2009年09月08日

アニメ『サマーウォーズ』

アニメ『サマーウォーズ』が評判なので、
舞台となった上田市に偵察に行ってきました。
まずは、上田市観光会館へ

sama-15.JPG

入って、これです。驚きましたねえ。
上田市は、やる気満々ですね。
嬬恋村は、映画『阿弥陀堂だより』を、
ここまで盛り上げただろうか?
ほとんど、何もしてないんだよな。

sama-16.JPG

これ全部、手製です。
上田市のサマーウォーズにかける意気込みを感じます。
嬬恋村は、映画『ジャージの二人』を
ここまで盛り上げただろうか?
映画『月とキャベツ』をここまで盛り上げただろうか?
テレビ『ファイト』をここまで盛り上げただろうか?
残念ながらノーなんですよね。

sama-17.JPG

台本まで置いてある。

sama-18.JPG

上田市の観光関係者、
頑張ってる!


sama-19.JPG

ロケ地にしても、

sama-14.JPG

sama-11.JPG

そしてノートが置いてあって

sama-12.JPG

さらにロケ地の聖地巡礼する若者の数々。
夏休みは終わっているというのに!
で、沸々と興味がわいてきました。

いったいサマーウォーズというアニメは、
どんなアニメなんだろう?



sama-13.JPG

で、上田の映画館に、ふらりと入ってしまいました。
映画館の名前は、上田でんき館。
ガラガラだった。
orz。

sama-20.JPG

しまった!
1500円損したかなと後悔しましたが、
映画が始まったら、意外と面白かった。

というか、これは傑作アニメの部類かもしれない。

ストーリーは、よーするに、SFですね。
ミクシーの巨大なやつ(=オズ)が存在してて、
それを世界中の人が利用している。
そういう近未来の世界を描いたSFアニメでしたね。
で、感想を一言で言うと、

ジブリをみた気分。

 いや、ジブリより、ジブリっぽい。そして手に汗握る展開で、時々笑わせてくれる。レベルは高いですね。しかし細田守監督の前作『時をかける少女 』の作風と、ガラッとかわっています。インターネットを駆使したラピュタでもみている気分になってしまった。

sama-2.jpg

 しかし、この細田守監督は、ジブリの採用試験に落っこちた人なんですよね。そのうえ宮崎駿から「君のような人間を(ジブリに)入れると、かえって君の才能を削ぐと考えて、入れるのをやめた」と言われたらしい。それでもしつこく「雑用係でもいいから入れてください」とジブリに電話をしたら、「今回の試験で宮崎さんが手紙を出したのは、全受験者中二人しかいない。その一人が君で、これは光栄なことだから、おとなしく諦めなさい」と言われて諦めたらしい。

 結局、東映動画に入って出世し『劇場版デジモンアドベンチャー』を監督したわけだが、宮崎駿により『ハウルの動く城』の監督に選ばれて、スタジオジブリに出向。昔の夢をはたしたわけですね。

 ところが、細田版『ハウルの動く城』は、ボツになったらしい。
 どういうわけかジブリは応援をせず、企画は潰れてしまい、
 スタッフの給料を払えなくなった細田守監督のアニメ人生は、
 終わったかもしれないくらいやばかったらしい。

 (結局、ハウルは、宮崎駿が手がけた)

 しかし、細田守は復活します。東映アニメーションを退社してフリーになり、角川の劇場アニメ『時をかける少女』を監督して評判となり、今回の『サマーウォーズ』を監督。すごい復活劇ですね。


http://s-wars.jp/index.html

監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
キャラクター(アバター)デザイン:岡崎能士・岡崎みな・浜田勝
OZデザイン:上條安里
作画監督:青山浩行・藤田しげる・濱田邦彦・尾崎和孝
アクション作画監督:西田達三
美術監督:武重洋二
音楽:松本晃彦
主題歌:山下達郎
アニメーション制作:マッドハウス

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 02:54| Comment(5) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする