2015年07月27日

北軽井沢の正しい避暑の過ごし方【カフェ編】

北軽井沢の正しい避暑の過ごし方【カフェ編】

15-6-26-03.JPG

 避暑の基本は、森の中にいることが原則というのは前にも述べました。森の中は涼しいけれど、一度草原に出てしまうと避暑地北軽井沢といえども暑いのですね。とはいうものの、朝晩は草原であっても涼しいのが北軽井沢。つまり暑い昼間に動かなければいい。あちこち観光をして歩きたい人は別として、単にのんびりしたい人は、昼間はじっとしているのが1番。

 とは言うものの、ただじっとしているのはもったいない。そこでおすすめしたいのが、カフェ巡り。北軽井沢にはテラス席のあるカフェがたくさんあります。それも木陰のテラス席で涼しみながら読書のできるカフェがあります。そういうところで、暑い1日は読書でもして過ごすのもいい。そして夕方の涼しい頃になったら活動する。暑い時期は、夜行性に徹する。では、どんなカフェがあるのでしょうか? その前にカフェを紹介する前に図書館を紹介したいと思います。

15-6-29-03.JPG


1.中軽井沢の図書館

 中軽井沢駅の駅ビルにある図書館です。ここはすごい蔵書があります。私は17年間、東京の池袋に住んでいましたが、池袋の図書館並みに本がいっぱい置いてあります。本の種類も非常に洗練されていて、郷土資料に関して言えば、随一では無いかと思われます。

 しかしそんなことよりも、読書するための椅子が良い。まるでカフェのようなつくりなんですね。おまけに漫画が充実しています。漫画といってもマンガ喫茶にあるマンガではありません。もちろんそういう類のものもありますが、小学生向きの科学漫画や、マーケティングやビジネスに関する解説の漫画なんかもたくさん置いてあります。

 老眼で本を読みにくいと嘆いてらっしゃる方も心配いりません。大きな活字本がずらりと揃っていますので、ご老人も目が疲れないで本を読めます。もちろん幼児や児童の本も充実しています。

 ビデオやDVDなどのソフトも豊富で、もちろん図書館内で見ることができます。軽井沢の郷土資料的なDVDなども豊富に揃っていますので、涼しい館内でそれを見るのも良いかと思います。気がついたらあっという間に涼しい夕方になりますから、涼しくなったら散歩でもして美味しいご飯を食べて英気を養っても良いかもしれません。

015-6-25-14.JPG


2.麦小屋

 さて、ここから北軽井沢のカフェの紹介に移ります。あまりオープンしてないことが多いのですが、 1番のオススメが麦小屋です。2006年夏に、雑木林の中にオープンした小さなブックカフェです。店内には、自由に手に取って読める本や雑誌、絵本を多数揃えています。古本の販売も少量ながら行っております。薪ストーブの前のソファ席で、森を眺めるデッキ席で、ハンモックに揺られながら、一杯の珈琲とお気に入りの一冊の本と共に、ゆっくりと流れる時間を楽しみたい。ただし、グループのお客様のご入店をお断りさせていただく場合もあります。静かに利用しましょう。静かに読書するにはうってつけであり、麦小屋にある本も一読の価値のあるものでいっぱいです。お客さんは、いずれも麦小屋のファンばかりで、静けさをこよなく愛する人ばかりです。

http://www.mugikoya.com/top.html

mu-3639.jpg


3.六花

 軽井沢や北軽井沢で案外少ないのがモーニングをやっている店です。あと、朝早くからやっているカフェも少ないですね。そんな中で唯一、朝早くからやっている店が、この六花さんです。ご主人も奥さんも癒し系の人で、いちど入ったらファンになってしまうという魅力的なカフェです。店内でお茶や食事をするのもいいですが、テラス席もありますので、そこでのんびりするのもよいでしょう。

「六花(りっか)」とは雪の結晶のこと。テレマークスキーヤー長谷部武さんらしい命名。長谷部武さんは、日本テレマークスキー協会公認指導員です。アルペンスキーのインストラクターをしながら、90年代後半からテレマークスキーを始め、2001年に群馬県嬬恋村にて、テレマークスキーレッスン、クロスカントリースキーツーリング、バックカントリーツアーを行っています。ケーキや、サンドウィッチ、パン、全てホームメイド。まさに隠れ家的な店。

群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原2015−58
(牛乳屋さんの隣にあります)
営業時間 8:00−16:00

kaze3-2014-03-23T22_53_22-11.jpg



4.牛乳屋

 日本で唯一オーガニックの牛乳を飲ませてくれる店です。オーナーは松本牧場さんで、北軽井沢ブルーベリーから歩いて徒歩10分ぐらいのところにある牧場です。そこの牧場のミルクをタカナシ乳業で低温殺菌して市場に出しているのですが、その製品を飲ませてくれるところがこの店です。なので、牛乳とソフトクリームしか売っていませんが、味は抜群です。六花さんから100メートルも離れてないので、ついでに寄ってのんびりすると良いかもしれません。ちなみに、この店も六花さんも、王領地の森というところにあって、道路は樹木のトンネルに覆われています。なのでテラス席でも木陰で涼しめます。

kaze3-2012-10-23T23_24_30-5.jpg



5. ルオムカフェ

 ミルク村の側にルオムの森というところがありますが、そこにあるのがルオムカフェです。ここには100年文庫という図書室もあって、ゆっくり読書をしながらお茶をすることもできます。このカフェの特徴は、ハンモックでお茶が飲めることです。もちろん天候により外の席やハンモックが使用できない場合もあります。

・営業時間:10:00〜16:30(LO 16:00)
・営業期間:4月〜11月

その他にレストランもありますので、食事もとれます。ツリークライミングで遊ぶこともできます。と書くと、総合レジャーランドみたいなイメージを持たれるかもしれませんが、そういう訳ではなく、森の中の静かでおしゃれな空間です。

http://luomu-mori.com/luomucafe/

kaze3-2010-09-10T16_15_08-13.jpg



6.パンカーラ (国道146号沿い)
 食事もできる南米音楽の店です。なかなか良い店で美味しいですね。
 ルオムの森・ミルク村のちかくにあります。

住所 群馬県吾妻郡長野原町大字北軽井沢1353-1939
電話 0279-84-3848

IMG_0100.jpg


7.ハイジ

 この店は、北軽井沢ブルーベリーから徒歩0分のところにあります。この店も木陰の中にあるために涼しさ満点です。小さなログハウスのお店は、雰囲気も良く木陰にテーブルもあります。爽やかな空気とコーヒーの香りを楽しむ事が出来る店で、店内はリースで飾られています。そしてリースは販売もしています。知る人ぞ知るお店で、ハイジのご主人は、おしゃべりが大好きなために、いちど訪れたお客様は、この店の虜になってしまいます。オフシーズンには時々ケーキ教室も行っています。

http://kazeno.info/karuizawa/1-kita/1-kita-4-21.htm




8. bird

 静かに野鳥を見ながらお茶をするならこの店でしょう。
 ご主人は、ジャズの大ファンなのでジャズ喫茶でもあります。
http://kazeno.info/karuizawa/1-kita/1-kita-4-11.htm

bird-1-02.jpg



9.珈琲工房須田

 奥まったところにある店で、いかにも隠れ家という感じの珈琲専門店です。ここのご主人も話し好きで、非常に面白い方です。コーヒーについて語らせたら話が止まらなくなるぐらいです。それだけに豆にはこだわっているようですね。以前に軽井沢の丸山珈琲の話をしたら、目がキラリと光っていました。ある意味、丸山さんと反対の道を走ってきた感じですね。お客さんも決して多くないので、隠れ家としての存在は満点です。

http://sudacoffee.com/
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-5086
電話 0279-84-6642
定休日 水曜日(夏季無休)
営業時間 10:00 - 19:00



10.ソニアン

 ソニアンおしゃれな店でトマトパスタが絶品です。パスタもピザも900円くらいでしたね。コース料理は、メインディッシュを選び、それに600円プラスしてコーヒーサラダ付か、1200円プラスしてコーヒー・サラダ・スープ・デザート付か、1700円プラスしてコーヒー・サラダ・スープ・デザート・オードブル付かを選べるようになっています。

住所 吾妻郡長野原町北軽井沢1990-422
電話 0279-84-6565

sonian.jpg



11.カフェ・ド・フルミエール

北軽井沢で一番美味しいスイーツは、ここではないでしょうか?
写真でみてわかるように、お値段も手頃です。

〒377-1412
群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1988番75 4WAY北軽井沢
TEL:027-982-1181

営業時間 11:00 〜 19:00
定休日:水曜日
2013年4月28日オープン

kaze3-2014-01-30T08_22_37-18.jpg

kaze3-2014-01-30T08_22_37-8.jpg



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今まではどうしても楽しいツアーに行きがちだったけど、このような所でゆったり過ごすのもいいかもしれない。
Posted by イトウ at 2015年07月28日 18:27
実際、そういう御客さんが増えてますね。というか夏の御客さんの大半が、そういう人たちといってもいいくらいです。
Posted by マネージャー at 2015年07月28日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック