2019年03月09日

宿屋の知恵を少しばかり その2 ガラス掃除と虫除けのコツ

 お客さんに、どういう風にガラス掃除をするんですか?と聞かれます。ガラス清掃は、大まかに分けて二通りの掃除の仕方があります。

1.全体を完全にきれいにする方法。
2.一部の汚れを取る方法。

です。全体をきれいにする方法で手っ取り早いのは、ホームセンターからスクイジーとシャンプーとマイクロクロスを買ってきて、それを使って清掃する方法です。それらは楽天市場やアマゾンでも買えます。洗剤は、台所で使ってることで構いません。垂れた洗剤や水はマイクロクロスで拭き取ります。詳しくは、動画を見てください。



 ただし、この方法は、めんどくさいので、一部の汚れを取る方法を使う方法があります。使うのは、霧吹きタイプのアルコール消毒液と、マイクロクロスです。

 洗剤や水でガラスを拭くと、かえって汚れが拡散してしまいますね。クモリガラスのようになってしまう。目立つので、アルコール消毒液を使い、マイクロクロスで拭き掃除します。これで簡単に指紋や油脂がとれます。タオルだと毛羽が窓につくのでマイクロクロスを使います。

 あとサッシの枠には、カメムシ・テントウムシなどの虫がいたりするのでコードレス掃除機で綺麗にする事が多いですね。虫と言えば、高原にある宿に泊まるコツを言っておきます。壁が白い宿は避けたほうが無難です。壁が白いと虫が寄ってきます。虫は、白い色が大好きです。なので、白いペンションだと窓から虫が侵入してきて大変です。

 うちの宿も昔は、今より白っぽかったんで大変でした。なので、壁を紺色に塗り直して、窓を二重にして虫の侵入を防いでます。また、強力なブロアを使って落ち葉を吹き飛ばし、カメムシが近寄らないようにしています。カメムシは、落ち葉の裏に潜って冬眠するので、落ち葉を屋敷から遠ざけると、虫は侵入しにくくなります。また、壁に大量の木酢を蒔くことによって、虫がいなくなります。そのうえ窓を二重にしてあるので、窓と窓の間にも虫除け剤を置いてあるので、虫たちは、ほとんど侵入してこなくなりました。

16-6-10-04.JPG

 ちなみに掃除機は、壊れにくいので有名な日立のものを使っています。昔は他のメーカーのものも持っていたのですが、みんなおシャカになってしまっています。ところが日立の奴は頑丈で、20年使っても壊れません。なにしろ宿屋は、ものすごく掃除機を使うので壊れにくくないと話になりません。

 そしてコードレス掃除機として日立工機のものを使っています。これはコードレスなのにダイソンなみに強力なので、ちょっとした掃除に便利です。日立工機のコードレス掃除機。それも18ボルトのやつ(R18DSAL)は、すごいパワーがあります。10ボルトの奴とか、他のメーカーは止めた方がいいですよ。安物買いの銭失いになります。

 あとルンバも10台ほど活躍しています。ロボット掃除機は、ルンバが一番性能が良い。けれど値段が10万円と高い。では、どうやって10台購入したかというと、Yahoo!オークションです。Yahoo!オークションなら5000円くらいで手に入る。新品1台の値段で10台買える。もちろんバッテリーが駄目なものもありますが、それは格安バッテリーをAmazonで買って自分で交換すればいい。

 長くなったので、今日は、これくらいで筆をおきます。
 次は、宿主がよくやる「絶対に得する予約の仕方」を紹介してみたいと思います。
 では、おやすみなさい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 22:43| Comment(0) | テーマ別雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。