2008年08月19日

棧敷山の魅力

 棧敷山の魅力は、なんといっても、その植生です。白樺林の多い、この山には野鳥の巣も多く、キツツキの痕跡もたくさんみられます。もちろんカモシカのマーキングも。

sagikiyama-01.JPG

 鹿沢スキー場の駐車場から地蔵峠方面に500メートルほど車道を登ると九十番観音があり、左に舗装された棧敷山林道があります。その棧敷山林道を50メートルほど先行くと、舗装された駐車場があり、そこに棧敷山の登山口があります。

sagikiyama-09.JPG

 登山道は、とても登りやすく、疲れないようにジグザグに登るようになっています。途中、ツツジやシャクナゲも多く、逆にカラマツなどの植林が無く原生林のような林の中を歩きます。このあたりも棧敷山の魅力で、森林浴にはもってこいです。

sagikiyama-05.JPG


 登山道の最後には、笹原の平地に出ます。
 ここで道は分岐していて棧敷山と展望台でわかれます。
 山頂は石祠があり、小さな遭難碑があります。
 つまり、過去に遭難者がでるほどの山なんですね。


ここが頂上
sagikiyama-04.JPG


ここが展望台
sagikiyama-06.JPG

sagikiyama-07.JPG

ハイテンションの某Tさん
sagikiyama-08.JPG


われもこうにとまる赤とんぼ
sagikiyama-02.JPG

なでしこ
sagikiyama-03.JPG


つづく

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 08:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 鹿沢−桟敷山・小桟敷山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇山ヘルパーの冒険

宇山ヘルパーの冒険

好評につき、番外編。

uyam.jpg

ヘルパー宇山君は、ユースホステルを使って数々の冒険をしています。
今回は、その冒険談の紹介。

あれは若かりし頃、能登漁り火ユースホステルに泊まった時のことです。能登漁り火ユースホステルの奥さんが、あまりに美人であったために、ついマネージャーに
「きれいな奥さんですね」
と漏らしたら
「なんなら持って帰るか」
とギャグで返されてしまいました。

しかし、若かったヘルパー宇山君は、モゴモゴとしてしまい何も返せないまま、沈黙が流れてしまった。

つづきません(最終話です)


↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルパー物語2008− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする