2009年09月20日

やっぱり渋滞

やっぱり渋滞しましたね。
18事到着予定の御客様が、20時すぎに到着し、
それから夕食だったので、
温泉ツアーも、星空観察の行事にも参加できない
という悲劇もおきました。

連休のような混雑する時期は、余裕をもって
到着した方が良いと想いますね。
でないと、他のプログラムに参加できなくなりますから。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング









posted by マネージャー at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 2009以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレヨンしんちゃんの作者は51歳だったの?

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/09/20/03.html

 群馬・長野県境の荒船山(1422・5メートル)で19日午前10時半ごろ、崖の下に横たわる遺体を埼玉県の登山者が発見した。群馬県警下仁田署によると遺体は男性で、死後数日が経過している。行方不明となっている漫画「クレヨンしんちゃん」の作者臼井儀人さん(51)=本名臼井義人=の可能性もあるとみて、20日に遺体を引き揚げて調べる。遺体の服装は、11日に埼玉県春日部市の自宅を出た際のものと似ているという。

 遺体が見つかったのは、下仁田町南野牧にある「艫(とも)岩」の下。艫岩は横幅約500メートル、高さ最大300メートルの巨岩で、北側は200メートルの絶壁。遺体が見つかったのは、その絶壁側にある“展望スペース”のほぼ真下。木や草が生えているところで、展望スペースからは100メートルほど下。ただそこは登山道ではなく、群馬県山岳連盟によると「通常、人が行くような場所ではない」という。艫岩では遺書や靴など自殺につながるものは発見されておらず、下仁田署では転落したものとみている。(以下、略)



 荒船山といえば、軽井沢のすぐちかく、私が良く行く山ではないか。トムラウシ山遭難事故といいい、今年は、本当に山の事故が多いですね。で、今回の事故で想ったことは、荒船山は、事故が起きるような山ではないということです。初心者でも行けるハイキングコースなのに、事故が起きてしまった。たとえるならば、東京なら高尾山で事故がおきたようなものであり、大阪なら生駒山で、神戸なら六甲山で、北海道なら礼文島の礼文岳で事故が起きたようなものです。

 改めて、山の恐ろしさを実感しましたね。

 あと、漫画「クレヨンしんちゃん」の作者
 臼井儀さん(51)て、
 作者は51歳だったの?
 あのセンスが51歳のセンスだったとは....orz。

 ちなみに、うちにも「クレヨンしんちゃん」のビデオがいっぱいありますが、子供はみたがるけれど、親は渋い顔をしますね。学校の先生たちも渋い顔をします。春日部市も、ラキスタで村おこしはしても、決してクレヨンしんちゃんで村おこしはしませんでした。マイナスイメージですからね。

 しかし、春日部市を全国に広めた功績は大きいですから、銅像をたててあげても良いと想いますけれど。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 08:16| Comment(6) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする