2015年09月07日

軽井沢周辺で雨でも楽しめそうな所 2おもちゃ王国編

 雨の日の軽井沢おもちゃ王国に行く場合、注意しなければならないのが駐車場です。というのも、軽井沢おもちゃ王国の駐車場は、入場ゲートに近いところと、遠いところの落差が激しいからです。想像してみてください。雨の中、小さいお子さんをつれて、ゲートまで遠い距離を歩く場面を。考えただけで嫌になりますね。なので、雨の日は、オープン15分前に軽井沢おもちゃ王国の駐車場に到着するのが理想です。

  ちなみに営業時間の目安は、
    平 日 10:00〜17:00
    土日祝 9:30〜17:00
    連休 9:00〜17:00


 なに、ゲートに近い駐車場に着いてさえいれば、大丈夫。なんだかんだで準備しているうちに、アッという間に開園時間になります。とにかく一番近い駐車場を確保することです。ちなみに一番近い場所は、ゲートの目の前のところです。

14-6-o8-03.JPG

 あと、気をつけなければならないことは、フリーパスではなくて入園券を買うことです。うちにお泊まりの御客様で、フリーパスプランの方は、前もって言ってくれれば、入園券プランに変更します。なぜ雨の日のフリーパスが駄目かというと、まず雨天だと乗れない乗り物が合計10あるからです。雨天でも乗れる乗り物は、3つだけです。大観覧車・メリーゴーランド・チューチュートレインの3つだけです。

 ここで軽井沢おもちゃ王国の施設について説明します。
 軽井沢おもちゃ王国は、大きく分けて3つの部分があります。

一つはパビリオン(入園券で全て無料)
一つは自然遊園(フリーパスがお得)
一つは乗り物(フリーパスがお得)

 この3つの中で雨でも楽しめるのはパビリオンだけで、パビリオンは、入園券さえあれば、いっさいお金がかからないのです。つまりフリーパスを買う必要がありません。

14-6-o8-07.JPG

 ただし、天候が激変して午後から晴れることもありえます。そういう時は、1800円の追加料金を払ってフリーパスに変更できますので安心して下さい(追加料金のフリーパスは乗り物の自販機で買えます)。例えば、14時に晴れたとしても、1800円の追加料金を払ってフリーパスに変更しても充分に元が取れます。乗り物または、自然遊園の施設を5回乗るならフリーパスのほうが有利です。5回なら2時間もあれば、すぐに乗っちゃいます。まあ、このへんは、天候をみて判断してください。

 あと、フリーパスをおもちの御客様には、おもちゃ王国以外にも使えるお得な割引き施設があります。温泉やランチバイキングの割引きが適用されますが、その割引率がかなり良いのです。入園券には、その特典はありません。詳しくは、軽井沢おもちゃ王国のインフォメーションで聞いてみて下さい。まあ、どっちにしろ雨だと移動してまで温泉やランチバイキングに行こうという気が失せてしまいますからね。

14-6-16b-02.JPG

 私の経験から言うと、雨だとパビリオンだけに留まるケースが多いです。正直言って、小さなお子さんにとっては、あちこち移動するより気に入ったパビリオンで一日中遊んでいる方が楽しいみたいです。大人は、せっかくだから全部のパビリオンを回らせようとしますが、幼児にとっては(=うちの息子にとっては)余計なお世話みたいですね。

 あと大切なことは、大人が退屈しないような準備も必要です。小さなお子さんは、おもちゃに夢中になって、大人のことを忘れてしまいます。つまり相手にされなくなるのです。だから賢いお父さんお母さんは、交代でスマホや文庫本で時間をつぶしています。また、誤飲の可能性の少ないパビリオン(ダイヤブロックなど)で、適当に遊ばせながら文庫本を読んでるお母さんもいます。

14-6-16f-06.JPG

 それからデジカメについて一言。動画を撮ると、アッという間にデーターでいっぱいになります。子供に相手にされず暇になるので、写真や動画ばかり撮ってしまい、アッという間にバッテリー切れになったり、メモリがいっぱいになってしまいます。なので、sdカードや予備バッテリーは、多めに持っていってください。

 1歳以下のお子さん連れの御両親は、無料なのでベビーカーを借るといいです。お子さんが、すぐに電池切れになって睡魔が襲ってくるからです。そんな時に便利なのがA型のベビーカーで、お昼寝用のベッドとして使えますので非常に便利です。ベビーカーは、パビリオンの玄関までなら入れますから寒いということはないし、雨の日も大丈夫です。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




【関連する記事】
posted by マネージャー at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック