2011年07月26日

「遺体どこにもない」鉄道事故家族…死者40人

「遺体どこにもない」鉄道事故家族…死者40人

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110725-OYT1T01087.htm

 【温州(中国浙江省)=角谷志保美】新華社電によると、中国浙江省温州で23日夜起きた高速鉄道の追突、脱線事故による死者は25日夜までに40人となった。当局は「これが最後の数字ではない」としており、行方不明の乗客も多いため、犠牲者はさらに増えそうだ。

 「市内の病院は全部回った。遺体もすべて確認したが、どこにもいない」「列車とともに地下に埋められたらたまらない」。温州市内の遺体安置所には、不明乗客の家族や友人ら約20人が集まり、担当者にすがりついて訴えた。テレビのインタビューに涙を浮かべながら答える者もいた。

 鉄道省は、24日深夜の記者会見で死傷者数を公表したが、不明者がいるのかどうかについては説明がなく、疑心暗鬼を生んでいる。また、妊娠7か月の妻(28)と義母(52)ら家族5人を亡くした浙江省の男性は、「政府は生命よりも運行再開を優先した」と声を荒らげた。男性の家族が24日夜、運行再開のために高架から落とされた車両の中で発見されたためだ。

(2011年7月26日08時38分 読売新聞)





もう、中国を旅行できないね。
すくなくとも修学旅行は、やめた方が良い。
現場検証もせずに、電車を土に埋める。
そして遺体が無い。
とんでもないことです。

事故原因は、ハードによるものではなく、ソフト(運行ミス)にあるらしい。
だとすると、また事故はおこりうる可能性は大いにありますね。




つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 10:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 特設 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシアで、3万人が日本の盆踊り

2011年7月16日(土)、3万5000人もの世界最大の盆踊りが開催されました。
これほどの人間が集まることはマレーシアではないということです。

マレーシアは親日国です。理由は、日本が独立のきっかけを作ってくれたため。
イギリスと華僑から麻薬づけにされたマレーシア人は、
そこから縁を切るためにシンガポールを分離独立させました。






こちらはマニラの盆踊り




実は、この盆踊り、かなり海外に普及しているようです、
下の盆踊りサイトをごらんください。
http://www.bonodori.net/kaigai/101.htm

特に盆踊りを開催している場所が集中していたのが、「ハワイ」「カリフォルニア」「ブラジル」の3地域。
日系移民たちが伝えたんですね。
この他に戦後、海外に進出した企業の社員とその家族を中心に、邦人社会の年中行事として盆踊りが開催されるケースも数多く見られます。



これはハワイの盆踊り
なぜかマツケンサンバ



こちらはドイツ
なぜかフランクフルト音頭



ブラジルの盆踊り?
もう、ここまでくると...orz




ちなみに私は、佐渡出身。
体育の授業で佐渡おけさを踊らされました。
しかし、あれは「佐渡島民」には違和感のあるおどり。
佐渡島民とは関係なく、東京あたりではやった踊り。
佐渡で、伝統的に踊ってきたものと別物だったのです。
しかし、体育の授業で踊らされました。
「馬鹿馬鹿しい」
と思っていたのですが、島からでた時に役立ちました。
東京で、佐渡出身と聞いた会社の上司が、佐渡おけさを踊れと言ってきた。
かろうじて、踊れた私は、恥をかかずにすみました。



つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする