2019年03月12日

宿屋の知恵を少しばかり その5 ハウスダストと花粉を撃退したい

 私は、毎年3月になると引きこもりになります。花粉症の症状がひどくなるからです。実は、20年前の北軽井沢には、ほとんど花粉がありませんでした。今でも他の地域よりは少ないと思います。けれどそんな北軽井沢でも、毎年どんどん花粉が増えてきて、外に出るのはしんどくなってきました。どうしてだろう?と不思議に思っていたんですが、先日ツイッターで、こんな書き込みを見てなるほどなぁと思いました。


勇者ライムlv.39@UberEATS配達員‏ @ubershinagawa

2012年の花粉 : 昨年の3倍
2013年の花粉 : 昨年の3倍
2014年の花粉 : 昨年の3倍
2015年の花粉 : 昨年の1.5倍
2016年の花粉 : 昨年の4倍
2017年の花粉 : 昨年の6倍
2018年の花粉 : 昨年の3倍
2019年の花粉 : 昨年の6倍

今年は2011年の花粉の17496倍飛散するということですな(´-ω-`)



 これが事実だとすると、もともと花粉がなかった北軽井沢も10年前の東京と大して変わらなくなっているのかもしれないと思いました。

 前置きはこのぐらいにして本題に入ります。
 今回は、私が、ハウスダストと花粉と戦ってきた20年間の歴史を紹介します。

 20年前に宿オープンした時、北軽井沢に花粉がほとんどなかったので、花粉症に苦しんでいた私は、夢のようなところだと最初は思っていました。ところが、そううまくはいかなかった。お客さんが大量の花粉を運んできて、宿の中にばらまいてイタズラです。お客さんがいないときはなんでもないのに、お客さんが来ると花粉症の症状が出て非常に苦しい。空気清浄機を最大にしてもダメです。花粉に関しては空気清浄機はあまりアテにならない。

 また、軽井沢あたりに買い出しに行くと花粉にやられて苦しくなる。北軽井沢と軽井沢では、花粉の量が全然違う。ましてや小諸市とか上田あたりになると花粉地獄。東京なんて怖くていけない。

 そこでいろいろ対策を立てたのですが、 1番効果があったのは、外出するたびに服を脱いで洗濯機に入れる。そして新しい服を着る。ということを繰り返すと花粉の苦しみから逃れることが判りました。花粉に苦しむ原因は、部屋に入ってくる花粉よりも、自分の服についてる花粉の方が、たちが悪いものです。

 そう考えると、3月に北軽井沢に来る花粉症のお客さんは、玄関で花粉を落としてからチェックインした方がいいです。でないと自分で自分を苦しめることになります。客室に花粉を入れなければ、花粉症この苦しみから逃れられるかもしれないからです。

 オープン当初、花粉症の苦しみから逃れるために、10匹台以上の空気清浄機を買って、館内のあちこちに置いて花粉を撃退しようとしましたが、あまりうまくいかなかった。そこで色々な手を使って、試行錯誤していくうちに、むしろ空気清浄機を止めて、クイックルワイパーのウェットペーパーを使って床を拭いた方が花粉に苦しまなくなることに気がつきました。

 じゃあ空気清浄機はいらないのか?と思ったんですが、そうでもなかった。空気清浄機は、ハウスダストをよく吸い込んでくれたからです。空気清浄機のある部屋と、それがない部屋では、ハウスダストの量がまったく違う。私はハウスダストにも弱いので、やっぱり空気清浄機があった方がいい。

 それにしても、このハウスダストを壊滅させる方法は無いものか?といろいろ試行錯誤しました。幸い松下電工の空気清浄機に、ハウスダストの量を計測するメーターがついていたので、どこからハウスダストが大量に発生するのかを調べてみたら、布団と毛布と絨毯とクッションから大量に出ることが判りました。

41YWYloftgL.jpg

 で、布団を干してみたり、布団乾燥機を使ってみたり、ダニを紫外線でやっつけるやつを使ってみたり、ハウスダスト除去スプレーを使ったりしたんですが、効果はなかった。唯一効果があったのが、掃除機で布団の中にあるハウスダストを吸い込む事。それで3ヶ月くらい持つのですが、 3カ月で元通り。なので3ヶ月に1回掃除機をかけていたんですが、 2年ぐらい経つと布団がどんどんどんどん痩せてきました。掃除機が強力すぎて、布団のわたをどんどん吸い込んで、煎餅布団になってしまうのです。

 これじゃ北軽井沢の寒い冬は越せないなと思った私は、思い切って布団の専聞き手門業者に防ダニ加工の羽毛布団を発注。するとハウスダストは激減。要するに、わた布団がダメだったんですね。そうとわかれば、わたのクッションを処分。カーペットや絨毯も処分。毛布にも大量のダニが発生することがわかったので処分。代わりに防ダニ加工のフランネル(ポリエステル)に変えました。ポリエステルは、湿気がないためにダニが発生しなくなります。これで大幅にハウスダスト数値が低くなり、客室から空気清浄機を撤去できるようになりました。現在、空気清浄機は、貸出だけに使っています。

L__SY55045.jpg

 現在うちが使っている空気清浄機は、シャープのやつです。理由は安い割にはそこそこ性能が良いからで、トーカドーのオリジナルモデルで買っています。性能的には、他のメーカーにも良いものがいっぱいあるんですが、そこそこ値段がしますね。ちなみにシャープの空気清浄機の欠点は、おならをするとすぐ反応して急速運転を始めることと、加湿機能が一晩しかもたないことですね。

 最後にこれは実験してわかったことなんですが、空気清浄機は、最大パワーで急速運転しないと、あまり意味がないみたいです。同じ条件下で、静寂運転した場合と、最大パワーで急速運転した場合では、ハウスダスト取れ方がまるで違います。また、人間が全く入らない部屋の場合は、空気清浄機よりも、ウエットの紙を使ったクイックルワイパーの方が、ハウスダストもよくとれるようです。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 16:51| Comment(0) | テーマ別雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。