2008年05月19日

シルマンウオーキング3

シルマンウオーキング3

いよいよ峠ごえです。

shiru-30.JPG

柱状節理。
節理とは、岩体に発達した規則性のある割れ目のうち、両側にずれの見られないものをいいます。マグマが冷却固結する際や地殻変動の際に生じます。岩体が柱状になった節理。六角柱状のものが多いが、五角柱状や四角柱状のものもあります。東尋坊(福井県、国指定天然記念物)、層雲峡(北海道)なんかがそうですね。

shiru-31.JPG


ここは昔、茶屋が4軒あったところです。
今は礎石と墓と井戸が残されているだけですね。

shiru-34.JPG

shiru-33.JPG

shiru-32.JPG


ここでお昼御飯

shiru-35.JPG


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 09:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 横川・妙義山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この辺りまではいい天気だったんですけどねぇ〜。

昼食の時間考えると峠の小屋はちょうどいい場所にあったような気がします。
Posted by マサ at 2008年05月21日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック