2016年07月17日

幻のキャベツ419

幻のキャベツ419

DSCF0065.JPG

 北軽井沢ブルーベリーYGHでは、
 幻のキャベツ419を使っています。

 高原の朝霧にまかれて育つやわらかいキャベツ。その中でも「419」という品種は栽培にたいへん手がかかるし、やわらかいので長持ちしないことなどから、作る人がほぼいません。したがって野菜市場にも出荷されないために、嬬恋村でしか食べられません。嬬恋村でも手に入る農家は2軒だけです。しかし、味は抜群にいいのです。 ぜひたべてみてください。

419の収穫は7月下旬から10月中旬ごろまでです。
この間は、毎日お出ししています。
抜群の柔らかさと甘みが特徴です。

 年間22万トン生産される嬬恋村キャベツのなかでも、わずかしか生産できない幻のキャベツ419は、高級レストランや高級ホテルなどが50個買いする人もいて、毎日アッという間に完売します。ぜひ一度味わってください。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





【関連する記事】
posted by マネージャー at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界裏話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック