2007年06月04日

貧乏論4

貧乏論4

貧乏には種類があると書きましたが、
こんどは別の種類の貧乏です。
曽原君のケースです。

曽原君は、わんたろうさんに比べたら
それほど極限生活してませんし
苦学をしてるわけでもありません。
ある意味で、ゆとりがあります。
苦学したわけでもないし、
節約する程度ですんでいるわけですから。

しかし、わんたろうさんと、
曽原君には決定的な違いがあります。

わんたろうさんは、自分の夢のために、
自ら極限生活を選んだのであるのですが、
曽原君の場合は、御両親が事業に失敗し
いやおうなく貧乏を強いられたということです。

わんたろうさんは、夢さえ捨てれば、
いつでも貧乏とサヨナラできるのに
曽原君の場合は、そうではなかった。


つづく

↓この続きを読みたい方は投票を

人気blogランキング







posted by マネージャー at 22:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 貧乏・貧乏旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする