2016年05月04日

熊に出会った時の対処方法

どうやら御代田町の人が軽井沢で熊に腕をかまれるなどの軽傷を負ったようです。

http://www.sankei.com/affairs/news/160503/afr1605030024-n1.html

 これは人災ぽいですね。
 山菜は、熊の餌です。

 山菜は、熊の御飯ですから、熊の御飯をわけてもらう場合は、それなりの礼儀作法が必要だと思います。礼儀作法がなってないと熊に怒られますよ。山菜とりに一人で入るというのは危険です。せめて日本犬か牧羊犬でも連れて入れば良かったのにと思います。

 熊というより、子連れの熊が危険なんです。特に子熊と母熊が、林道をはさんで両側にいる場合、そこに人間がきたら非常に危険です。あと、子熊は2頭いるのが普通です。合計3頭が広範囲に散らばって山菜を食べている。そこに人間が入ることを自覚しないといけません。

 対策としては、音をたてる。一人で行かない。山菜はとらない。あと、熊の臭いは強烈なので、獣臭い臭いがしたら立ち止まって、あたりをうかがうと良いと思います。

 とにかく心配しないでいいです。必要以上に恐れることはないと思います。熊はどこにでもいます。見えてないだけです。みんなに見えてないだけで、実は熊たちは存在しているんです。むしろ日頃からゴミを道に捨てる等の行為を極力さけるべきですし、犬の糞も餌になることもありますから、これを回収すべきですね。

 もし、出会ったら、動かずに、じーっとにらみつけること。逃げるのだけはやめましょう。追いかけられます。怖いのは、近くに子熊がいるケースですね。レトリバーをノーリードで放すと、加えて持ってくるケースがあるので要注意です。嘘みたいな話ですが、北軽井沢では、そういう事例もあります。

 で、今回は、クマの写真をだしておきます。
 本物です。

kuma-001.JPG

kuma-002.JPG

kuma-003.jpg


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





【関連する記事】
posted by マネージャー at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は例年よりも熊のニュースを耳にするように思います。
埼玉県小鹿野町でも、登山道で熊に遭遇した…というニュースが警察の安心メールで一斉配信されました。

今回の記事、山歩きをする友人にも知らせます。
Posted by あんみつ at 2016年05月27日 08:29
今年はクマが出るニュースが多いみたいですが、原因は2つ考えられます。 1つは、春が早すぎて、クマの活動が例年よりも早かった。もう一つは、子熊が親離れしたためです。クマというのは、驚くほど移動しない動物なんですが、例外もあります。子熊が親離れすると、長距離移動するんですよね。その際に、人間のいる場所にいいどうせしまうケースがあります。体大きくても、まだ2歳の子熊なので、人間に対して用心深さがまだないんですよね。犬もそうですがクマも2歳から3歳までは、人間に対して排他性がありません。
Posted by マネージャー at 2016年06月03日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック