2008年01月07日

なぜか、善光寺に行ってしまった。

スノーシューツアーのはずが、なぜか、善光寺に行ってしまった。
善光寺っておもしろいですね。
ブログの調子が悪くて画像があっぷできないので、
今日は、文字だけで失礼します。



↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

善光寺参りに行ってきました

善光寺参りに行ってきました

I41-800.JPG

善光寺

天台宗と浄土宗の別格本山ともなっている(日本において仏教が諸宗派に分かれる以前からの寺院であることから、宗派の別なく宿願が可能な霊場と位置づけられている)。天台宗の大勧進と25院、浄土宗の大本願と14坊により運営されている。大本願はこの手の大寺院には珍しい尼寺で、門跡寺院ではないが代々公家出身者から住職を迎えている。


I41-794.JPG

本尊は善光寺式阿弥陀三尊の元となった阿弥陀三尊像で、絶対の秘仏であり、その姿は寺の住職ですら目にすることはできない。善光寺本堂は1953年(昭和28年)3月、国宝に指定された。また、山門(三門)と経堂は重要文化財である。本堂では床下の真っ暗な通路を通り、本尊の真下にあるとされる「極楽浄土への錠前」に触れる「戒壇巡り」が体験できる。

I41-798.JPG

I41-799.JPG

いったい、どんな願いが?


↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

豆腐カフェ(おとうふかふぇ五六亭)

豆腐カフェ(おとうふかふぇ五六亭)

豆腐カフェ紹介、すげー美味かった!

I44-001.JPG


ランチ(豆腐ねぎとろ丼定食)

ねぎとろと、豆腐ソースのハーモニー。
御飯の量は少ないが、ランチをたのむと
食べ放題の手作り豆腐(極旨)がついている。

I44-006.JPG


ランチをたのむと食べ放題の手作り豆腐(極旨)

I44-002.JPG

I44-005.JPG


豆腐きぬごしレアチーズ (美味)

I44-003.JPG


豆乳ティラミス400円(美味)

I44-004.JPG


豆腐白玉パフェ500円(美味)

I44-007.JPG

所在地 〒380-0841長野市大門町55−3ぱてぃお大門内
営業時間 11時〜20時 (19時30分ラストオーダー)
定休日 毎月第3金曜日
お問い合わせ先 TEL : 026-233-0356 FAX : 026-233-0356


↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

湯田中温泉

湯田中温泉のある『野猿公苑』は、猿が温泉に入るところです。
ツアーが潰れたのでスタッフが見学に行ってきました。

yuda-04.JPG

yuda-01.JPG

yuda-02.JPG

yuda-03.JPG

yuda-05.JPG

つづく

↓このブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

松代ツアー

松代ツアーに行ってきました。

sas-0003.JPG

sas-0002.JPG

sas-0001.JPG

sas-0004.JPG

sas-0005.JPG

つづく

↓この続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 09:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

松代ツアー2

松代といえば、真田幸村で有名な真田藩の場所です。1622年(元和8年)に信濃国上田藩より真田信之が10万石で入封した後、幕末までこの地は真田家の所領でした。

sas-0007.JPG

sas-0006.JPG

sas-0008.JPG

この藩はユニークな藩で、1744年(延享元年)足軽によるストライキという全国的にも極めて稀な事態となったことでも有名です。

また、幕末の奇才佐久間象山も、この藩の人間で、門下に吉田松陰などがいます。

明治維新の際は、早くから倒幕で藩論が一致し、戊辰戦争には新政府軍に参加しました。

その功績から、1871年(明治4年)廃藩置県により、松代県となり、その後、長野県に編入されました。

sas-0009.JPG

松代の蕎麦



つづく

↓この続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

限定のコンビニシュークリーム

コンビニのシュークリームの中では、
最高に美味しかった。
でも、これは、長野県のセブンイレブンにしか売ってないとか。

DSCF2444.JPG

もちろん、専門店に比べれば、
あれですけれど・・・コンビニのものでは、かなり美味しい。

特にジャージー牛の
生クリームが最高!


長野県にくる人は、ちょっと食べてみてください。

DSCF2443.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 14:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

善光寺御開帳ツアー

善光寺御開帳ツアー。
なぜ、こんなツアーをやったかと言いますと、
ツアーリーダーの土井君が、前厄だからです。

zen-01.JPG

ここが善光寺。浄土宗の大本山で、浄土宗の宗祖法然上人と二祖聖光上人とが善光寺如来の夢告により、法縁を結ばれたり、浄土宗西山派の祖証空上人、三祖良忠上人、その他数多くの浄土宗系の高僧たちにより信濃に念仏の教えが広められました。


偉い人に、あたまをナデナデしてもらいました。

zen-02.JPG


後ろの棒みたいなものが、ひもで繋がってて、
これを触ることによって、御利益があるとか。
回向柱(えこうばしら)と言います。

zen-03.JPG


御開帳期間中は前立本尊と本堂の前に立てられた回向柱が五色の紐で結ばれ、回向柱に触れると前立本尊に触れたのと同じ利益があり、来世の幸せが約束されるとされています。

zen-04.JPG


お守りの自動販売機?
古い歴史と近代文明の融合なのか....orz。

zen-05.JPG



【牛に引かれて善光寺参りの説話】

 昔、心が貧しい老婆がいました。
 ある日、軒下に布を干していると、
 どこからか牛が一頭やってきて、
 その角に布を引っかけて走り去ってしまいました。
「こら! 布を返せ!」
と怒りながら牛を追いかけていきました。
 ところが牛の逃げ足は早く、
 善光寺の金堂前まで来てしまいました。
 牛は、観音菩薩様の化身でありました。


さすがは「牛に引かれて善光寺参り」の善光寺。
善光寺境内に牛の像がある.....。

zen-06.JPG

でも、なぜ和牛でない?
どうしてホルンスタイン?
誰か説明してくれ....orz





zen-07.JPG

ちなみに、ご本尊の善光寺如来は、
日本に渡来した最初の仏さまといわれています。

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 05:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

若穂太郎山ツアー

若穂太郎山 (996.9m)

 長野市街地から南東方面に見えます。地図では太郎山となっているが上田市街地にある太郎山と紛らわしいため地元では若穂太郎山とよびます。山頂の展望は北西方面だけが素晴らしく、北信五岳や千曲川、善光寺平の眺望が素晴らしいです。

10-6-13-01.JPG

10-6-13-02.JPG

10-6-13-03.JPG

10-6-13-04.JPG

10-6-13-05.JPG

10-6-13-06.JPG

10-6-13-07.JPG

10-6-13-08.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 04:01| Comment(2) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

善光寺で新蕎麦を食べてきました

雨が降ったので、浅間山はやめて、善光寺で新蕎麦を食べてきました

11-10-22-1-01.JPG

善光寺で天候の厄払い?

11-10-22-1-02.JPG

11-10-22-1-03.JPG

11-10-22-1-04.JPG

11-10-22-1-05.JPG

11-10-22-1-06.JPG

11-10-22-1-07.JPG

11-10-22-1-08.JPG

11-10-22-1-09.JPG

11-10-22-1-10.JPG

そば処元屋
有名な店なので知ってますよね。
大門のすぐそばにあります。

11-10-22-1-11.JPG

11-10-22-1-17.JPG

〒380-0841 長野県長野市大字長野大門町587−3
026-232-0668

11-10-22-1-12.JPG

11-10-22-1-13.JPG

新蕎麦、いいねえ!

11-10-22-1-14.JPG

11-10-22-1-15.JPG

11-10-22-1-16.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆腐カフェ(おとうふかふぇ五六亭)

善光寺に行ったら必ず寄りたいのが豆腐カフェ(おとうふかふぇ五六亭)
場所は、蔵の街、ぱていお大門にあります

11-10-22-1-01.JPG

今は工事中

11-10-22-1-02.JPG

11-10-22-1-03.JPG

11-10-22-1-04.JPG

これが店

11-10-22-1-05.JPG

ランチがおすすめ

11-10-22-1-06.JPG

ランチをたのむと食べ放題の手作り豆腐

11-10-22-1-07.JPG

11-10-22-1-08.JPG

豆腐きぬごしレアチーズ

11-10-22-1-10.JPG

豆乳ティラミス

11-10-22-1-09.JPG

豆腐白玉パフェ

11-10-22-5-12.JPG


所在地 〒380-0841長野市大門町55−3ぱてぃお大門内
営業時間 11時〜20時 (19時30分ラストオーダー)
定休日 毎月第3金曜日
お問い合わせ先 TEL : 026-233-0356 FAX : 026-233-0356

11-10-22-5-11.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

松代城散策

今回のシルマンウオークは松代散策でした。

11-11-12-01.JPG

狂い咲き

11-11-12-21.JPG

今回のメンバー

11-11-12-02.JPG


松代城といってもピンとこない人に説明すると、ここは真田藩の居城。
そして、ここから佐久間象山がでています。
ちなみに、その弟子が、嬬恋村の中居屋重兵衛。
硝石無しで火薬の製造に成功し、
生糸の貿易で億万の富をきずき、
井伊大老を陰で暗殺した男です。


11-11-12-03.JPG


ちなみに松代藩は、ペリーの浦賀来航時に横浜警備を命じられています。
ただし、この時の幕府は、ペリーを見事に追い返しています。
開国もしていません。
長崎と同じモノを、下田と函館に作っただけで、貿易も開始していません。
本物の開国は、日米修好通商条約からスタートします。


11-11-12-05.JPG


歴史の教科書では、井伊大老が日米修好通商条約を結んだことになっていますが、そもそも日米修好通商条約を進めていたのは、前政権の堀田正睦でした。
堀田正睦が岩瀬忠震(いわせただなり)を使って条約を結ばせています。
それに激怒した井伊大老は、安政の大獄をスタートさせ、嬬恋村の中居屋重兵衛が黒幕となって、桜田門外の変がおきるわけですが、中居屋重兵衛のバックに真田藩の陰があったのかもしれません。

ちなみに、どうして日米修好通商条約を結んだことに井伊大老が激怒したかと言いますと、日米修好通商条約そのものには、井伊大老も異存はなかったのです。
条約も、決して「不平等」ではなかった。
関税率は、20パーセントであったし、治外法権も横浜という狭い租界の中でのことだけであった。
幕府の関税収入は年貢収入に匹敵したとの説もあるくらいで、これによって幕府は大いに潤っています。
井伊直弼が激怒した理由は、その後に、同様の条約をイギリス・フランス・オランダ・ロシアとも結んだことにあり、
さらにドイツと締結しようとして、井伊直弼が激怒したことにあります。

実は、このころのドイツは、統一されて無く、百カ国の連邦国家だった。
つまり、ドイツと通商条約を結ぶと言うことは、百カ国と開国することであり、
その数に井伊大老が卒倒したというのが実情です。
かくして安政の大獄がスタートします。

11-11-12-06.JPG

11-11-12-10.JPG

11-11-12-11.JPG

11-11-12-12.JPG

11-11-12-13.JPG


松代城と書くと、戦国時代ファンは萌えませんね。
やはり海津城(松代城)と書きたい。
そうです。
有名な川中島の決戦の舞台です。
武田信玄は、ここにたてこもり、
上杉謙信は、妻女山にたてこもりました。
おそらく、これではないでしょうか?

11-11-12-07.JPG

11-11-12-19.JPG

まず、武田信玄が、平和の協定を破って、密かに海津城(松代城)を築きます。
怒った上杉謙信は、出陣し、妻女山に8000の兵力を置く。
武田信玄は、2万の兵力をかかえて海津城(松代城)に入場。
そして、1万2000の兵力で夜襲して、逃げてきた上杉軍を8000の本隊が襲いかかる予定でしたが、
上杉軍は裏をかいて、武田本隊を攻撃。
武田軍は、副将武田信繁・諸角虎定が戦死。
上杉軍の大将クラスには戦死者がいませんでした。


11-11-12-14.JPG

11-11-12-15.JPG

11-11-12-16.JPG

11-11-12-17.JPG

11-11-12-18.JPG

11-11-12-20.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




ラベル:松代城
posted by マネージャー at 23:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

松代の城下町散策

松代の城下町散策です。

11-11-12-1-01.JPG

・松代藩文武学校

 松代藩が設けた文武併習の学校として1855年・安政2年に開講。
 藩校を完全な形で現在に伝えています。

 ここでは、文学や武術のほか、西洋の軍学なども教えられており、極めて先進的な教育が行われていました。また、儒教を廃しており、そのため、多くの藩校にみられるような孔子廟を設けていないのも特徴です。儒教色が少なく、実利一本なのが真田らしいですね。

11-11-12-1-03.JPG

11-11-12-1-04.JPG


関山仙太夫邸

11-11-12-1-06.JPG

 真田藩士でありながら、囲碁の本因坊烈元に入門し、18歳で初段を許されました。しかし藩中の者から「碁才餘りあるも武道に疎し。是れ武士の本旨にあらず」言われ、一念発起して文武に励み、念流免許皆伝を受けて、再度本因坊家にて囲碁の修行に戻ったと言われます。

 文政時代に江戸在住となり、天保2年(1831年)に江戸詰めを解かれて帰郷するに際して、名人となったばかりの本因坊丈和に二子局を願い、これに1目勝ちします。この時に関山仙太夫は、本因坊家に五段の免許を願い出ましたが、初段から一挙に五段まで飛び越えるのは無理な話だ―と名人碁所本因坊丈和に断わられました。とは言うものの実力はあるので三段免許をあたえ折りを見ながら昇段させようと仙太夫を説得しました。
 けれど仙太夫は「三段免許ならばいらぬ」と断わりました。以来、仙太夫は生涯初段で通しましたが、本因坊家では五段格で打つことを黙って許しました。これは史実であったらしく、天保10年(1839年)の囲碁番付『囲碁勝劣競』では、仙太夫は、丈策の次に初段で五番目にランクされています。仙太夫のあとは、四段加藤正徹、同伊藤徳兵衛、同中川順節、同河北耕之助、同穂田熈と続きます。この番付表によると仙太夫は六段の次で、四段の前の位置に初段として記入してあります。しかも番付行事後に名人本因坊丈和、準名人井上因碩の名があり、仙太夫の五段格は本因坊家も井上家も認めており「黙許五段」は事実であったことになります。


11-11-12-1-05.JPG


 嘉永4年(1851年)68歳の時、本因坊家跡目となっていた秀策との対局を望む手紙を本因坊秀和に送ります。秀和はこれを認めて秀策を松代に赴かせ、20日間で仙太夫先番での二十番碁を打ち、仙太夫7勝13敗。秀策は仙太夫の力量を賞賛し「妙碁と称すべきもの二局あり」と述べています。安政3年(1856年)には、本因坊秀甫と十番碁を打ち、1勝8敗1ジゴ。藩では祐筆を勤め、囲碁に関する著作も多く、『聖賢囲碁妙手集』『竹林修行用魂集』『囲碁方位初心階』『囲碁初心調練階』などを遺しており、貴重な文献となっています。


11-11-12-1-07.JPG

11-11-12-1-08.JPG

11-11-12-1-09.JPG

11-11-12-1-10.JPG

11-11-12-1-11.JPG

11-11-12-1-12.JPG

11-11-12-1-13.JPG

11-11-12-1-14.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

松代大本営跡(象山地下壕)

 第ニ次世界大戦末期、軍部が本土決戦最後の拠点として極秘の内に大本営、政府機関等を松代に移すという計画の内に舞鶴山、皆神山、象山の地下に地下壕を掘削しました。その一つが松代大本営跡(象山地下壕)です。今回のシルマンウォークは、ここを散策。


11-11-12-2-01.JPG


 象山地下壕に、政府機関、日本放送協会、中央電話局の施設を建設。
 皆神山地下壕に備蓄庫。
 舞鶴山地下壕に皇居、大本営を移転することになりました。
 3つの地下壕の長さは10kmにも及ぶ。

 1944年11月11日に工事が開始。
 1945年8月15日のときは、75%が完成していました。

11-11-12-2-02.JPG


 それにしても、無駄なものを作ったものです。
 万里の長城クラスの無駄な事業ですね。


11-11-12-2-03.JPG

 なぜ、こんなもの(松代大本営)を作ったのか?
 そもそも昭和天皇は、はなっから疎開する気は無かったのに。

 こういうものを作る労力があったら、マリアナ諸島に地下要塞を作るべきであった。そこで米軍の死傷率が5倍くらいに上がっていたら、そこで終戦も不可能でなかった。多くの軍艦と陸軍を残しての敗戦なら、講和条件も過酷ではなかったはず。もっとも、それでは軍部が黙ってなかったかもしれませんが。

 戦艦大和の沖縄特攻にしても、どうしてあんな無駄なことをしたのか? 他の戦艦・空母・その他の軍艦も、どうして北海道や朝鮮に疎開させなかったのか? そこに疎開させていれば、ソ連の参戦の抑止力になったし、退避運動で貴重な重油を失わなかったし、米軍に撃沈されることもなく、米艦隊の日本本土への艦砲射撃をうけることもなかった。

 まあ、そんなことはいい。
 硫黄島の栗林中将は、掘削機を50台要求したけれど、
 大本営は、送り届けなかった。
 松代大本営を作るくらいなら、どうして硫黄島に掘削機を50台やくらなかったのか?

 ポツダム宣言の要求が、やわらかい内容になった理由は、栗林中将の硫黄島の善戦にあったといわれています。松代大本営を作る資材を硫黄島に送っていたら、沖縄決戦は無かったかもしれない。現にミニッツもマッカーサーも、真珠湾攻撃が無かったら、太平洋戦争は硫黄島の戦いで終わっていたと言っています。


11-11-12-2-04.JPG

11-11-12-2-05.JPG

11-11-12-2-06.JPG

11-11-12-2-07.JPG


 敗戦直後のことです。
 満州国の高級官僚は、こう言って嘆いたと言います。

「日本軍は、最後まで戦争というものを知らなかった。そもそも戦争というものは、談判の手助けにすぎない。ところが日本軍は、決闘だと思いこんでいた。だから決闘なら世界一強かったけれど、戦争はからっきし下手くそだった。あの軍隊が無くなるとは、実に惜しいことだ」

 満州国の高級官僚(中国人)は、日本軍が戦争に弱いと言っているわけですが、戦闘には強かったと言っている。そして日本軍が消滅することを嘆き悲しんでいる。そして、その満州国の高級官僚(中国人)たちは、こうも言っています。

「日清戦争の時、日本軍は農家に宿営しても、自分たちは庭にテントをはり農家に迷惑をかけなかった。出て行くときは、庭を箒ではいて出て行った。清国軍とは大違いであった。日露戦争の時も立派であった。戦争をわかってなかったために敗戦となったことは実に残念だ・・・」

 この満州国の高級官僚(中国人)の嘆きが分かる場所があります。松代大本営跡(象山地下壕)です。そもそも、こんなものを作る意味がなかった。戦略論を書いたクラウゼッツは、
「戦争とは政治の延長である」
と言ってますが、これは満州国の高級官僚(中国人)の
「そもそも戦争というものは、談判の手助けにすぎない」
と同じです。


11-11-12-2-08.JPG

11-11-12-2-09.JPG

11-11-12-2-10.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松代散策

シルマンウォーク松代散策の続きです。
この街は、佐久間象山を売ってますねえ

11-11-12-3-01.JPG

11-11-12-3-02.JPG

11-11-12-3-03.JPG

11-11-12-3-04.JPG

11-11-12-3-05.JPG

11-11-12-3-06.JPG

11-11-12-3-07.JPG

なんとも素敵な街です

11-11-12-3-08.JPG

11-11-12-3-09.JPG

11-11-12-3-10.JPG

11-11-12-3-11.JPG

11-11-12-3-12.JPG

11-11-12-3-13.JPG

11-11-12-3-14.JPG

11-11-12-3-15.JPG

11-11-12-3-16.JPG

11-11-12-3-17.JPG

11-11-12-3-18.JPG

11-11-12-3-19.JPG

11-11-12-3-20.JPG

11-11-12-3-21.JPG

11-11-12-3-22.JPG

11-11-12-3-23.JPG

11-11-12-3-24.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




ラベル:松代散策
posted by マネージャー at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

竹風堂 松代店

竹風堂 松代店

11-11-12-4-01.JPG

ええええええええええええええ?
松代に竹風堂があったの?
知らなかった。
どうせなら軽井沢にも出店すればいいのに。
しかし、軽井沢なんぞに出店したら、小布施まで食べに行かなくなるよな。
せめて海野宿とまりだな。

11-11-12-4-02.JPG

なんか良いですねえ。
こういう時の酒がうまいんだな、これが。

11-11-12-4-03.JPG

まあ、私らは夫婦2人で、いつでも出かけてられるんだけれど、
こうして大勢で飲む酒の方が美味かったりするだよね。
ある意味、うらやましい。

11-11-12-4-04.JPG

11-11-12-4-05.JPG

さて、竹風堂のメニューを紹介!

11-11-12-4-06.JPG

11-11-12-4-07.JPG

11-11-12-4-08.JPG

11-11-12-4-10.JPG

11-11-12-4-11.JPG

11-11-12-4-12.JPG

11-11-12-4-13.JPG

11-11-12-4-14.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




ラベル:竹風堂 松代店
posted by マネージャー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

今週は、雨だったので栗を食べに行きました

今週は、雨だったのでハイキングは中止。
御客さんの大半が女性だったこともあり、
グルメツアーに変更。
とりあえず栗を食べに行きました。

12-9-23-01.JPG

12-9-23-02.JPG

12-9-23-04.JPG

12-9-23-05.JPG

12-9-23-06.JPG

12-9-23-07.JPG

12-9-23-08.JPG

12-9-23-09.JPG

12-9-23-10.JPG

12-9-23-11.JPG

12-9-23-12.JPG

12-9-23-13.JPG

12-9-23-03.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

松代温泉ツアー

台風の中のツアー

13-9-16-01.JPG

13-9-16-02.JPG

すごい。
千曲川が決壊寸前。

13-9-16-03.JPG

13-9-16-04.JPG

13-9-16-05.JPG

そして松代温泉。

13-9-16-06.JPG

13-9-16-07.JPG

13-9-16-08.JPG

13-9-16-09.JPG

13-9-16-10.JPG

13-9-16-11.JPG

13-9-16-12.JPG

13-9-16-13.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

霊泉寺温泉ツアー

私は、北アルプスの山をよく縦走しますが、その理由は近いからです。近道をつかえば、順調なら北軽井沢から松本まで90分で到着します。で、その近道の途中に霊泉寺温泉の看板があります。一度、行ってみたいとおもいつつ、まだ行ったことがありません。今回は、そこに土井君がツアーをだしたわけです。

14-1-1g-41.JPG

14-1-1g-42.JPG

14-1-1g-43.JPG

14-1-1g-44.JPG


渋いですね。
超ひなびていますね。
まあ、看板の状態からして鄙びているとはおもっていましたけれど。

14-1-1g-45.JPG

14-1-1g-46.JPG

14-1-1g-47.JPG

14-1-1g-48.JPG

これが共同浴場。
200円という安さ。

14-1-1g-49.JPG

14-1-1g-50.JPG

14-1-1g-51.JPG

14-1-1g-52.JPG

14-1-1g-53.JPG

14-1-1g-54.JPG

14-1-1g-55.JPG

14-1-1g-56.JPG

14-1-1g-57.JPG


この渋さには、ちょっと惹かれるものがありますね。





つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

松川渓谷ハイキング

松川渓谷ハイキングです。
滝が凄いですね。

14-8-10-01.JPG

14-8-10-02.JPG

14-8-10-03.JPG

14-8-10-04.JPG

14-8-10-05.JPG

14-8-10-06.JPG

14-8-10-07.JPG

14-8-10-08.JPG

14-8-10-09.JPG

14-8-10-10.JPG

14-8-10-11.JPG

14-8-10-12.JPG

14-8-10-13.JPG

14-8-10-14.JPG

14-8-10-15.JPG

14-8-10-16.JPG

14-8-10-17.JPG

14-8-10-18.JPG



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県&長野市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする