2007年08月10日

割烹着

北軽井沢ブルーベリーYGHでは、
リヒャルト・シルマンを記念して
シルマンウオーキングという行事をやっています。
軽井沢から北軽井沢まで30qを歩くのです。

http://www.kaze3.cc/index14.htm

その時に、日置さんという御客様が参加していたのですが
ゴールした時に足を挫いてしまいました。

こりゃまずいと思った私は、日曜日でもあいている病院を
インターネットでさがして連れて行ったのですが、
その御礼に日置さんは、お盆にヘルパーをやってくれるとのこと。
おかげで宿側は大助かりです!


という訳で、ヘルパー紹介写真の
日置さんが右手にもってるのは

湿布薬

でした。

IMG_99999999.JPG


ちなみに日置さんが着ている給食当番姿は
割烹着です。

IMG_0294.JPG

エプロンじゃなくて割烹着。
しかも、ネーム入り。
1年8組37番。

いいですねえ。
わかりやすくて。
でも「日置」をどう読むかしっていますか?
いっときますが「ひおき」じゃないですからね。

(けっきょく分かりやすくなかったりする・・・・)

IMG_100000000.JPG

「割烹着ってださくない?」
「いや、いいかも」
「どうして」
「うちの料理が、割烹料理みたいになる」
「・・・・・」

↓この割烹着を応援したい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 09:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1年前の今日、佐藤さんと智子さんと土井さんに心配かけながら捻挫の足を引きずって帰宅したことを思い出します。
あの一件がなかったら、私はブルーベリーにたまに顔を出す一介のホステラーでしかなく、ヘルパーすることもなかったと思います。
あまつさえ、割烹着娘なんてニックネームつかなかったと思います。
運命を変えた1日に合掌!!
Posted by 割烹着娘 at 2008年06月10日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック