2007年08月18日

恐怖の物語2

恐怖の物語2

妹想いのコージ君と私の会話。

「コージ君、妹さんが、ブログに君のことを書き込んでるぞ」
「なんて書いてあるんですか?」
「お兄ちゃん大好きだって」
「締め上げてやります」
「なんで、そっちの方に向かうんだよ」
「わかりました。とりあえず、やめておきます」

「とりあえずかよ!」


数日後

「また、妹さんがブログに書き込んでくれたぞ。
兄さん想いの、いい妹さんじゃないか」
「この世の終わりっすよ」
「なんで、そっちの方に向かうんだよ」
「わかりました。とりあえず、締め上げるのは、可哀想なんでやめておきます」

「とりあえずかよ!」

そして、御両親と妹さんが宿泊した今日(昨日か?)。
口は悪くても、けっこう、妹想いのところを発見した、
スタッフ一同でぁった。


コージくん
↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック