのではないかと思う。背丈ほどもあった雪はどんどん溶けてきて、花壇も地を見せるようになった。クロカスやチューリップの芽も少しずつ出てきているようだ。

 本音を言うと、私を含め北軽井沢の住人は、春が1番好きだ。
 新潟県出身の相馬御風が書いた『春よ来い』を思い出した。

 春よ来い早く来い
 あるきはじめた みいちゃんが
 赤い鼻緒の じょじょはいて
 おんもへ出たいと 待っている

 この歌詞の意味は、雪国の人間にしかわからないかもしれない。草履を履いて外に出られるということは、とてもうれしいことなのである。というのも、雪は溶けると、あちこちに水たまりができ、庭やダート道は、泥濘と湿地に変わってしまう。とてもではないが、草履やサンダルを履いて外に出られる状態では無い。雪は溶けて、庭先の地が乾燥するためには、また何日も何日もかかるのである。 2歳になったばかりのうちの息子を庭先で遊ばせるためには、雪は溶けてから何日も何日も経った後である。

 それでは可哀想なので、早めに雪を溶かしてしまいたい。そうなると、屋根から落ちて背丈ほどにも積もった雪を、毎日つるはしで削りながら、庭に均等にばらまく必要がある。そうしないと、早く解けないのだ。だからこの1週間、あちこちの雪を氷をつるはしで削りまくっていた。息子はそれをブランコに揺れながら、じーっと眺めていた。でもその作業が、今日ようやく終わった。おかげで冬の間にブクブク太った体が、少しだけスリムになれた。

 浅間山の雪もだいぶ溶けてきているようだ。草津の座禅草公園も今がピークだろう。あまりに天気が良いので、久しぶりに北軽井沢を歩いて散策してみた。もうほとんどどこにも雪が残っていなかった。代わりにあちこちからキツツキのドラミングの音が聞こえてくる。きっとメスに対して、強い主張をしてるのだろう。

 庭の餌台に牛脂をいくつか置いてみた。案の定、アカゲラたちがやってきて、盛んに牛脂を食べ始めた。腹が空いていたようである。息子と一緒にブランコに乗って、そんなアカゲラをいつまでも見つめた。息子はアカゲラをいたく気に入ったらしい。

ber-17.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2013以降 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック