2019年03月14日

宿屋の知恵を少しばかり その6 害獣を防ぐ

 今回は、害獣を防ぐについて少しばかり語ってみます。

tata01.jpg

1.ネズミ

 これが1番の強敵です。いろいろな手法を使って駆除をしてみたんですが、どうもうまくいきません。原因は、ネズミの学習能力が高いためです。最初は有効なんですが、 2回目からはうまくいきません。そこで侵入経路を遮断することにしました。最初に縁の下に入れないようにし、宿を取り囲む樹木を伐採し、枝伝いに侵入できなくし、その上で、いろんな種類の超音波ネズミ駆除器を10カ所以上に設置し、1ヶ月ごとに、別の会社の超音波ネズミ駆除器に変更していったら、姿を見せなくなりました。

2.モグラ

 こいつも強敵です。まず期限切れの消火器を使って、モグラを巣穴から追い出します。モグラの通路に、防虫剤を大量に入れます。その後に庭を囲むようにして、深さ50センチの堀をつくります。その堀の中に砂利を入れると侵入してこなくなりました。

3.キツツキ(アオゲラ)

 こいつは、軒下に穴を開ける最悪の鳥です。うちもあちこちに穴を開けられました。対処方法としては、 CDの現場をぶら下げてみるとか、軒下に網をぶら下げて、飛んでこれなくするなどの方法がありますが、うちの宿は思い切って、軒下を金属(ガルバリウム鋼板)で覆ってしまいました。

ber-17.jpg

4.カラス

 庭に野鳥の餌を大量に置くとやってくる鳥です。なので、野鳥の餌は最小限にしました。

5.リス

 バードウオッチングが大好きなお客様のために、庭にひまわりの種を置いておくと、それを食べにきます。ひどいときは、人間が2メートルくらい近づいても逃げません。うちの宿は、小さなお子さんも多いので、万が一、お子さんがリス達に噛みつかないように、子供が届かないような高いところに種おくようにしました。野生のリスは、狂犬病などの病気を持っている可能性もありますので、要注意です。

kaze3-2012-07-11T22_35_35-4.jpg

6.イノシシ

 猪といっても庭にやってくるのは、小さなウリ坊です。秋に落ちた、栗やドングリを春先に食べにきます。それを見たお客さんは大喜びですが、お客さんの車にいたずらされても困るので、秋のうちに栗やドングリをブロアで森の方吹き飛ばしたら、来なくなりました。

09ino-6.jpg

7.ムササビ

 こいつもタチ悪いです。普段、人が住んでない別荘の壁に穴を開けて住み着くんですが、夜になると樹から樹へと飛んでうるさい。空飛ぶ座布団です。庭の樹木を大幅に伐採したら、いなくなりました。

 


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









【関連する記事】
posted by マネージャー at 20:09| Comment(2) | テーマ別雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのベランダの床にエアコンの室外機が設置されておりますが、鳩の巣がいつのまにか、できており、すぐ気づいて駆除しましたが、一度、巣を作られたら、毎日、糞害でえらいことになります。お蔭で鳩が大嫌いになりました。
Posted by すにゃん at 2019年03月14日 22:43
あと、鳥は、ダニをいっぱいもっているので、要注意ですね。

Posted by マネージャー at 2019年03月15日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。