2007年07月11日

野沢菜で有名な『お食事処 やまへい 』

野沢菜で有名な『お食事処 やまへい 』レストランに行ってきました。

 これが『やまへい』です。古民家を移築してできたレストラン。

yamahei-01.JPG

 18号バイパス沿いにあります。沿線沿いではひときわめ目立つ数寄屋造りの館です。店内は実に趣のある雰囲気で食事ではなくても、漬物買いに行くだけでも価値があります。

yamahei-02.JPG

『やまへい』は、創業以来、信州を代表する、野沢菜漬け一筋だった企業。素材は、すべて契約農場から『種』『肥料』すべて栽培管理していることで有名。産地で収穫後すぐに、水槽に漬けられた野沢菜は工場に搬入され、いち早くお届けする『野沢菜の調味浅漬け』は、まさに新鮮な野沢菜のサラダ感覚のお漬物です。 ですので、料理の主役は野沢菜です。

yamahei-03.JPG

所在地 : 長野県小諸市平原字寺前1166 
E-mail yamahei@dg.mbn.or.jp
U R L : http://www.yamahei.com


そばずくし 1312円
おなかいっぱいになります。
特にそばがきが美味しい。

yamahei-04.JPG


浅間膳 1700円
このボリュームで、この内容なら1700円は安いと思う。写真からはわかりにくいですが、かなりボリュームがある小諸の郷土料理が食べられます。特に鮎の南蛮漬けと菜飯が美味しかったですね。一度は食べてみたい食事です。

yamahei-05.JPG


佐久鯉定食 2100円
鯉コク+鯉のあらい+鯉の甘露煮の3点セットがついて、この値段なら安いと思う。どれも普通に頼めば1品で700円以上はしますからね。だいいちボリュームがすごい。写真ではわかりませんが、どの皿もラーメン丼くらいに大きいのです。

yamahei-06.JPG


つづく


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 07:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

小諸の懐古園

小諸の懐古園に行ってきましたが、
まだ桜は咲いていませんでした。
上田城は咲いていたのに。
もう少し先ですね。

ただ、水仙は綺麗に咲いていましたよ。


↓このブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

丸山珈琲小諸店

日本最高峰のコーヒーの専門店、丸山珈琲小諸店に行ってきました。

ma-01.JPG

ここには、日本に2台しかない
アメリカ製のスマートロースター
焙煎機械が置いてあります。

ma-03.JPG

ガラス張りでゆったりした空間の喫茶店。
石畳が敷かれた広々とした天井が高い。
すごい豪華なつくりです。

ma-02.JPG


夜にテーブルランプが点くと高級レストランの雰囲気。
デートスポットにもおすすめ。
もちろん珈琲も最高級で、2杯も飲めて、たったの500円。

ma-04.JPG


カフェでは、まずはジャパン バリスタ チャンピオンシップの
上位入賞バリスタ(エスプレッソ抽出者)がリーフやハートの
模様を描いたカプチーノを作ってくれます。

ma-05.JPG

まさにアートですね。

〒384-0092 長野県小諸市平原1152-1 TEL 0267-26-5556
http://www.maruyamacoffee.com/
営業時間 9:00〜20:00
不定休
駐車場 あり
TEL 0267-26-5556
FAX 0267-25-5380


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

布引観音ツアー

布引観音ツアー

「牛にひかれて善光寺」の伝説の舞台となった寺が、布引観音です。 断崖絶壁にかかる観音堂(重文)に安置されているのが、牛に化身して、強欲な婆さまを善光寺に連れていき改悛させたという布引観音様です。

090322-1.JPG

■牛に引かれて善光寺物語

 布引観音の由来は、昔、無信心なお婆さんが白い布を木にかけて洗濯をしていると、急に現れた牛が、角に布を引っかけて走り去ったので、お婆さんが慌てて追いかけて布を取り返そうと引っ張ると、そのまま牛に引きずられてしまい。気がつくと長野市の善光寺まで来てしまいました。善光寺で牛は突然消え、お婆さんはその牛が仏様の変わり身だと気づき、無信心だったお婆さんはその日から、心を入れ替えて信心深くなったという話からきています。

090322-2.JPG

090322-3.JPG

090322-4.JPG

090322-5.JPG

090322-6.JPG



つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 20:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

ネットカフェってどんなところ?

ネットカフェってどんなところだろう?
と疑問があったので行ってみました。

私が行ったところは、15分100円。
入会金100円。
ドリンク飲み放題。
漫画読み放題。
食事は、パスタで500円くらい。
カップ麺で150円。
アルコールは無し。
(禁酒禁煙)
和室・個室・マッサージチェア室あり。
という感じでした。

とりあえず・マッサージチェア室を30分ほど利用したのですが、
マッサージを30分だけやってでてきました。
30分じゃ何もできないなあという感じ。

感想は、
東京なら必要かもしれんが、
北軽井沢では全く必要ない!

というところでしょうか。
まあ、当たり前と言えば、あたりまえか!

というわけで、今日もヤマダ電機にいって無料マッサージして帰ってきました。

r1601_3.gif

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 02:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

懐古園の桜

懐古園の桜

懐古園は白鶴城や酔月城とも呼ばれた小諸城の跡で三の門には徳川家達公の筆になる「懐古園」の大額が掛かっています。小諸城は、全国的にも珍しい城下町より低い穴城で、浅間山の火山灰で出来ている谷と丘を利用して造られ、水を用いず、崩れやすい断崖が堅固な要塞となっています。

09-kaiko-01.JPG

09-kaiko-02.JPG

09-kaiko-03.JPG

また、文豪島崎藤村の「小諸なる古城のほとり」でも知られる信州の名園となっています。園内には、藤村記念館をはじめ小山敬三美術館、徴古館、郷土博物館、動物園、遊園地など数多くの文化施設が点在するほか、二の丸の石垣には若山牧水歌碑が、千曲川を望んでは藤村詩碑が建てられています。

09-kaiko-04.JPG

09-kaiko-05.JPG

09-kaiko-06.JPG


入園料500円 小中学生200円

藤村記念館、小山敬三美術館、郷土博物館、徴古館、動物園、小諸義塾記念館

散策券300円 小中学生100円

〒384-0804 長野県小諸市丁311
TEL 0267-22-0296 FAX 0267-25-0296

09-kaiko-07.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

小諸散策

小諸散策してきました。
次のシルマンウォークの候補にしてはどうだろう?


大手門
平成の大修理を終え、江戸時代の姿に甦りました。

09-komo-01.JPG


古い町並み

09-komo-02.JPG


島崎藤村の自宅があったところ

09-komo-03.JPG


光岳寺
阿弥陀如来をまつる浄土宗の古刹。江戸中期のものという楼門の造作がみごとです。光岳寺の境内には成田山のお堂があり、大晦日には二年参りの人々で賑わいます。

09-komo-04.JPG

09-komo-05.JPG


古い町並み

09-komo-06.JPG

09-komo-07.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

シルマンウォーク小諸編

シルマンウォーク小諸編

まず、キャベツ畑で記念撮影。
いい天気でした。
遠く、和歌山・博多からの参加者もいます。

komo-01.JPG

そして車坂峠へ!

komo-02.JPG

はい、懐古園から出発。

komo-03.JPG

小諸城

komo-04.JPG


これが観光協会!

komo-05.JPG

観光協会の受付の人は、着物を着ています。

komo-06.JPG

以下、古い町並みを散策。

komo-07.JPG

komo-08.JPG

komo-09.JPG

komo-10.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 01:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

シルマンウォーク小諸編2

シルマンウォーク小諸編2

小諸は、武田信玄が断崖絶壁の自然を生かした要塞の基礎を築き、仙石秀久が今の規模にまで整えたと言われます。このとき建立された正門が大手門です。めまぐるしく城主が替わる中で、小諸城は酔月城、鍋蓋城、白鶴城などと呼ばれていた時代があります。武田家から織田家、豊臣家、そして徳川家の領土へと移り変わり、1702年(元禄15年)牧野康重が1万5千石をもって入城し、以後明治維新までの約150年間、牧野氏10代の居城となりました。

komo2-01.JPG

江戸時代には、日本海沿岸にのびる北国街道が、加賀百万石の参勤交代のルートとなり、宿場町として栄えました。小諸の町にたたずむ旧本陣は、街道沿いに残る貴重な本陣のひとつです。また、金が運ばれたことから「金の道」と呼ばれていたこともあります。明治時代には、製糸の町として発展を遂げ、日本各地からやってきた商人たちの宿場町としてにぎわいました。

komo2-02.JPG

天気が良くてよかったですね。
みんな元気よくウォーキング。

komo2-03.JPG

komo2-04.JPG

komo2-06.JPG

komo2-05.JPG

komo2-07.JPG

komo2-08.JPG


すごいネーミング!

komo2-09.JPG

komo2-10.JPG

komo2-11.JPG

komo2-12.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 02:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルマンウォーク小諸編3

まずお詫び。
所用のために、しばらくの間、更新が途絶えます。

で、シルマンウォーク小諸編3

komo3-01.JPG

この家の人って.....

komo3-02.JPG

komo3-03.JPG

komo3-04.JPG

屋根にこんなものが!

komo3-05.JPG

komo3-06.JPG

すごい町並み

komo3-07.JPG

こ、これは?

komo3-08.JPG

情緒ありますねえ。
アカポストがいい!

komo3-09.JPG

komo3-10.JPG

スタンプラリーを終えると、
こんな景品が、無料プレゼント!
小諸はいいですね。

komo3-11.JPG

腰に手を!
基本ですね。

komo3-12.JPG


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 12:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

日本一勝手な家蕎麦

小諸にあった日本一勝手な家蕎麦屋さんを紹介。
私は、食べてないんですが、美味そうなので
写真だけアップしてみました。
前回のシルマンウオークの写真です。

komo-200.JPG

komo-218.JPG

komo-211.JPG

komo-221.JPG

komo-222.JPG

komo-230.JPG

komo-231.JPG

はたして、味はどうだったのか?


追伸
ご指摘があり店名が分かりました。ありがとうございました。
「そば七」だそうです。
サイトがあったので、紹介しておきます。
http://www.dia.janis.or.jp/~soba-7/

空き屋になっていた建物を、地域の方がゆったりと集えるそば屋として、みんなで手造りで修繕したものらしいです。この建物は江戸末期のものとみられています。当時料亭「源氏庵」として建てられ、後にオンワードの樫山家や志賀銀行として利用されたらしい。

〒384-0026 小諸市本町3-1-2
Tel 0267-22-7688/Fax 0267-22-7688
営業時間
平日:11時30分〜15時、17時〜19時30分(LO)
土・日・祝:11時30分〜19時30分(LO)
定休日 火曜日
席数 36席


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング


posted by マネージャー at 16:17| Comment(9) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

揚羽屋

超有名店です!

agehaya-02.JPG

小諸駅から徒歩1分の場所にあります。
テレビで何度もソースカツ丼を紹介されている店。

agehaya-01.JPG

しかし、
おしゃれな店を期待してはダメ。
田舎の大衆食堂ですから。


論より証拠。
ほれ!

agehaya-03.JPG

お世辞にも、きれいな店とは言い難い。

agehaya-04.JPG

しかし、ここのソースカツ丼は、
どっちの料理ショーで紹介され
一時期、大行列が出来たこともあった。
しかし、店主は、大衆に迎合せず、昔のままカツ丼を作り続けた。
店の改築もしなかった。
昔のママに変えなかった。

agehaya-08.JPG

この店は、貧乏時代の島崎藤村が愛した店で、
藤村の文章にもよくでてきます。

agehaya-09.JPG

島崎藤村が明治30年代に信州小諸で過ごしたときに『千曲川スケッチ』にも紹介されている郷土料理店。名物の「一ぜんめし」は、今も藤村が食べた当時と変わらぬ味わい。

agehaya-10.JPG

agehaya-11.JPG

そして、藤村時代の昔のメニューも、
味を変えずにそのまま、残っています。
もちろん美味い地酒も飲める。

オフシーズンに嫁さんをドライバーにして
飲みにきたい店です。


agehaya-07.JPG

で、今回は、ソースカツ丼を注文。

agehaya-05.JPG

これをみたとき、
「あちゃ、今回は外したかな?」
と一瞬、落胆しました。
あまり美味そうに見えなかった。
ソースがかかりすぎて、グジャグジャになっていると!
とこが・・・・・・!

agehaya-06.JPG

う、うまい!
サクサクだ!

(ダブルカツ、これで700円)

これ、どうやって作っているのだろう?
カツがサクッと煎餅のように堅い。
これだけソースがかかっているのに。

ここまで固く揚げると、肉も固くなるはずなのに
肉はジューシー。
考えられるのは、冷凍肉を衣につけて揚げることだが、
そうなると肉を叩く作業ができないので
肉が固くなってしまうし、筋切りしないために
カツが曲がってしまう。

謎だ!

しかし、この店、ただものではないなあ。
でも、綺麗な店で食べたい女の子には向かない店。
私のようなオヤジ向きの店です。

次は、島崎藤村の愛したメニューに挑戦したい。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 10:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

菱野温泉

菱野温泉

ここは、超大当たりの温泉でした。

09hishino-01.JPG

まず入口で、この看板が笑わせてくれます。

09hishino-03.JPG

色眼鏡って.....orz。

料金は、1000円と高めですが、

09hishino-02.JPG

フロントで1000円を払うと

09hishino-04.JPG

ケーブルカーに乗るのです。

09hishino-05.JPG

09hishino-06.JPG

しかも無人。

09hishino-07.JPG

09hishino-08.JPG

運転は、なんと!
御客様みずから行います。



09hishino-09.JPG

で、到着したところが、ここ!

名物の登山電車に乗って1分30秒、絶景の展望露天風呂『雲の助』に到着。標高1,050メートルの浴槽から望む八ヶ岳、富士、佐久平の大パノラマは美しく、爽快そのものです。

09hishino-21.JPG

露天風呂の数々。

09hishino-10.JPG

常盤館本館より名物の登山電車に乗って1分30秒、絶景の展望露天風呂『雲の助』に到着。標高1,050メートルの浴槽から望む八ヶ岳、富士、佐久平の大パノラマは美しく、爽快そのものです。季節折々の風情を感じながら心身ともにこの上ないリラックスをお楽しみください。

09hishino-11.JPG

09hishino-12.JPG

09hishino-13.JPG

09hishino-14.JPG

09hishino-16.JPG

そして、素晴らしい展望。

09hishino-18.JPG

09hishino-17.JPG

09hishino-19.JPG

まさに、大当たり!

信州小諸 菱野温泉
常盤館
〒384-0041 長野県小諸市菱平762-2
TEL:0267-22-0516
FAX:0267-23-5648


入浴料中学生以上… \1,000(税込)
3歳〜小学生… \500(税込)
営業時間11:00〜21:00 (受付終了時間:19:00)

土・日・祝日の16〜18時は外来のお客様の入場制限もあるとか。特にお正月・GW・夏休み〜秋にかけては多々発生します。 備品石鹸・ボディーシャンプー・シャンプー・貸しタオル・ドライヤー・有料貸しバスタオル ・販売タオル(歯ブラシ付)
各200円


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 03:19| Comment(3) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

小諸懐古園に花見に行ってきました

4月25日・小諸懐古園に花見に行ってきました。
満開でしたね。

104-25-01.JPG

ソメイヨシノは満開でしたね。
4月23日〜27日が全体的に見頃となりそうです。
小諸八重紅枝垂は、現在9分咲きで4月いっぱい見れそう。

104-25-02.JPG

 懐古園は、山本勘助が築き、仙石秀久によって完成されたと言われています。白鶴城や酔月城とも呼ばれ、入り口の三の門(重文)には徳川家達公の筆になる“懐古園”の額が掛っています。城下町よりも低い位置にある「穴城」として全国的に珍しい存在で、天然の要塞となっている野面積みの石垣が昔日を偲ばせています。

104-25-03.JPG

104-25-04.JPG

104-25-05.JPG

104-25-06.JPG

104-25-07.JPG

104-25-08.JPG

104-25-09.JPG

【利用案内】
入園料500円 小中学生200円

藤村記念館、
小山敬三美術館、
郷土博物館、
徴古館、
動物園、
小諸義塾記念館

散策券300円 小中学生100円
園内散策、動物園

【開園日時】
3月中旬〜11月末まで無休開園
AM8:30〜PM5:00
【休園日】
12月〜3月中旬まで毎週水曜日
年末年始(12月29日〜1月3日)
遊園地休園日(12月1日〜3月中旬)
【交通】
小諸駅より東西自由通路を渡りすぐ
【所在地】
〒384-0804 長野県小諸市丁311
【連絡先】
TEL 0267-22-0296
FAX 0267-25-0296
Email kaikoen@city.komoro.nagano.jp


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:52| Comment(3) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

菱野温泉に行ってきました。

4月25日・菱野温泉に行ってきました。

104-25-11.JPG

登山列車で温泉に行きます。

104-25-12.JPG

104-25-13.JPG

展望のよい風呂です。

104-25-14.JPG

露天風呂も素敵。
富士山も見えます。

104-25-15.JPG

信州小諸 菱野温泉
常盤館
〒384-0041 長野県小諸市菱平762-2
TEL:0267-22-0516
FAX:0267-23-5648


入浴料中学生以上… \1,000(税込)
3歳〜小学生… \500(税込)
営業時間11:00〜21:00 (受付終了時間:19:00)

土・日・祝日の16〜18時は外来のお客様の入場制限もあるとか。特にお正月・GW・夏休み〜秋にかけては多々発生します。 備品石鹸・ボディーシャンプー・シャンプー・貸しタオル・ドライヤー・有料貸しバスタオル ・販売タオル(歯ブラシ付)
各200円

104-25-16.JPG

104-25-17.JPG

104-25-18.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





タグ:菱野温泉
posted by マネージャー at 23:54| Comment(2) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

布引観音ツアー

善光寺の牛伝説発祥の地、布引観音ツアーに行ってきました。

10813-1-01.JPG

今回のメンバー埼玉県の方が多かったですね。

10813-1-02.JPG

10813-1-03.JPG

10813-1-04.JPG

牛におわれて善光寺
だから布引観音。

10813-1-05.JPG

10813-1-06.JPG

10813-1-07.JPG

10813-1-08.JPG

10813-1-09.JPG

10813-1-10.JPG

10813-1-11.JPG

清水寺そっくりです!

10813-1-12.JPG

10813-1-13.JPG

10813-1-14.JPG

10813-1-15.JPG

10813-1-16.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 09:49| Comment(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

はりこし亭グルメツアー

「はりこし亭」は伊東深水ゆかりの江戸時代の旧家を移築したお食事処です。
名前の由来は、島崎藤村の「千曲川のスケッチ」の中にあります。
「君はまだハリコシなどというものを食ったことがあるまい」という一節の
「はりこしまんじゅう」からつけられました。

10923-01.JPG

10923-02.JPG

10923-03.JPG

10923-04.JPG

10923-05.JPG

10923-06.JPG

昼の時間
午前11:30?午後2:00
手打ち蕎麦、おはぎ、お煮かけうどん、季節の御前懐石など・・
夜の時間(完全予約制)
午後5:30?午後9:00(オーダーストップ午後8:30)
和風会席料理 \3,500より、他一品料理など
こだわりの日本酒
どんろく(新潟)、流水香ばし(木曽)、天領盃生酒(新潟)、
越の夕凪大吟醸(新潟)、特別限定酒、地元日本酒、焼酎、ワイン他多数

10923-07.JPG

10923-08.JPG

これが初恋御膳
これで1500円
これに蕎麦が付きます。

10923-09.JPG

10923-10.JPG

10923-11.JPG

お品書き

10923-12.JPG

10923-13.JPG

10923-14.JPG

10923-15.JPG

蕎麦も850円とやすくて美味しい。

10923-16.JPG

他にも、いろんなメニューがやすい。

10923-17.JPG

10923-18.JPG

10923-19.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





タグ:はりこし亭
posted by マネージャー at 11:47| Comment(4) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

小林篤木彫展見学ツアー報告

小林篤(こばやし あつし)木彫展に行ってきました。

10924-01.JPG


富山県井波にて伝統木彫りの技術を修めた小林氏の木彫りは、
大変ユニーク。
不思議・おもしろ感覚を混合させて、
見てて楽しい木彫りでした。
ちなみに小林さんは、小諸の人です。

10924-02.JPG

10924-03.JPG

10924-04.JPG

10924-05.JPG

10924-06.JPG

10924-07.JPG

10924-08.JPG

10924-09.JPG

10924-10.JPG

10924-11.jpg

10924-12.jpg

10924-13.JPG

10924-14.JPG

10924-15.JPG

10924-16.JPG

10924-17.JPG

10924-18.JPG

10924-19.JPG

10924-20.JPG

10924-21.JPG

10924-22.JPG

10924-23.JPG

10924-24.JPG

10924-25.JPG


1980〜86年 富山県井波町にて木彫を学ぶ
1991年    第8回「ハンズ大賞」ハンズマインド賞
         日府展・新人賞
1995年    第12回「ハンズ大賞」ハンズマインド賞
         第2回フォークアート・おおや・銅賞
1997年    NHK「おしゃれ工房」出演


木彫り展は、小諸の「はりこし亭」でやってます。

つづく


↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:20| Comment(3) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

布引観音ツアー

布引観音ツアー

雨の降ってない地域を天気図でさがしたら小諸が良いと分かりました。
で、小諸グルメツアーを企画したのですが、そのまえに軽く散歩。
布引観音です。

101122-1-01.JPG

パワースポットマンがいないと、ちと寂しい。

101122-1-06.JPG

101122-1-07.JPG

101122-1-08.JPG

101122-1-10.JPG

101122-1-11.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




タグ:布引観音
posted by マネージャー at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菱野温泉

菱野温泉

色眼鏡おことわり。
色眼鏡を色眼鏡でみてませんか?

しかし、今時、色眼鏡なんて死語ですね。

101122-2-01.JPG

登山電車に乗って行く温泉です。

101122-2-02.JPG

常盤館ロビー横の山麓駅を出発し、所要時間1分30秒で露天風呂「雲の助」のある山頂駅に到着します。全長130mの小規模なケーブルカーですが、中央で2機が交差する本格的な構造(単線二両交走式鋼索鉄道)。すれ違いの瞬間は、ちょっとドキドキします。

101122-2-03.JPG

絶景の展望露天風呂『雲の助』は
標高1,050メートルの浴槽から望む
八ヶ岳、富士、佐久平の大パノラマが見えます。

101122-2-04.JPG

101122-2-05.JPG

101122-2-06.JPG

101122-2-07.JPG

101122-2-08.JPG

101122-2-09.JPG

101122-2-11.JPG

登山電車で行く展望露天風呂『雲の助』
営業時間: 11:00〜21:00
入浴料… \1,000(税込)

施設内には「雲の助売店」があり、東信濃の陶工芸品や生ビール、各種ジュースなどが販売。

生ビール・地ビール 各650円
甘酒         400円
コーヒー
アイスコーヒー
しそジュース
りんごジュース
かりんジュース   各300円

信州小諸 菱野温泉
常盤館
〒384-0041 長野県小諸市菱平762-2
TEL:0267-22-0516
FAX:0267-23-5648

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




タグ:菱野温泉
posted by マネージャー at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小諸市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする