2005年09月12日

ゴジラ編3

−ゴジラ対メカゴジラ−

 さて、ゴジラシリーズの面白いところは、ゴジラが全国各地に登場することです。ゴジラは、フーテンの寅さんのように、全国を巡業してまわるんですね。

 第1作ゴジラは、東京都心を破壊。
 でも、なぜか皇居だけは破壊しないんですよね。

 ゴジラの逆襲では、大阪を破壊。
 ラドンの時は博多を破壊。

 ゴジラ対キングコングでは小田原を破壊というように、新作ゴジラが登場するごとに、全国の名所を破壊するのです。裏で地方自治体が、ゴジラを誘致する運動があったという話しも聞いていますが、本当のところはどうだったのでしょうか?

ggggg001.jpg

 そういえば、有楽町の日劇ビルで、第1作ゴジラを見た時のことです。クライマックスでゴジラが日劇ビルを破壊するのですが、それを日劇ビルの映画館で見ていると、お客さんは大喜び。割れんばかりの拍手がおきました。

 面白かったのは、昭和47年、沖縄復帰の時に封切られた「ゴジラ対メカゴジラ」です。この作品は、沖縄復帰を記念して、ゴジラとメカゴジラが沖縄で対決するという話ですが、どういうわけか沖縄の守護神であるキングシーサーも登場します。

 まあそれは良いのですが、問題は登場のしかたですね。なぜか民族衣裳を着ている地元沖縄の女の子が、突然、海に向って歌を歌いだすのです。ああ、ゴジラもついにミュージカル映画になったのかと思っていると、コマイヌのような姿をしているキングシーサーという怪獣が登場して、ピンチになっているゴジラの救援に向っていったのです。

 当時、小学5年生だった私は、その光景にカチンカチンに凍りついてしまいました。そして決意しました。ゴジラ映画から足を洗うことを・・・・。

よろしければブログの人気投票願をどうぞ




posted by マネージャー at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする