2009年10月25日

上高地−北アルプスの現状6

上高地−北アルプスの現状6

上高地から横尾までの道は、さかんに工事を行っています。
そのために川原に仮設道路ができてたりします。
私たちは、この仮設道路を通って横尾に向かいました。
写真の真ん中に写っているのが私です。

01-k-11.JPG

そして対岸には明神岳や穂高が迫っています。

01-k-12.JPG

その美しい山容は、湖沼にも写ったりします。

01-k-13.JPG

01-k-14.JPG

途中、道ばたに動物の糞が、
それも赤い糞がたくさん落ちていました。
しかも、草むらではなく岩の上にある。
それも消化されない赤い実が。

01-k-15.JPG

 不思議に思ったので、糞を、じっくり観察してみましたらイチイの実(タネ)でした。これには驚きました。イチイのタネは毒だからです。その毒を消化せずに糞として出す。つまりタネを噛み砕かずに食べて糞として出せる野生動物は、
ニホンザル
しかいません。

で、周囲をみたら、いるわいるわ・・・。
あちこちにニホンサルが。

01-k-17.JPG

もちろんイチイの木もたくさんあるので、
イチイの木を見上げると、やはりいました。

01-k-16.JPG

せっせと、イチイの実を食べています。
小猿もいっぱいいて、
群れでターザンのように実を食べています。


01-k-18.JPG

しかし、これは自然に詳しくないと、
見落としそうな光景です。

というのも、登山客の大半は、この光景に気がつかずに通り過ぎてしまうからです。おそらく周りの景色が綺麗なので、野生動物まで気が回らないのか、それとも山登りに夢中で気がつかないのでしょうね。まあ、分かります。私も若い頃は、そうでしたから。

01-k-19.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 13:19| Comment(0) | 上高地・北アルプス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする