2007年12月24日

今年の湯ノ丸山、初スノーシュー

今年の湯ノ丸山、初スノーシューでした。
参加者は男女7人冬物語。

それは良いとして、
みんな何やってるんだろう?

IMG_4611.JPG

IMG_4612.JPG

素晴らしい景色!

IMG_4627.JPG


頂上は、快晴!

IMG_4633.JPG


そして大ソリ大会。

IMG_4662.JPG

この後、もちろん温泉に直行です!



↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

湯ノ丸山ツアーの紹介

連日、スノーシューツアーを行っていますが
1月2日 湯ノ丸山ツアーの紹介です。


スノーシューで出発です。
メンバーは6人。

yuno-01.JPG


インタープリテーションプログラム開始
スノーシューで森を散策。

yuno-02.JPG


スノーシューで、だんだんと山奥に

yuno-03.JPG


急坂
でも、スノーシューがあれば大丈夫

yuno-04.JPG


頂上へ到着、感動もひとしお

yuno-05.JPG


カップラーメンが美味しい!
山で食べるから美味しいんだけれどね。

yuno-06.JPG


冷えた体にあったまりますね。

yuno-07.JPG


すばらしい景色。
時間がたつのをわすれます。

yuno-08.JPG


ソリを渡される参加者
これからがメインイベント。
アッ、という間に下山です。

yuno-09.JPG


楽しいソリ遊び。
2時間で登っても、下山は30分。

yuno-10.JPG


楽しかった大滑走

yuno-11.JPG


雪の上で大の字

yuno-12.JPG


気持ちの良い一日でした。
この後、温泉へ直行!

yuno-13.JPG

皆さんもスノーシュー、いかがですか?


↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

北軽井沢ブルーベリーYGHのスノーシューツアー

北軽井沢ブルーベリーYGHの
スノーシューツアー


この日の天気は最高でした!
北軽井沢の冬の晴天率は90パーセント。
安全にスノーシューできるのは、北軽井沢が一番!
ちなみに、これは湯ノ丸山。

Pkl-1.JPG

最初はネイチャーウオッチングしながら登ります。
この方が疲れないからです。

Pkl-2.JPG

新雪でラッセルの嵐。
でもスノーシューならスイスイ。
と、言いたかったところですが、
この日のスノーシューは、ちっとだけハードでした。

Pkl-3.JPG

パウダースノーの洪水。
そして青い空。
白い雪。

Pkl-4.JPG

Pkl-5.JPG

展望も最高!
北アルプスも見えますし、
富士山も、谷川連峰も見えました。

Pkl-6.JPG

これが湯ノ丸山の頂上です!

Pkl-7.JPG

つづく

↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

スノーシューハイキング

スノーシューハイキング

楽しいスノーシューハイキング

IMG_2725.JPG

楽しいスノーシューハイキングのコツは、
登りながらネイチャーウオッチングガイドを受けることです。
理由は

疲れないからです!

つまり、ガイドしてもらっている間は、休めます。
動かずにすみます。
5分ごとにガイドがあれば、
5分ごとに休めます。

IMG_2726.JPG

だから、もし休憩をとりたいなと思ったら
ガイドさんに質問することです。
きっと、止まって解説してくれます。

IMG_2721.JPG

写真は、湯ノ丸山のスノーシューハイキング姿です。
とてもエキサイティングなところです。

IMG_2729.JPG

あと、雪遊びもしましょう!
雪で埋めて遊ぶのも良いかもしれません。
そのときは、埋められ好きの
mさんかどうかを見極めることも大切ですね。

IMG_2912.JPG



↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

本日のスノーシューツアー

今日は、最高の天気でした。

Pol-03.JPG

まあ、それは良いとして、
北軽井沢の気温が、なんと16度!
スーパー異常気象です。

北軽井沢といえば、夏でも25度を超えないんですよ。
なのに16度。
これって5月〜6月の気温です。
いや〜参った。

冬山なのに、暑いのなんのって・・・・。

Pol-04.JPG

まあ、展望だけは最高でしたけれどね。

ちなみに、下の写真はツリースポット。

Pol-01.JPG


そして、これはウサギさんの足跡。
ウサギのダンスが、あちこちで見られました。
春を感じさせてくれる足跡です。

Pol-02.JPG


白樺にも春の訪れが・・・・。

Pol-05.JPG


つづく


↓この物語の続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

湯の丸山ハイキング

湯の丸山は、なだらかで登りやすい山です。しかも頂上の展望は抜群なのです。また、レンゲツツジが国の天然記念物に指定され、イワカガミ、オオヤマフスマ、マイズルソウなど植物の宝庫としても知られる花の高原です。特に6月中旬から咲き始める60万株のレンゲツツジの大群落は、素晴らしいの一言。でも、7月から9月にかけても花がいっぱいです。

yuno08-1.JPG

yuno08-2.JPG

yuno08-3.JPG

yuno08-4.JPG

花の解説を聞きながらハイキング
yuno08-5.JPG

yuno08-6.JPG


これが頂上です。展望の素晴らしい山です。
ちなみにスタート地点すぐのところから森林限界なので
すべてのコースで見晴らしの良い山でもあります。

yuno08-7.JPG

下山コースもなだらかで、降りやすいです。

yuno08-8.JPG

最後は、牧場の中を降りていきます。

yuno08-9.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

湯の丸山ハイキングの模様

湯の丸山ハイキングの模様です
yuno-01-01.JPG


みんなで仲良くハイキング
yuno-01-02.JPG


頂上近くからみた嬬恋平野
yuno-01-03.JPG


後ろは駕籠ノ登山
yuno-01-04.JPG


これが頂上
yuno-01-05.JPG


みんなで記念撮影
yuno-01-06.JPG


そして下山
yuno-01-07.JPG


地蔵峠へ
yuno-01-08.JPG


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

湯の丸山スノーシュー

湯の丸山スノーシューツアーは、このメンバーで出発。

yu09-01.JPG


はるかかなたに見えるのが湯の丸山

yu09-02.JPG


左にいるのがsさん。
実は、奥さんと来ているのですが、夫婦別行動なのです。
奥さんはスキー三昧。
sさんはスノーシュー三昧。
こういう別行動こそがユースホステルの醍醐味です。

yu09-03.JPG


先頭の二枚目の人は某hさん。
どうみても三十代にしか見えませんが、実は・・・・?

yu09-04.JPG

yu09-05.JPG


先頭を歩いている女の子は、なんと小学校4年生!
実は、小学校2年生の時から北軽井沢ブルーベリーYGHで
スノーシューをはじめ、今年で3年目なのです。

yu09-06.JPG

yu09-07.JPG


湯の丸山の頂上です。

yu09-08.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

湯の丸山スノーシュー

湯の丸山スノーシュー

今回は少人数。

u09112-1.JPG

ちょうど男女半々です。

u09112-2.JPG

ご近所さん(長野県から)も参加です。

u09112-3.JPG

季節を感じますね。
この実も、いずれ野鳥に食べられる運命に。

u09112-4.JPG

この鐘は、遭難の碑です。
冬山は怖いのです。

u09112-5.JPG

吹雪いてきたので、頂上での食事はあきらめ、
下山して食べることに。

u09112-6.JPG

寒いところではカップ麺が一番ですね。

u09112-7.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

湯の丸山スノーシュー

今年は超暖冬でした。正直言って、
これほどスキーやスノーシューに
適してない冬も珍しかったですね。

そんな冬でもスノーシューツアーに
きてくれる御客様がおられます。
ありがたいことです。

まあ雪は少ないけれど、
そのかわりに寒くないのと
青空が多いのはよかったですね。

2-14-01.JPG

2-14-02.JPG

2-14-03.JPG

2-14-04.JPG

2-14-05.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

湯ノ丸山は五分咲き

湯ノ丸山に行ってきたんですが、
レンゲツツジは五分咲きでしたね。
ピークは、来週ですね。
ところで、今日は、喜多方ラーメンを食べてきたんですが。

やっぱ、ラーメンはおいしい!

年をとると食事が保守的になると言いますが、あれは本当ですね。私は舌が若い頃に比べて保守的になっているかもしれない。2週間パンばかり食べていると、久しぶりに食べる飯がおいしいし、ラーメンもおいしい。勉強のために、ドイツの高級店で食事もしてきたんですが、5日くらいは美味しいと思ったんですが、ちょっと飽きてきた。別に日本食が恋しいわけではないのに。

そんな私も、20年前は、1年も外国の食事を続けていたんだけれどなあ。


つづく。
↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング


posted by マネージャー at 23:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

湯ノ丸山のレンゲツツジ1

湯ノ丸山のレンゲツツジ畑をハイキング1

09-re-02.JPG

1956年に国の特別天然記念物に指定されたレンゲツツジ。6月下旬には、鮮やかな朱色の絨毯のように、湯の丸山一帯を覆い尽くします。ここでは「関東で随一」とも言われる、60万株を超えるレンゲツツジの群落が見事に自生しています。

09-re-01.JPG

 湯の丸高原は浅間連峰の西側に位置し、その名のとおり、丸く穏やかな表情の峰々と、爽やかな亜高山帯の気候がおりなす一帯は「花高原」として親しまれています。有名なつつじ平のレンゲツツジ大群落は、国の天然記念物にも指定され、湯ノ丸山の山肌を鮮やかな朱色の絨毯のように染め上げます。

09-re-03.JPG

09-re-04.JPG

09-re-05.JPG

09-re-06.JPG

09-re-07.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング


posted by マネージャー at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

湯ノ丸山のレンゲツツジ2

湯ノ丸山のレンゲツツジ畑をハイキング2

すばらしいレンゲツツジです。
レンゲツツジは、群馬県の県花です。
そしてレンゲツツジは減少しつつある植物の1つです。

09-re-08.JPG

09-re-09.JPG

今回のツアーは、触る、ふれるに
こだわってみたようですね。

09-re-10.JPG

 かつては湿原と周辺山地の境界部や放牧地、やや湿った明るい二次林の中などに普通に見られたものでしたが、現在は確実に減少しています。おそらく放牧の現象と関係があると思われます。レンゲツツジは有毒植物であり、家畜が食べません。

 昔、広島県の放牧地にレンゲツツジの群生地がありました。これは珍しいとの事から天然記念物として指定され、保護のために牛の立ち入りを禁止してしまったら、レンゲツツジは衰退の一途をたどってしまったという笑えない話があります。

09-re-11.JPG

 ただ、レンゲツツジが、放牧によって増加した植物であるようなイメージがありますが、昔はシカやイノシシなどの大型哺乳類が多数生息した時代もありますから人為の植物というわけではありません。

09-re-12.JPG

09-re-13.JPG

09-re-14.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング


posted by マネージャー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

湯ノ丸山のレンゲツツジ3

湯ノ丸山のレンゲツツジ畑をハイキング3


09-re-15.JPG

昭和31年5月15日には国指定天然記念物の指定がなされました。天然記念物指定地域は海抜1,585mから湯の丸山頂の2,101mに及び、面積は272haもあります。

09-re-16.JPG

レンゲツツジは光の十分にあたる草地で、土壌も貧栄養の酸性土壌を好みます。つまり噴火していた火山の草地を好むわけですが、噴火が止まり、森林化や、土壌の栄養化によって致命的なる影響を受けます。


09-re-17.JPG

09-re-18.JPG

09-re-19.JPG

09-re-20.JPG

ちなみに次のツアーは、烏帽子山。まだ、部屋は空いてます。
雨天変更ありです。

09-re-23.JPG

つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング


posted by マネージャー at 14:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

湯の丸山スノーシューツアー

湯の丸山スノーシューツアー
2010年1月2日、湯の丸山スノーシューツアーの報告。

100102-05.JPG

続きは、こちら。
http://snowshoeing.seesaa.net/article/137853043.html


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:37| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

湯ノ丸山スノーシューツアー

湯ノ丸山スノーシューツアー

10-1-4-05.JPG

つづきは、こちらで
http://snowshoeing.seesaa.net/article/137974954.html


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 11:45| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

湯ノ丸山スノーシューツアー

湯ノ丸山スノーシューツアー

今回の参加者は、オール女性。
お茶会も女性オンリー。
この時期のユースホステルは、男性客が多いのですが、
どういうわけか、女性ばかりでした。

10-1-17-05.JPG

つづきは、
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138570555.html
でどうぞ。


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 20:46| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

湯ノ丸山スノーシューツアー後編

湯ノ丸山スノーシューツアー後編

目標は、湯ノ丸山。
誰かラッセルしてないかなあと思ったら、
ラッセル跡がありました!

しかし、
道を間違えている!

orz

10-1-17-06.JPG


誰じゃ、ここをラッセルした奴は!


北軽井沢ブルーベリーYGHのツアーで
湯ノ丸山に何度か行ったことのある人は、わかりますね。
どういう致命的なミスであるか!

皆さんなら、この写真をみたら、誰もが凍り付くはずです。
ここをラッセルすると、どんな地獄が待っているか....orz。

そうです!
笹地獄にレンゲ躑躅地獄!
この道は、地獄の三丁目に繋がっている。

ああ、スノーシュー隊の運命はいかに。
はたしてガイドの土井君は、この道を進んだのでしょうか?



てなわけで、正しいルートをつけに、今日ラッセルしてきました。
湯ノ丸山を目指す場合は、
テープにそって、ついている道を使ってください。
防風林の南面をすすんでください。
南斜面は、雪も少なく、
ラッセルに苦労しません。
なにより道を間違えにくく、
カラマツの防風林で北風を防いでくれます。

それに、ながめがいいんです。
富士山も見えるんですから。
今日、私が、道をつけてきましたから、
それを利用してください。


つづきは
http://snowshoeing.seesaa.net/article/138690931.html
をごらんください。


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 19:37| Comment(2) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

湯ノ丸山スノーシューツアー

残念なことに、湯ノ丸山スノーシューツアーは、霧雨でした。
参加者は、この3人。
割烹着娘の先輩と、くれよんしんちゃんで有名な
埼玉県春日部から来た2人さん。
せっかく来てくれたのに、天候はいまいち。

10-2-10-1.JPG

でも、気をとりなおして出発。

10-2-10-2.JPG

10-2-10-3.JPG

7合目まで到達。
残念ながら、ここで撤退です。

10-2-10-4.JPG

雨が降ってきたもよう。
こうなったら奥の手だ!

10-2-10-6.JPG

そうです。
ソリです。

10-2-10-7.JPG

しかし、ソリは、こういう使い方に変更。

10-2-10-9.JPG

最期に食事をしましたです。

10-2-10-8.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:18| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

3月14日・湯の丸山スノーシューツアー

3月14日・湯の丸山スノーシューツアー

 ホワイトデーの湯の丸山スノーシューツアーです。
今回は3人の参加。
しかも、全員非宿泊者。

10uno-01.JPG

そして、全員、山の初心者であり、そのうちの2人は、登山じたいが初めて。もちろん冬山も初めて。昔だったら、こういう初心者は雪山に登れなかったのですが、今はスノーシューがあります。スノーシューのおかげで、初心者でも楽々登れるようになりました。ありがたいですね。

10uno-02.JPG

 ガイドは、土井君です。
 この日は、素晴らしい天気でしたね。

10uno-03.JPG
 
 湯の丸山は、標高2101メートル。
 急な登りもありますが、たいていは、なだらかな登りです。
 木が無いために展望が素晴らしい山です。

10uno-04.JPG

10uno-05.JPG

 ここが頂上。

10uno-06.JPG

 みんなで登頂の御祝い。

10uno-07.JPG

 北アルプスもばっちり。

10uno-08.JPG

10uno-09.JPG

 下山は、アッという間です。

10uno-10.JPG

10uno-11.JPG

 スリル満点の下山でした。
 これは遭難の碑。
 こんな山でも多くの人たちが遭難しています。
 初心者は、ガイド付きでスノーシューをすることをおすすめします。

10uno-12.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 23:14| Comment(0) | 鹿沢−湯の丸山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする