2007年08月20日

北の軽井沢から2(倉本聰風)

御注意
以下の文を読む場合は、必ず、
さだまさしの「北の国から」の
メロディーのBGMをかけながら読むこと。

(平成生まれの君は、お父さんに解説してもらってね)

「コージどこ行った?」
「知らない」
「マネージャーさんが呼んでいる」

「コージどこ行った?」
「知らない」
「マネージャーさんが呼んでいる」

「コージどこ行った?」
「知らない」
「マネージャーさんが呼んでいる」

 部屋に引きこもっているコージ君。
 そこに現れるマネージャー。

「瞬間移動するのもいい」
「・・・・」
「カレーを5回お代りするのもいい」
「・・・・」
「アイスやジュースを秒殺するのもいい」
「・・・・」
「2時間かけて漬け物を並べたって俺は怒らん」
「・・・・」
「200グラムの鶏肉を裂くのに1時間40分かかっても、それはそれでブログネタに使えるから好都合だ」
「・・・・」
「科学することはいいことだ。俺も若い頃は、よくやった。でもな、お茶会の時に部屋に引きこもっててはダメだろう。君は、御客様を迎える立場なんだから」

ラーラーラララララーラ♪
ラーラーラララララー♪
ララララーラララララーラ♪
ラララーラーラーラー♪

 浅間山のみえる草原。
 ヘルパーたちと御客様が、楽しそうに
 ツキノワグマを呼んでいる。
 ルールルルルルル・・・・・。
 そこには、コージ君の姿はない。

 回想。

「話をするコツを教えてやろう」
「・・・・」
「話上手というのはな、聞き上手といってな。相手の話を聞くだけでいいんだ」
「・・・・」
「そして、話を聞く方法には、2通りの方法がある」
「?」
「一つは耳で聞く方法」
「・・・・」
「もう一つは、口で聞く方法」
「どういうことですか?」
「人は、耳で話を聞こうとばかりする。したっけ、それだけでは、すぐに沈黙が流れることが多い。耳で聞くだけではダメだ〜。口で聞くんだ」
「・・・・」
「具体的に言えば質問をする。それに相手が答えたら、返事をかえす。このやりとりが会話をはずませる」
「・・・・」
「もちろん、高校1年生のお前に、分からない内容の話も多いかもしれない。でも、それが逆にチャンスでもある。分からんことは、聞け。聞いて聞いて聞きまくれ。大人はな、コージ君が想像する以上に教えたがりなんだ。特に高校生にはな」
「・・・・」
「・・・・」
「・・・・」

外からツキノワグマを呼ぶ声がする。
ルールルルルルル・・・・・。

「・・・・」
「・・・・」
「・・・・」

つづく。

0011.jpg


↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック