2019年04月10日

北軽井沢は大雪になる可能性あり

 北軽井沢は、急に冬がやってきたようです。
 今日は朝から粉雪が降っており、 10センチ以上積もっています。
 (このままだと30センチ以上積もる可能性あり)

 この雪はこれから1日中降り続けるようで、場合によっては大雪になる可能性も10分あります。それに対して道路の除雪は進んでいません。冬ならあっという間に除雪されるんでしょうが、 4月10日ということもあって、自治体の除雪車は、動きが鈍いようです。

 今日または明日に北軽井沢に来るお客様は、必ずスタットレスタイヤかチェーンを持ってきてください。冬がぶり返しています。くれぐれも路面の凍結に注意してください。ちなみに軽井沢の国道18号線は、 4月10日朝9時の時点で夏タイヤの車がスタックして大渋滞しているそうです。雪は今夜夜半過ぎまで降り続けるので路面は凍結するはずです。非常に危険な状態になる可能性がありますので、夏タイヤの方はくれぐれも注意して運転してください。

19-1-30-04.JPG

 ただし、降っている雪はパウダースノーなのででスキーのお客さんには、朗報になりますね。けれど、自分の車がスタットレスでも、相手の車が必ずしもスタットレスだとは限りませんので、運転にはくれぐれも気をつけてください。

ちなみに、もらい事故を防ぐコツがあります。
時速40キロ以下で走って
車間距離を十分に取っていれば、大抵の事故は防げます。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 09:40| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

昔は、消されていた双子たち

 その昔、少子化が進んでいるというのは、子供を1人しか生まない夫婦が吹いているんだと思っていました。でも実際、子供が生まれてから、息子の同級生たちの親御さんを見てみると、それは勘違いだったと気がつきます。もちろん一人っ子が増えてる事は確かだと思いますが、 4人以上出産している若いお母さんが、嬬恋村ではたくさんいることに気がつきました。

 息子の空手教室に行くと、兄弟で空手を習っている女の子が居る訳ですが、そのお母さんは赤ちゃんをおんぶしています。小学校の入学式でも、赤ちゃんをおんぶしている人たちが結構いますし、幼児連れのお父さんお母さんもいました。そういえば双子ちゃんもいます。どういうわけかこの村には双子ちゃんが多くて、お隣さんも双子でしたし、各学年に1組ぐらいの双子ちゃんがいます。 1クラス20数名なので、双子率は異常に高いですね。ちなみにうちの息子の隣に座っている女の子が双子でした。



 話は変わりますが、宿屋をやっていると双子の兄弟姉妹が泊まりに来ることがよくあります。現代では圧倒的に多い双子さんも、昔はかなり少なかった。それでも何年も宿屋をやっていると、昭和1桁生まれの双子の兄弟姉妹が、泊まりにくることがあります。実は、戦前において双子は非常に珍しい存在でした。ましてや昭和1桁生まれの双子は特別天然記念物といっても間違いないぐらい珍しい存在です。

 どうして珍しいかというと、昔は畜生腹と言って、双子が生まれると1人を殺してしまうことがあったそうです。それが可能なのは、子供を取り上げるのが、昔は産婆さんだったからです。産婆さんにいくらか包むと事故死に来てもらえたそうです。双子が生まれるときは、 1人だけ大きく生まれ、 1人だけ小さく生まれます。小さく生まれた方が事故死になったらしい。誤解のないように付け加えておきますが、これは江戸時代の話ではありません。昭和の話です。もちろん珍しい出来事だったでしょうが、ありえない話ではなかったようです。そうでなくても、 1人を養子に出す事はよくあったそうです。

 どうしてこんなことを知っているかというと、双子の兄弟姉妹のお客さんと、何度も何度もお話をしているからです。そのお客さんが、非常に嬉しかったと言っていたのは、双子の歌手であるザ・ピーナツが登場した時だったそうです。ザ・ピーナツが出てくるまでは、双子にとっては非常に肩身が狭かったらしい。特に昭和1桁の双子の兄弟にとっては、言葉で言い表せないぐらいに、いろいろなことがあっただけに、ザ・ピーナツのレコードが売れて人気が爆発することが嬉しかったようです。

 今じゃ双子は少しも珍しくありません。うちのお客さんには三つ子の兄弟もいました。三つ子の兄弟にアニメ『タッチ』から名前を取っていたケースもありました。

 関係ないですけれど、アニメ『タッチ』が、新しく作られるそうですね。新しいアニメ『タッチ』は、どんな作品になっているでしょうか?


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 21:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

小学校入学で驚いたこと → 時間割が存在しなかった

 今日は、息子の小学校入学式に行ってきました。卒園式の時と違って、ご両親のお召し物は、かなり派手になっていました。卒園式と入学式では、こんなにも違うんでしょうか?

 それはともかく、受付締切の一時間前に到着した私たちは、誰も来てないことにシメタと思い、がらんとした小学校の中を探検しようと思ったんですが、 一年生の教室についてびっくり。やることがたくさんあっw<探検どころではないなと思った私です。

 息子の名前が書いてある机に行ってみると、傘が二つ置いてあります。これは、入学祝いにいただいたものらしく、名前を書いて、 一つは置き傘として、所定のところに置かなければいけません。他にも、雑巾を置く場所はこちら、歯ブラシとコップを置く場所はこちら、算数セットなどもこまごまとしたものを置く場所はこちら、と言う風に名前を書いて配置につけるなど、やることがいっぱいありました。

00G_1.JPG

 嬬恋村の小学校は、少子化のためか教室が余っており、そのために一年生は、二つの教室と、一つの空き部屋を使うようになっています。ものすごく贅沢な空間です。また、いろいろなところからプレゼント(ランドセルカバー・ヘルメット・熊鈴・その他色々)をもらっており、それにいちいち名前を書いて、あちこちに配置しなければいけないので、夫婦二人で手分けして作業しないと間に合わないくらいでした。私が子供の頃は、入学式にこんなにてんやわんやすることはなかったと思いますし、こんなに大量のプレゼントもなかったとも思います。必要なものは各自で買ったはずです。

 ちなみにプレゼントの中で驚いたのは熊鈴です。これはクマに対してあまり効果がないことがわかっており、人によっては危険だと言う人もいます。でもまあ規則だからしょうがないですね。息子のランドセルにつけました。

 他にも驚いたことがたくさんいます。まず教科書が大きい。昔ならb六判くらいだったと思いますが、今はA四くらいの大きさがあります。今どきの教科書は大きいですね。そのかわり薄くなっています。
 それから先生に「ノートはどんなものを買えばいいですか? 」と質問したら買わなくていいとの事。ノートは学校で用意するそうです。
 でも一番驚いたのは、時間割がないことです。時間割の代わりに、週に一度印刷物が配られて、そこに一週間の授業の予定表が書かれてあるそうです。つまり、時間割は一週間ごとに変更されるみたいなんです。そういえば、机の上に大量の印刷物があって、小学校でやるべきことのマニュアルみたいなものが書かれてありました。このように連絡は、文書で親元に渡されるようで、文書でのやり取りが非常に多いと言う感想を持ちました。
 で、式典のために体育館に向かう途中に、教務室があったので、ちょっと覗いてみたら、それぞれの机の上にずらりとノートパソコンが置いておりました。今や小学校もノートパソコンなしでは、仕事にならないようです。ノートパソコンを使って文書のやり取りをする時代なんですね。

00G_3.JPG

 それはともかく、こども園でもそうでしたが、小学校でも出席簿は生まれた順だったようです。 四月生まれが廊下側の一番先頭に座り、それから順番に五月生まれ六月生まれと続き、最後に三月生まれが窓側の一番後ろになります。当然うちの息子は窓側の一番後ろの最後ところです。
 で、最高に面白かったのは、先生が授業を始めると、 四月とか五月生まれの子供たちが集中している廊下側の子供たちが積極的に発言したり手をあげたりするのに対して、窓側に座っている二月生まれとか三月生まれの子供たちがシーンとしていることです。そこで窓側の子供たちをよく見たら、みんな賢い子供たちばかり。なぜ知ってるかというと、上毛かるた大会で、凄いところを見ていて知っていた。みんな、すごくIQが高い。なのにしーんとしている早生まれたち。この辺も面白かったです。

 それから式典で、校長先生とかいろんな方々がお話しているときに、女の子たちは背筋をピンと伸ばして聞いていました。非常に行儀よかったんですが、それに対して男の子の列は、うろちょろしていました。もちろんうちの息子もダメダメでした。男女差で、こんなにも違うんだ?と驚いていた。その時、花粉症の私が、ドリフターズの加藤茶ばりに
「イーックション!」
と巨大なくしゃみをすると、新一年生の男の子たちは、一斉に後ろを振り向きました。赤面ものですが、私の巨大なくしゃみに対して、新一年生の女の子たちは微動だにせずに、来賓のご挨拶を真面目に聞いていたのにはとても感心。その後の私は、くしゃみをこらえるのに必死で、死にそうでした。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:15| Comment(0) | グンマーで嫁が出産と育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

うちの庭のミニ公園を強化するしかないな!

 明日は、息子の小学校入学式。今、準備でてんてこまいです。けれど晴れそうなのでホッとしています。今後、心配になるのは、交通事故ですね。入学準備のために、いろいろ買い物もしましたが、息子は楽しそうでしたね。そのせいかハイテンション。なかなか寝てくれませんでした。

 今日は、遊具がいっぱいある公園にも行きましたが、六歳0ヶ月ともなると、かなり体格も大きくて、他の子が小さく見える。つまり小学生がいないというか、少ない。もう公園で遊ぶような年齢でもなくなってきたのかと思うと少し寂しいですね。

 ただ、息子の身体能力がアップしてきたのか、今までできなかったウンテイとか鉄棒とか、いろんなことができるようになっていました。子供の成長の早さに驚いてます。

 また公園には、若いお父さんがいっぱい。みんな子煩悩でほほえましかったです。小学校にあがると、こういう所にきずらくなるのが残念です。こうなったら、うちの庭のミニ公園を強化するしかないな! 宝くじでも買おうっと!

IMG_3596.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 22:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

お花見

 花粉症の私は、今日も引きこもりで客室掃除をしていますが、今日も嫁さんと息子は、スキーに行ってきました。おそらくこれが最後のスキーです。軽井沢スノーパークで滑ったそうなんですが、雪もだいぶ溶けていて、下のほうは水浸しになっていたようです。なのでスキーの人達は大丈夫なんですが、スノーボーダーの人達は、びしょ濡れだったようです。例年のパターンだと、南斜面のアルコールスキー場や、万座スキー場は、これから厳しくなるかもしれません。軽井沢スノーパークのスキー場は、明日で終了です。

 息子のスキーの腕前もだいぶ上がってきたそうです。スケートもそこそこ滑れるようになったので、ほっと一安心です。嬬恋村では、みんな3歳ぐらいからスキーやスケートをやっているので、これができないと息子は、体育の授業でコンプレックスを持つようになるので、一安心です。こういうものは、自分に自信さえつけば、後はほっておいてもなんとかなると思うので、本当に良かったです。

2013-4-26a-08.JPG

 ちなみに、明後日は息子の小学校入学式なので、その準備も兼ねて明日はお客さんを断っています。なので、家族で花見にでも行ってこようかと思ってます。本当は春休み中に家族旅行がしたかったんですが、連日業者さんが入ってしまったので、それもできませんでした。せめて花見にでも行って楽しみたいと思っています。ちなみに懐古園は 1分咲き。上田城は、かなり咲いていると聞いています。果たして、明日はどうなっているんでしょうか?

2013-4-26a-15.JPG

 例年の状況によると、嬬恋村の桜は、ゴールデンウィークがピークです。妙義山の桜は、 4月20日頃ですね。残念ながら軽井沢には、あまり桜はありません。あるのは木蓮の花ですね。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





ラベル:花見
posted by マネージャー at 22:32| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

暇なのに忙しくて金欠になる四月

 四月は忙しいです。お客さんが少なくて暇なのに忙しい。春支度として庭の整備と各種の工事があります。ゴールデンウイークの準備もあります。健康診断もあるし、メタボ診断もあります。四月は、軽井沢おもちゃ王国のチケットや、温泉や交通費などの各種の値段が変わったりするので、そのつどホームページや、じゃらん楽天の価格を改定しなければならないけれど、それをやりきるには、一週間徹夜で頑張らないといけない。おまけに、年金・火災保険・国民健康保険の請求が、どかんとくる。それらを数万円安くするために一括払いにしているのですが、それがみんな四月にきます。本当に嫌になってしまいます。

 そうそう息子の小学校にもお金がかかる。しかし、これは嫌な気分になりませんね。むしろ楽しい。と言っても、ランドセルは、去年の五月に買っています。売れ残りがある五月が一番安いのです。幼稚園の卒園式と小学校の入学式に着る子供用スーツも靴も、去年の五月にトイプラネットで千円くらいで調達しました。毎年、五月になるとたいして使われてない新品同様の子供スーツが安い値段で中古市場に放出されます。それを安く買いあさりました。

z0500.jpg

 新品で買うのは、小学校の学用品とか体育服です。これが高い。体操服なら一万五千円以上する。あと大変なのが名前シール付け。算数セットの小さなおはじきから、鉛筆消しゴムにまで名前シールを五百ヶ所くらいつけなければならない。でも、よく出来ていて、進研ゼミのチャレンジ一年生をとっていると、そのための専用シールを無料でもらえるんですね。これは、進研ゼミにかぎらず、たいていの通信教育教材に特典としてついているようです。嫁さんは、ミシンでなにやら作っています。何を作っているのか?

 ちなみに今日は、嬬恋会館という教育委員会のある建物で、自治体がやっている健康診断に行ってきたんですが、そこで息子が年中組のときの担任の先生に会いました。幼稚園から教育委員会に移動していたために、そこで出会ったのですが、人が混雑している中で、よく息子を見つけてくれたと思います。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 21:42| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

昭和は遠くになりにけり

 北軽井沢は、四月だというのに雪です。こういうことがよくあるんですよね。 4月に1度ぶり返しが来るんです。スキー場も少し長持ちするかもしれませんね。あと4月の第一週は、いろんな業者さんが泊まりに来られます。 20年ほど昔は、ほとんどの業者さん達が、ヘビースモーカーだったり、お酒をガンガン飲んだりしたものですが、現在の業者さんは、酒もタバコもやらない人たちばかりです。非常に健康的な方が多くなってきました。業者さんに限らず、ファミリーの方もほとんどお酒を飲まないですね。喫煙率に至っては、 1割以下では無いでしょうか? タバコを吸う方が本当に減りました。たまに見かけても、電子タバコです。

 健康に悪いということもあるのでしょうが、価格が高いせいもあるのでしょうかね? 昔のような荒くれ者は皆無で、みんな紳士です。世の中も変わったものです。私が二十代の頃は、東京タワーを作ったというおっちゃんなんかがいて、ものすごい高給取りだったらしく、無理すれば六本木あたりに家を建てられたというくらいだったらしいんですが、実際、家を建てた人はいなくて、銀座で札束を使い切ったという話を複数から聞いています。酒は一晩で三升飲んだとか、煙草は五箱吸ったとか、そういう人たちがいっぱいいたんですが、あの人たちは、どうなったんでしょうかね? ちゃんと畳の上で昇天されたんでしょうか? 気になりますね。

15-1-1a-0003.JPG

 そういう破天荒な人は、昭和と共に消えてしまい、紳士淑女の平成時代がやってきたんですが、令和の時代は、どういう時代なんでしょうか?


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 18:45| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

みんな残念そうに外を眺めていた

 最近は、朝必ずと言っていいほど雪がちらほら降っています。一昨日の週末は、スキーの大会があったためか、大勢の幼児がいたために、みんな残念そうに外を眺めていました。うちの宿の庭には、トランポリンやブランコや滑り台などの子供たちの遊具がたくさんありますが、雪のため濡れているので遊べなかったからです。

325549 n-02.JPG

 かわいそうになぁと思っていたら、 6歳になったばかりの息子が、タオルを持ってひとりで、せっせと滑り台なんかを拭いていました。お客さんの子供さん達と一緒に外で遊びたかったようです。実は、前の日に泊まりに来た、お客さんのお子さん(同級生)から誕生プレゼントを貰っていたんですよね。息子なりのお返しだったのかもしれません。何度も遊びに来てくれるお客さんなので、再会できたことでそして一緒に遊べたことで息子はとてもうれしそうでした。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 17:05| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

スキー大会に出場するために集まった全国の五歳児たち

 この週末は、やたらと五歳児が多いなあと思ったら、軽井沢スノーパークで五歳児限定の大回転の大会があるそうです。五歳児のスキーの大会は、全国的にほとんど無いために軽井沢スノーパークに子供たちが集中するらしいのですが、五歳児がスキーの大回転をやるって?本当かよ?と驚きました。

19-1-25-10.JPG

 五歳児といえば年中さんですよ?年中さんがスキーの大回転?ありえないでしょ?と、一瞬思ったのですが、嬬恋村だとありえるかな?と思い直しました。嬬恋村・長野原町・草津町じゃ三歳からスキーを滑ってる人たちがワンサカいるし、そういう地域だと大会もなりたつのかなあ・・・・と。だから全国からスキーの上手い五歳児が集中するんでしょうね。

 そういえば、北軽井沢には、二歳児の自転車(ストライダー)レース大会があったし、幼児のためのスポーツ大会がいっぱいあったなあと思い直しました。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 07:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

男の独身者が妻帯者よりも10年寿命が短い理由

 花粉症の私は、今日もまた、1日中引きこもっています。嫁さんは、息子を連れて実家に里帰りしています。息子の奴は、今頃、おばあちゃんの家で、誕生祝いを祝ってもらっていることでしょう。何かのサイトで独身者が、妻帯者よりも10年寿命が短いと言うことを聞いたことがありますが、あれは本当だと思います。 1人で留守番をしていると、料理を作るのがめんどくさいので、どうしてもカップラーメンになってしまいます。

325549 n-02.JPG

 これは私だけの体験ではなく、ペンション仲間の何人かが、そのようになっているみたいです。あるペンションのオーナーは、子供が3人いたんですが、その3人の子供全員が、前橋の高校や群馬大学に入学しました。当然兄弟仲良くアパート暮らしになります。そうなると、お母さんも前橋のアパートに住んで、子供の食事を作ったり洗濯をしたりします。お父さんだけが、ひとりでペンションを切り盛りするわけです。

 サラリーマンなら、お父さんだけが単身赴任というのがよくあるのですが、嬬恋村のペンションでは、逆単身赴任というか、お父さん以外全員が前橋に行っててしまうパターンなんですよね。嬬恋村の子供たちは、頭のよい子が多いので、教育熱心な親御さんならこういうパターンがあるわけです。で、ここからが本題なんですが、そのお父さんは、料理でも掃除でも何でもできる仕様のお父さんであるにもかかわらず、一人暮らしになった途端、カップラーメン生活というか、非常に不健康な生活になってしまったそうで、奥さんが驚いていました。あれほど器用な旦那が、あれほど健康的な旦那が、 1人になった途端に崩れるとは夢にも思ってなかったと言うのです。

 しかし私はその話を聞いて、さもありなんと思いました。一人っきりになったら、やる気が起きないんですよ。家族がいれば栄養たっぷりのおいしい料理を作る旦那さんでも、 1人になったらコンビニ弁当やカップラーメンになるものです。わかるわかるとうなずいてしまいました。どうりで独身者が妻帯者よりも10年寿命が短いはずです。



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 10:14| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする