2010年09月01日

パワースポット伝説 その4

パワースポット伝説 その4



POWERSPOTMAN3.jpg

今日もまた、地球のあらゆるところに
陰謀 うらぎり 暴動が渦巻く
その渦中に飛び込む彼ら
恋も、夢も、望みも捨てて
非常の掟に命をかける

彼らの求めるものは自由
願うものは平和
彼らは、こう呼ばれた
POWERSPOTMAN(パワースポットマン)


POWERSPOTMAN4.jpg


さて、ここがパワースポットの総本山!
不思議なことが次々とおこる場所です。


10829-4-01.JPG

10829-4-02.JPG


まずは、御参りを!


10829-4-03.JPG


中央がパワースポットマン!
パワースポットマン!がいれば安心。


10829-4-04.JPG


食事も、ここで行います。


10829-4-05.JPG

10829-4-06.JPG

10829-4-07.JPG


さて、これからスーパーパワースポットに向かいます。


10829-4-08.JPG

10829-4-09.JPG

小串鉱山

 小串鉱山のある毛無峠は、このあたりで最も気候が厳しいところ。というのも、嬬恋村に住んでいると、最初に雪で真っ白になるのが、あのあたり。それから毛無峠の横に破風岳という山がありますが、風を破る山という意味ですが、どうして、こんな名前かと言いますと、小串鉱山のある毛無峠は、風の通り道なんです。厳冬期には、普通に風速二十メートルになる。

そんな悪条件下に、嬬恋村における最大都市ができあがった。
それが小串鉱山。

小串鉱山は、儲かったらしい。村の男は、みんな出稼ぎに行った。土地の古老の話では、田畑で稼ぐ十倍の賃金をもらえたらしい。で、男たちが村に帰ってくると、酒ばっかり飲んで働かなくなった。このへんからも、かかあ天下の土壌が生まれたとのこと。

この鉱山には、朝鮮からも大量の出稼ぎがあったらしい。戦争中は人手不足だったから。ものすごい金になったので、彼らは金が出来ると北軽井沢あたりまで行って牛を買いに行った。その牛を生で食べたとのこと。貧乏な日本人たちは、それを分けてもらったこともあったとか。そして、その牛の骨が万座川や仁田川の川原に、戦後間もない頃までに牛たちの白骨が何十も野ざらしになっていたらしい。

また、ここには悲しい歴史があります。
昭和12年11月11日午後3時半頃、鉱山北側の斜面が、
幅約500メートル、長さ1キロにわたって崩落し
建物35棟が埋没、15棟が焼失したのです。

死者245名。

しかも、女子供が大半でした。
そのためか鉱山は、2年後に復旧。

そして小串鉱山は、人口2100名、従業社員数675名の大鉱山に発展。
人口にものをいわせて嬬恋村に議員を多数おくりこみました。
嬬恋村の前村長も、小串鉱山関係者でした。
さらに公民館・診療所・小中学校・幼稚園が完備。
当時珍しいスーパーマーケットまでありました。

私の知人は、戦時中、小串鉱山に布団を売りに行って大儲けし、その金で結婚式場をオープンしたといいますから鉱山町は、かなり景気が良かったらしい。ところが戦後、昭和46年7月に閉山。小串鉱山跡地は一面の荒野となっています。

10829-4-10.JPG

10829-4-11.JPG


10829-4-12.JPG



つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 20:32| Comment(0) | 破風岳・小串鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワースポット伝説 その3



北軽井沢。
それは、人類に残された
最後の避暑地である。

そこには、人類の想像を絶する
涼しい避暑地、
身も心も凍るパワースポットが待ち受けているに違いない

これは、人類最初の試みとして
5時間の避暑旅行に旅たった
北軽井沢ブルーベリーYGHパワースポット号の
驚異に満ちた物語である


0-02472.jpg


パワースポット小串鉱山に到着。

10829-3-01.JPG

10829-3-02.JPG

10829-3-03.JPG

10829-3-04.JPG

この小串鉱山への道は、慰霊のために作られました。
にもかかわらず、ここを荒らす人々が現れているので
最近、嬬恋村では、対策を考えつつあります。
全面立ち入り禁止ってなことにならなければいいのですが。


10829-3-05.JPG

10829-3-06.JPG

10829-3-07.JPG

ここに小串鉱山に入るための手順を紹介しておきます。
まず、慰霊のための観音堂で礼拝することです。
この土の下には、何百人ものの犠牲者が眠っているわけですからね。

バイクで走るなんて、もっての他!
(パワースポットマン談)


とにかく、慰霊を忘れないことですね。


10829-3-08.JPG

10829-3-09.JPG

10829-3-10.JPG

10829-3-11.JPG

10829-3-12.JPG

10829-3-13.JPG

10829-3-14.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 09:09| Comment(0) | 破風岳・小串鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする