2015年09月08日

軽井沢周辺で雨でも楽しめそうな所 3リーズナブルな軽井沢博物館めぐり編

 雨で困ったときの箱物、つまり博物館ですが、軽井沢の博物館は、非常にリーズナブルです。美術館の入場料の高さを考えたら激安と言っても良いでしょう。その理由は、 6つの博物館が町の文化施設であるためです。具体的に言うと、

重要文化財旧三笠ホテル
歴史民俗資料館
市村記念館
追分宿郷土館
堀辰雄文学記念館
軽井沢駅舎記念館

ですが、これら6つの施設をすべて見学したとしても、たったの600円しかかかりません。1ヶ所あたり100円です。中学生以下なら50円。といっても、 600円で6カ所を全部見るには、文化施設『6館共通券』を買う必要性があります。

これは絶対に損をしない買い物です。なにしろ購入日より1ヶ月間有効ですから。具体的には、下記サイトを参照してください。大人は600円で、中学生以下は300円です。雨の日は、この6カ所を回るだけで、丸一日がつぶれてしまいますので、非常にお得なチケットです。

http://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1001000000928/index.html

※11/16〜3/31は歴史民俗資料館・市村記念館が休館となります。
※ 購入日より1ヶ月間有効

112411.jpg

 その他にも

軽井沢型絵染美術館・入館料200円
ショーハウス記念館・入館無料
室生犀星記念館・入館無料
軽井沢町植物園・入園料 1人100円

 といった文化施設がありますが、どれもリーズナブルですね。こんなに安い値段で歴史や文化を学べるわけですから、雨の日は利用しない手はないです。どうして、こんなにリーズナブルかと言いますと、軽井沢町の施設だからです。大半が軽井沢町役場が管理している施設だからです。だから6館共通チケットを買うと、1館あたり100円で見学できるし、中学生以下なら、たったの50円。室生犀星記念館・ショーハウス記念館にいたっては無料なわけです。信じがたい値段ですね。

IMG_3362.JPG

 では、これらの施設を見る価値があるかというと、大いにあるんです。ただし、見学する前に予備知識はあった方が良い。予備知識があるかどうかで全く違ってくる。せっかくショーハウス記念館に行っても、ショーという人が、どんな人で、何をやったかは知っていないと、せっかく見学しても価値が分からぬまま通り過ぎてしまう。だから次回からは、

重要文化財旧三笠ホテル
歴史民俗資料館
市村記念館
追分宿郷土館
堀辰雄文学記念館
軽井沢駅舎記念館

ショーハウス記念館
室生犀星記念館
軽井沢町植物園
軽井沢型絵染美術館

の見学のコツを説明したいと思います。まえもって予備知識があれば、同じ見学するにしても面白さが格段に違います。とは言うモノの重要文化財旧三笠ホテルにしても、その歴史的意義は、専門書やネットで調べれば多少は分かるかも知れませんが、そんなもの読んだって、ちっとも面白くありませんよね。やはり、地元民から仕入れた生々しい生きた口伝の方が面白いですからね。とりあえず続きは、次回までお待ちを。なんだかんだ言って今日も、御客さんで忙しいので。

(ああ・・・・夏の疲れが、今頃きている)

IMG_3346.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





【関連する記事】
posted by マネージャー at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック