2009年10月29日

上高地−北アルプスの現状8

上高地−北アルプスの現状8

涸沢ヒュッテについて最初に食べたのが、これ!
ラーメン800円。昼飯です。

01-k-41.JPG

実は、山小屋で800円で食べられるのは、かなり安いです。
なぜならば、山小屋の夕食は、2000円以上するからです。
ところが涸沢ヒュッテでの売店では、
ラーメンもカレーも800円。
おでんも100円。格安です。


夕食も、カレーにしようと思ったのですが、
店じまいのために、食事ができないというので、
小屋で2000円の夕食をたのむことにしました。

実は、レトルトは持っていたのですが、
歳をとると贅沢になってしまってて、
こんな山の中で生野菜を食べたくなっていました。



店じまいのために行き交うヘリコプター。
01-k-42.JPG



涸沢ヒュッテの売店です。
ここで、カレー・ラーメン・おでんが食べられる。
山では、塩分の多いカレー・ラーメン・おでんが、美味しい。
下界で食べる御馳走は、山では御馳走にならないのだ。
特に寒い秋は、ラーメンが美味しい。
01-k-43.JPG


で、これが山小屋の食事。

01-k-44.JPG

このとうり生野菜たっぷり。
トマトも大きめのやつが4分の1でてきます。
御飯・味噌汁は、何杯でもお代わりできます。
ハンバーグが小さく見えますが、実際は大きい。
というか、魚のフライが巨大すぎる。

で、ここで驚いたことが一つ。
食堂に入る順番が、部屋ごとではなく、
団体さんごとになっていた。
山小屋に多数の団体さんがいたようでした。


CW033_L.jpg

食後は、星空を眺め、談話室に行き、この時期に集まってくる、オフを楽しむ山小屋関係者と山情報を交換しあいました。

 前にも書きましたが、この時期は、山小屋の人が、暇になっているために各小屋から涸沢に遊びに来ている人が多いのですね。彼らは、涸沢ヒュツテの食堂や談話室で、いろんな山の話題で盛り上がります。ここで情報収集するのも、ガイドツアーをやっている宿マネージャーにとっては、重要な仕事なのですよ。

 もちろん、こっちがユースホステルのマネージャーであることは、伏せてありますが、なんかニオイで正体がばれそうになるみたいで、そのつどトイレに行くふりをして逃げ切りました。この時の話題については、別の機会に述べようかと思います。

 で、翌日。

 まちに待ったモルゲンロート!

 涸沢のモルゲンロートは、世界一美しいことで有名ですが、
 これが、そのモルゲンロート。
01-k-45.JPG


 で、終わったところ。
01-k-46.JPG



 紅葉に霜がおりていました。
01-k-47.JPG


 朝日の方向に大天井が。
01-k-48.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 03:40| Comment(8) | 上高地・北アルプス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

護衛艦と韓国船の衝突事故

護衛艦と韓国船の衝突事故

どうやら韓国船に非があったあったようですね。
これが衛星写真。

2.jpg

拡大すると、こうなります。

1.jpg

韓国船が追い越しをかけて、対向車の護衛艦にぶつかった。
で、護衛艦の船首がに曲がった。
その写真が下記。

3.jpg


マスコミが偏向報道をしても、
インターネットによって
真実を知ることができるなんて、
時代もかわりましたね。


(自衛隊を糾弾してたマスコミは自衛隊に謝ったらどうですか?)



ちなみに、こんなニュースも
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165588.html

韓国の海運会社は「管制室から左を追い越せと指示を受けた」としているが、海上保安庁は「指示はしない」と会見で説明した。
(略)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165588.html

韓国の海運会社は「管制室から左を追い越せと指示を受けた」としているが、海上保安庁は「指示はしない」と会見で説明した。


今回の事故について、地元の漁師は
「右側に当たるのがおかしい。(右側通航で)右側に当たるのが合点がいかない」
と語った。
海路は、基本的に右側通行・右側回避が原則

ところが、コンテナ船は、現場の狭い航路内で、前を走っていた別の船を追い越そうと左にかじを切り、対抗してきた護衛艦に衝突した可能性が高いとみられている。


いずれ海難審判ではっきりするでしょう。

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング





posted by マネージャー at 00:15| Comment(2) | ニュース・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする