2020年07月19日

寝る子は育つ その3

 息子が、生まれて数年間。身長が伸びなかった理由は、夜更かしし過ぎたためだったことが分かってから、なるべく睡眠をとらせるように努力してきましたが、一度身についた生活習慣は変えがたく、なかなか眠ろうとしませんでした。仕方が無いので、寝る前にプロレスごっこなどの運動をさせて、疲れさせて寝かしつけましたが、それも本当は良くなかった。あまり運動させすぎても身長は伸びないというのですが、仕方が無い。

 で、少しずつ生活習慣をかえていき、なんとか8時には寝るようになったけれど小学校に入学すると一変します。

 登校時間が1時間早くなるので、夜8時に寝かせても、朝6時に起きなくてはならない。10時間睡眠させるには、夜7時に寝かせなければならないけれど、そんなことは不可能。御客さんの食事(デザート)を作っている最中だし、皿洗いで戦争のような状態。けれど、なんとか時間を作って8時に寝かせようとするのですが、困ったことに息子の奴は読書狂。寝たと思って引き上げると、それは狸寝入りで、こっそり夜中に起きて本を読んでいる。

 ちなみに嬬恋村の小学校では、一日一本のスクールバスで長い時間拘束されるので、一日の大半が学校生活です。朝7時すぎから、夕方4時半頃まで拘束されます。その後、宿題などをやると、アッというまに夕食時間になり、風呂に入って、就寝時間となる。友達と遊ぶ時間が全くない無い。

18-1-14-09.JPG

 私が子供の頃は、帰宅した後、2時間くらい友達と遊んでいました。そして夕方5時のサイレンで自宅に帰って、アニメかなんか見て、食事をして、その後ものんびりしていた気がする。宿題も無かった気がする。というか宿題をやった記憶が無い。ひたすら遊んでいたと思うし、習いごとも習字くらいしかやったことがない。自慢じゃ無いけれど、塾なんぞ一生かかわったこともなれれば、進研ゼミもやったことがない。

 しかし、息子の時代は違っている。うちに泊まりに来る御客さんは、みんなタブレットを持っていて、宿泊中もチャレンジタッチで勉強している。もちろん息子も、チャレンジタッチをやっている。遊ぶ時間が無いのに、チャレンジタッチはやっている。ということは、息子の趣味である読書する時間も無いわけで、時間におわれるスケジュールとなる。

 おまけに、うちの息子は、空手・キックボクシング・スケートを習っているので、その習いごとがある時は、分刻みに忙しい一日となる。火曜日の軽井沢空手教室の時は、スクールバスなんかに乗っていたら間に合わないので、学校まで迎えに行って、車の中で宿題をさせて4時半に軽井沢風越公園に到着。夜7時頃まで練習させて、8時に帰宅。夕食は車の中。木曜日のキックボクシングでも同じ事で、夜7時頃まで練習させて、8時に帰宅。宿題も夕食は車の中です。スケートにしてもにたようなものでした。すごいスケジュール。遊ぶ暇が無い。

G_102.JPG

 唯一、息子が遊べる時間は週末の御客さんが来るときだけ。それも小さな子供たちが泊まりに来たときだけです。だから息子にとって、御客さんが連れてくる子供さんと遊ぶことが唯一の楽しみなんですね。

 まあ、そんなことはいいとして、こういうスケジュールだと、息子の睡眠時間がなかなかとれなくて、でも、苦労して寝かせようとしても、読書できないことで息子の不満も大きくなり、夜中に、こっそりと隠れて本を読むようになり、結局、睡眠がとれないというジレンマになる。

「どうしたものか?」

と悩んでいるところに、突然、新型コロナウイルスが上陸して、あれよあれよ言う間に学校が休校になり、空手・キックボクシング・スケート練習など全て中止となってしまい、皮肉なことに息子の睡眠問題は解決してしまいました。息子の大好きな読書もたっぷりと時間がとれました。こんなこと言うと不謹慎に聞こえるかもしれませんが、ある意味、休校に感謝していたところがありました。息子と密接に関われるからです。私自身も、長年の疲労を取り除きましたし。

108401904_3177492978993711_7728979193712127953_o[1].jpg

110105445_3166089040138351_6223500692284301752_o.jpg


 しかし、再び学校が始まると、また大忙しです。
 忙しい息子は、最近、ちょっと不機嫌でした。

 群馬愛郷キャンペーンで多少は忙しかった最近は、息子に対してかまってやれなかったので、何かのストレス発散のためなのか、今日は御客さんがいる時にガラスを蹴って割ってしまいました。これも何かのサインなんでしょうか? 

 それはともかく、群馬愛郷キャンペーンも、そろそろ終わりです。7月までは群馬県民で予約がいっぱいでしたが、8月になるとガラガラです。幸か不幸か、今年は新型コロナウイルスによって、御客さんが激減しています。宿屋の方の仕事が減っているので、今後は、もっと息子に向き合ってあげられるので、なんとか時間をつくって工夫して息子の睡眠時間を確保していかなければ。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 21:59| Comment(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。