2007年08月21日

鉄道オタクのチャリダー

0009.JPG

古市君がヘルパー生活を終えて去っていく時、
悩んでいる様子でした。
「何を悩んでるの?」
と聞きますと
「新潟まで自転車で帰るか、電車で帰るか悩んでる」
と言います。

「いくらなんでも、
今から自転車で帰るとなると、
途中で夜だろう。
だいたい、今は昼の13時だぞ!」

そして、9時間後の22時。
古市君から電話がかかってきました。

「どうした、家に着いたか?」
「今、苗場の温泉に入っています」
「え?」

奴は電車じゃなくてチャリで
深夜の谷川連峰を
山越えしたのか?

古市君、おそるべし!

しかし、
それをわざわざ電話してくるということは、
これも彼の
実況中継なのか?

↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック