2008年06月02日

高峰高原での野鳥観察会

高峰高原での野鳥観察会です。

ゴジュウカラですね。
とても珍しい野鳥ですが、あまり人を恐れません。

sya-08.JPG

レンゲつつじですね。

sya-14.JPG

アカゲラですね。

sya-09.JPG

四十雀ですね。

sya-10.JPG

アカゲラです。

sya-11.JPG

コガラです。

sya-12.JPG

sya-13.JPG


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 20:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

野鳥

1週間前から野鳥に餌付けしているのですが、
最初の4〜5日は全く反応が無かったのですが、
昨日あたりの朝からジャンジャンやってきました。

さらに驚いたことに、小鳥たちに呼ばれてか、
アカゲラまでやってきたのです。
水も飲んでいる小鳥たちもチラホラと。
連休までには、もっと増えるといいなあ。


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

野鳥がいっぱい

野鳥がいっぱい・シジュウカラ・ゴジュウカラ・ヤマガラ

雪が降ると北軽井沢ブルーベリーYGHの庭に野鳥がいっぱいやってきます。今日は、そんな野鳥たちを紹介しましょう。

まず、ゴジュウカラ
冬でなくても、北軽井沢ブルーベリーYGHの周りに徘徊しています。
前の別荘の縁の下あたりに住んでたりします。
秋になると、栗の木の木肌を逆さに降りながら虫など突いていますね。

09ba-1.JPG

今回は、私が仕掛けておいたタネを食べにやってきました。

09ba-2.JPG


続いて、こいつは、ヤマガラ

09ba-3.JPG

北軽井沢に多い鳥で、さかんに餌をねだりに来ます。
ゴジュウカラに比べると小さく、かわいいですね。
大好物は、ヒマワリのタネです。


シジュウカラです。

09ba-4.JPG

餌より巣箱に興味を示しています。
去年は、3つの巣箱をしかけて、2つ営巣しましたが、
今年は、土地も増えたので、さらに6つ増設する予定。
うち、3つは、ヤマネ用にしようかなと思っています。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 00:37| Comment(2) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

わんたろう工房と一緒に煙突のペンキ塗り

今日は、1日中、ペンキ塗りをしていました。
朝は、わんたろう工房と一緒に煙突のペンキ塗り。
これが塗る前の煙突。

DS44-CF2.JPG

さて、このハゲハゲの煙突は、どうなったでしょうか?

ところで煙突のペンキ塗りは、かなり苦戦。
屋根の斜度が急なので、まともに立ってられないし、
風が強くてペンキが飛ぶのですよ。

DS44-CF1.JPG

私は、宿をやる前までは、ガラス清掃をやっていたので、
高いところは決して苦手ではなく、むしろ得意なのですが、
今回は、かなり苦戦しましたね。
たかが煙突のペイントに11時までかかりましたから。

午後からは、壁面の亀裂を補修し
変成シリコンで防水加工を行いました。
素人の作業なのでなかなかうまくいかなかった。

明日は、外壁の塗装を行い、
明後日は、屋根付き駐車場の工事です。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:10| Comment(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

庭で野鳥をみながらパーティーするのが流行ってます

最近の北軽井沢ブルーベリーYGHでは、
庭で野鳥をみながらパーティーするのが流行ってます。

DSCF4882.JPG

DSCF4884.JPG

そして北軽井沢ブルーベリーYGHにきた野鳥たちを紹介。

ber-9.JPG

ber-10.JPG

ber-2.JPG

ber-12.JPG

ber-17.JPG

ber-16.JPG

ber-13.JPG

ber-8.JPG

ber-15.JPG

ber-2.JPG

ber-16.JPG

ber-6.JPG

ber-7.JPG

ber-5.JPG

ber-4.JPG

ber-3.JPG

こいつら(野鳥たち)、最近、ますます図々しくなってきました。
この他にも、キジ鳩や、ホオジロ、メジロなんかも来ますね。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 11:10| Comment(8) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

5月9日の浅間高原 ネイチャーウオッチング1

5月9日の浅間高原。
参加者が無くツアーが潰れたので、
ひっそりネイチャーウオッチングをしてみました。


これはアララギ園&シャクナゲ園の様子。
そろそろ花がつき始めました。

IM-01.JPG


パノラマラインがタンポポで!

IM-02.JPG


セキレイの仲間、ビンズイもたくさんいます。
道ばたに何羽もいます。
逃げません。
で、セキレイの仲間ですから、足を交互に出して歩きます。

IM-03.JPG

IM-04.JPG


カモシカも出てきました。
時間にもよりますが、さかんに活動しています。

IM-05.JPG

IM-06.JPG


ホオジロもいます。
こいつは北軽井沢ブルーベリーYGHの庭にもよくでてきます。
スズメより大きくて
「一筆啓上つかまつり候」
と鳴きます。

IM-07.JPG


春のパノラマラインは、ヤマドリやキジが、いたるところにでてきます。
恐ろしいくらいです。
そのへんの道路にでてくる。
しかし夏になると、これが見えなくなる。

IM-08.JPG

IM-09.JPG

こんな光景をガイドしたかったなあ。
でも、大勢いると、野生動物が逃げるんだよなあ。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:59| Comment(1) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

5月9日の浅間高原 ネイチャーウオッチング2

5月9日の浅間高原 ネイチャーウオッチング2

つづきです。
東京で日本ユースホステル協会のマネージャー研修会があるので、
解説は、大幅に省略して画像だけアップします。

シジュウカラの水浴び。
野鳥は、このように水浴び、砂浴び、アリあびを1日数回やります。

IM-11.JPG

IM-12.JPG

IM-13.JPG


シメですね。
クチバシの力の強い鳥で、
北軽井沢ブルーベリーYGHの庭にもよくやってきます。

IM-14.JPG


テンです。
もともとは警戒心の強い動物なのですすが、
最近は無警戒のものも多くなりました。
朱鷺を虐殺したのもこいつです。

IM-15.JPG

IM-16.JPG

IM-17.JPG


アカゲラ。
北軽井沢ブルーベリーYGHによくやってきます。
牛脂が大好物です。
IM-18.JPG


ホオジロもいます。
こいつは北軽井沢ブルーベリーYGHの庭にもよくでてきます。
「一筆啓上つかまつり候」
と鳴きます。

IM-19.JPG

IM-20.JPG

IM-24.JPG


烏帽子山。

IM-21.JPG


メボソムシクイ。
ほとんどウグイスですね。

IM-22.JPG

IM-23.JPG


アカハラ。
写真のように地面をよくあるいています。本には警戒心が強いと書いてありますが、浅間高原のアカハラはちょっとちがうみたい。北軽井沢ブルーベリーYGHにもよくきます。御客さんたちもよくみかけるようです。北軽井沢ブルーベリーYGHに泊まったとき、早朝からうるさい野鳥の鳴き声がしたら、こいつですね。

IM-25.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:59| Comment(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

北軽井沢ブルーベリーYGHにくる野鳥 最新巣箱情報

北軽井沢ブルーベリーYGHにくる野鳥 最新巣箱情報

10subako-0001.JPG

10subako-0002.JPG

10subako-0003.JPG

10subako-0004.JPG

10subako-0005.JPG

10subako-0006.JPG

10subako-0007.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 11:22| Comment(2) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

北軽井沢ブルーベリーYGHの庭先

冬は野鳥の季節ですね。
北軽井沢ブルーベリーYGHの庭にも、たくさんやってくるようになりました。
巣箱も物色しているようです。

101217-_01.JPG

山雀がヒマワリをくわえて飛び立とうとしています。

101217-_02.JPG

101217-_03.JPG

最近は、ゴジュウカラが一番ずうずうしい。

101217-_04.JPG

101217-_05.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





ラベル:野鳥
posted by マネージャー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

今日の北軽井沢ブルーベリーYGHの庭

今日の北軽井沢ブルーベリーYGHの庭

アカゲラ
IMG_4661.JPG


シジュウカラ
IMG_4665.JPG

IMG_4656.JPG

IMG_4662.JPG


IMG_4664.JPG


ヒヨドリ
IMG_4659.JPG

夏は昆虫が主食で、冬は果実や種子が中心。枝に留まってついばんだり、空中で採餌します。果実も好物です。花蜜を好み、サクラやウメ、ツバキの花期には、花冠の中に嘴を差し込み、密をなめます。サクラの花を大量に落としてしまう原因となる鳥です。雛にはトンボ、ガ、甲虫など昆虫の成虫を与え、後期には果実を与えます。

 日本では北海道では夏鳥、本州以南では留鳥です。秋と春に大量の個体が群れで渡り、移動群は本州以南の各地でよく見られます。 低地や低山帯の樹林にすみます。庭木の多い人家周辺、樹木の多い公園などでも繁殖します。果樹のある庭などをよく訪れたり、果樹園にもやってきて損害を与えます。餌台にも多く集まります。

IMG_4660.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

最近、野鳥たちが馴れ馴れしくなっている件

最近多いのがツグミたち。

assd9-104.JPG

assd9-103.JPG

assd9-102.JPG

assd9-101.JPG



ウソだよーん
assd9-107.JPG

assd9-106.JPG

assd9-105.JPG


ヒガラ
こいつはなれなれしいです。
assd9-100.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

ウソ

ウソ

この鳥、見たことあると思いませんか?

uso-0524.JPG

そう思ったあなた、気のせいではありません。
130円切手の絵になっていますから。

uso130.jpg

ウソは、スズメ目アトリ科です。
と口笛のような鳴き声を発することから名付けられています。
昔の人は、口笛を「うそ」といっていました。
囀声は「フィー、フィー」と口笛のような澄んだ声。

uso-0004.JPG

uso-0003.JPG

 鷽。鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。ヨーロッパからアジアの北部にかけて広く分布し、北方で繁殖するものは、南へ渡って越冬します。フィーフィーと口笛のような声で鳴きますので、口笛の別称「おそ」から転じて和名がついたといわれます。決して嘘つきのためにつけられたわけではありません。

uso-0523.JPG

uso-0522.JPG

uso-0521.JPG


 美しい鳥で、梅や桜の木に集まりますが、それは好物が桜のつぼみであるため。
 晩秋のウソは、ムラサキシキブの実に目がなく、
 細い枝を揺すりながらおいしそうに食べています。

uso-0520.JPG

uso-0519.JPG

uso-0517.JPG


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

最近、スズメが多くなってきた

もともと浅間高原&北軽井沢には、スズメはいませんでした。
しかし最近、スズメが多くなってきました。
牧場などで見かけるのが簡単になって来つつあります。
これは、どういうことなのでしょうか?

実は、スズメは人間のいるところにしかいません。
村から人間がいなくなると、スズメもいなくなります。
これから考えるに、北軽井沢に定住する人間が増えたのだろうか?
と思ってしまいます。

スズメは、日本全体では激減傾向にあるといわれています。
ここ二十年で、五分の一にまで減ったといわれてますが原因は分かっていません。
にもかかわらず、北軽井沢でスズメが増えている理由は何だろうか?
北軽井沢には、スズメの餌となり得る米がないんですから。


ちなみに、スズメは、日本にはもともといなかった鳥です。
縄文時代には、スズメは日本に存在していません。
スズメが日本に登場するのは、弥生時代から。
つまり、稲作と一緒にやってきているんですよ!
だから、田んぼの無い北軽井沢にスズメがいるのは、ちょっと不思議なんです。


ちなみにスズメの起源は、アフリカ。
スズメは、サバンナのような半乾燥地の草原で、草の種子を食べる鳥です。
ですから北軽井沢のように、森林に覆われている自然では、スズメが生きられる環境はないのです。
にもかかわらず、北軽井沢にスズメが棲んでいるのは、かなり変なのですね。


つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

北軽井沢ブルーベリーYGHの庭にやってきたコガラたち

北軽井沢ブルーベリーYGHの庭にやってきたコガラたち

12-1-17-10.JPG

うちの庭で一番人を恐れません。
エサをやりにいくと、最初に集まってきます。
というか、早くエサをくれとばかりにやってきて、
時々、私の肩にのっかることさえあります。

12-1-17-14.JPG

12-1-17-11.JPG

これは、人間になれているというより、私が消えると、シジュウカラやヤマガラといった大きい鳥たちにエサ場を追い出されてしまうから、人間のいるうちにエサを食べたがってるんですね。で、この小鳥たちが充分に食べ終わるまで私は庭の椅子で御茶を1杯飲みます。飲み終えて5分くらいしたら私は消えますが、そうするとやってくるのが、ヤマガラとシジュウカラたち。

12-1-17-12.JPG

12-1-17-13.JPG


ちなみにコガラたちの鳴き声は、かわいいのなんのって




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





ラベル:コガラ
posted by マネージャー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北軽井沢ブルーベリーYGHの庭のヤマガラ

ヤマガラ

12-1-17-06.JPG

ヤマガラとシジュウカラが写っていますが、茶色いのがヤマガラです。
実は、北軽井沢ブルーベリーYGHの庭で一番、賑やかなのがこいつです。

DY132_L.jpg

私が庭に出ると、こんな鳴き声で警戒(?)します。



とは、いうものの、根気さえあれば一番手乗りになりやすい鳥です。
ご近所さん(フォークローバー)は、3日くらいで手乗りにしたそうです。
おみくじ芸をするのも、こいつですね。





春夏は、美しいさえずりをすることもあります。
北軽井沢ブルーベリーYGHに泊まった人は、必ず聞いたことのある声です。




つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






ラベル:ヤマガラ
posted by マネージャー at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ

12-1-17-01.JPG

こいつは、北軽井沢ブルーベリーYGHの庭に来るカラ類の中で、一番強そうな鳥です。
この鳥は、木登りが得意で、樹を逆さに降りられる唯一の鳥です。
この写真を見てください。
足のところに注目です。
足の後ろ指が、異常に長いですよね。
この長い後ろ指で、しっかり樹に捕まることができるんです。
で、逆さに樹を降りられます。

12-1-17-02.JPG

では、逆さに樹に留まってるゴジュウカラの動画をどうぞ!





北軽井沢ブルーベリーYGHの庭にいるゴジュウカラたちは、隣の別荘の縁の下に巣を作っているケースが多かったのですが、最近は猫がやってくることも多くなってきたので、別のところに巣を作るようになってしまいました。裏の駐車場の巣箱をよく利用しています。

図鑑などには、「同種だけで群れはつくらずカラ類などの混群に入る」とありますが、そんなことはないですね。うちのゴジュウカラは、よく群れます。というか、野鳥図鑑に書いてあることは、かならずしも正しくないことが多すぎる。

12-1-17-03.JPG

あと「かたくり」の部屋の隣の駐車場で地面を歩いていることがおおいですね。
いったい何をやっているのだろう?


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





ラベル:ゴジュウカラ
posted by マネージャー at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

スズメとカラス

10年前、北軽井沢に移住したばかりの時は、
北軽井沢にスズメとカラスはいなかった。

ところが最近、このスズメとカラスが増えてきたのである。
スズメが増えた原因は、おそらく人間のせいであろう。
スズメは人間のいないところには存在しない。
だから北軽井沢にはいなかった。
しかし、定住者が増えるに従ってスズメも増えていったと思われる。

でも、スズメはいい。
問題はカラスである。
カラスが、うちの庭先にある野鳥のエサを
食べるようになったから困っている。













カラスは、頭が良い。
野鳥の中で一番頭が良い。
その良さは、チンパンジーに匹敵すると言われている。
だから始末に負えない。


ここで話は、大きく変わるが、ヨーロッパ旅行をしていて閉口したことは、彼らの料理に野菜が少ないことであった。特にドイツ料理に野菜が少ない。
「どうしてだろう?」
と思ったら、彼らはジャガイモを野菜にカウントしているのである。つまり彼らにしてみたらポテトチップスも野菜の一つになる。これでは食欲が出てこない。

 これがインドやネパールといったアジア旅行した時になると、今度は逆に肉がない。
 肉を食べる機会がガクッと減るのである。
 穀類と野菜しか口にできなくなるのが不満になるのだ。

 そう考えると日本人は雑食であることに気がつかされる。で、一度身についた雑食の習慣は、捨てることはできないものなのだ。肉が足りなくても、野菜が足りなくても、体が変調してくるからである。一日三十品目食べる習慣がつくと、後戻りができない。グルメというわけではないが、そのくらい食べないと体の調子が悪くなるからである。


 実は、人類がここまで進化したのは雑食のせいだと言われている。人間をのぞく類人猿で一番知能指数が高いのがチンパンジーであるが、純粋な意味で雑食なのは、チンパンジーだけである。ゴリラもオランウータンもチンパンジーほど雑食ではない。

 ちなみにチンパンジーは、集団で狩りもする。
 時には、ヒヨウさえ狩りで食べてしまうと言われている。
 だからチンパンジーは最も知能が高くなってしまった。

 これが牛のような草食なら覚えるエサの種類が少なくてすむので、知能が発達しない。肉食にしてもしかりである。しかし、雑食だとそうはいかない。莫大な種類のエサを覚える必要がある。だから知能が発達する。
 
 
 話がだいぶ遠回りしてしまったが、カラスのことだ。
 こいつこそ、野鳥最大の雑食である。
 木の実も、虫も、肉も食べる。
 だから知能が高い。

 こいつを庭から追い出すのは、かなり苦労するかと思ったが、雪弾を何発か投げて命中させることによって、以外に簡単に追い出すことができた。カラスの知能をもって北軽井沢ブルーベリーYGHの庭が危険であることを学習することを願ってやまない。そうなれば、そのカラスは北軽井沢中のカラスたちに言語で伝えてくれるから。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




ラベル:カラス
posted by マネージャー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然−野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする